義史のB型ワールド

2010年6月18日

インドカレーシリーズ?今度はワーナーマイカルの近くのインド料理のお店に行ってみた。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
私は良くワーナーマイカル加古川に映画を観に行くのだが、その際に最近は映画の半券を見せると生ビールが無料になるって事で”但馬屋のお得なしゃぶしゃぶランチ”を食べる事が多いのだが、以前はサティの周辺にあるお店に行く事が多かった。特にサティの通りをはさんだ西側、パチンコ屋の裏辺りは、今でも時々ランチを食べに行くお気に入りの一角で、以前、このブログでも紹介した事がある和風カレー丼の店や、その跡地に出来た鶏飯の店等のある場所だ。
 
そんなパチンコ客目当ての店や、あるいは一部のオバタリアンに人気のお店等が立ち並ぶ通りの外れに、昨年辺りにインドカレーのお店が誕生した。その頃は特に大きな興味を抱く事は無かったのだが、ご存知の通り、最近、高砂や加古川近辺に増えたインドカレーのお店に行く機会が増えた。って事もあり、やはり一度はそのお店にも行ってみないと行けない・・・、って事で先日、またまた映画を観に行った際に、そのインドカレーのお店に行ってみたのでご紹介。
 
こちらが今回行ったインド料理のお店『ケムラジャ』。上の写真は今回の訪問時の写真では無く、以前このお店に来たら定休日だった時の写真。今回行った日は、前に車が2台ほど止まっていて、そうなるとお店の様子はほとんど隠れてしまって見え無えず、車しか写って無いみたいな感じになったので、以前の写真を使ったのだった。それにしてもお店の前には2台分ぐらいの駐車スペースしか無いので・・・、みんなサティ加古川店に車を置いて食べに来るしか無いのかな?
 
ちなみに、このお店には実は私が良く行く『新在家ラーメンもんど』の直ぐ近くに姉妹店のお店があってそのお店の名前は『ナマステ』と言う。”ナマステ”と言う言葉自体はインドやネパールで使われる挨拶の言葉らしいのだが超人気海外ドラマ『LOST』ファンの私には”ナマステ”と言う言葉を聴くと”ダーマの基地・集落”が頭の中に浮かんでしまう、まさにLOST中毒状態なのであった。で、その『もんど』の近くにある『ナマステ』と言うお店も以前は違う名前のインドカレーのお店があったのだが、そのお店とどう関係があるのかは、私は知らない・・・。ちなみにその『ナマステ』があるビルは、以前、某先輩と行った事がある”串カツのお店”があった場所でもあるのだが、先日『もんど』へ行った際に看板を見た感じでは、その”串カツのお店”は既に無くなっているようだった・・・。
 
そしてこちらが『インド料理ケムラジャ』のランチメニューの一部。このお店にも一般的なインドカレーのお店同様に”日替りカレー”が用意されているようだが、そう言えばお店入口にも特にカレーの種類は書いて無かったし、お店に入ってからも説明は無かったなあ・・・。それと他のお店に良くある2種類のハーフカレーが食べれるようなセットや、ナンとミニライスがセットになったメニューも無い。てな事で、今回は初訪問って事もあり、オーソドックスに”チキンカレーとナンとチキンティッカ”がセットになったAセットをオーダー。カレーは辛さが指定出来るので、どの程度の辛さか尋ねると”男性なら辛口で大丈夫”って事で、辛口を指定。
 
ちなみに今回、私の注文を取ってくれたのは日本人の女性の方で、私の注文をキッチンに通してから暫くすると”もう一軒のお店の方に行って来ます”と言ってお店を出て行ってしまった・・・。もう一軒のお店と言うのは多分、上で書いた『もんど』の近くにある『ナマステ』の事だと思う。
 
で、暫くしてインド人の方が運んで来たのが、こちらの”サラダ”。最近行ったインドカレーのお店のほとんどが、アルミの皿に全ての料理が盛られたワンプレートで出て来るお店が多かったのだが、このお店は一品ずつ料理が運ばれて来るスタイルのようだ。で、この”サラダ”は一見すつと、どうって事の無い”サラダ”なのだが、上にかかっているドレッシングが市販の物だと思うような味なんだけど、私の好みの味で中々美味しい。料理ので出しとしては好印象かな?
 

続いて運ばれて来たのが”2種類のチキンの盛合せ”で、その内容はメニューから判断すると普通の唐揚げに見える白い方は”チキンマライティッカ”で、赤い方は、ちょっと前に別のお店で食べた”チキンティッカ”のようだ。で、”チキンマライティッカ”とは”鶏肉を生クリーム、アーモンドスライス、ヨーグルトに漬け込んだインド中部の炭焼きチキン”の事でもう一つの”チキンティッカ”は”スパイシーな炭火焼チキンのもも肉”らしい。
 
それは兎も角として、最初にサラダが出て、このチキンの盛り合わせにもサラダと似たような千切りキャベツ等が付いているのは何か料理的に被っているようで、ちょっと変な気がしないでも無いが
 
チキンティッカ”を食べ終えると間も無くして運ばれて来たのが、このランチのメインとも言える”ナン”と”チキンカレー”。ナンはこの手のお店としてはちょっと珍しいパンを入れるようなバスケットに入ってる。”チキンカレー”は一種類って事でちょっと大きめの器に入っている。カレーの量がそれなりのボリュームが有りそうだったので、ミニライスが無いのがちょっと残念?かな?
 
で、メインの”ナン”はこんな感じで、当然の如く、焼き立て熱々で普通に美味しい。味的には何の問題も無い。で、カレーを漬けながら”ナン”を食べていると、お店のインド人の方がやって来て何か片言っぽい発音で話掛けて来るのだが、イマイチ声が小さくて良く聞こえない。どうやらこのお店はナンが食べ放題なので、お替りはどうですか?みたいな事を言っているようだ。ミニライスも無い事だし、美味しい”ナン”だし、お替りもエエかな?と思ってはみたものの、最近は少食になったし食べ過ぎは体にも良く無いので、今回は丁重にお断りさせてただいた
 
そして今回のセットのメインとも言える”チキンカレー”はこんな感じで、見た目的には極々普通のカレーなのだが、辛口で頼んだ事もあるのかも知れないが、最近インド・ネパール料理のお店で食べた”チキンカレー”の中では一番美味しかったような気がする。このカレーならライスで食べても美味しいのでは無いかな?と思わせるような味だった。やっぱこんな時の為に、ナンとミニライスがセットになったメニューが欲しいよねえ・・・。
 
そして”チキンカレー”の中には、これまた当然の如く?鶏肉が沢山入っていて、こちらも普通に美味しい鶏肉だ。この鶏肉もライスと合わせて食べても美味しいのでは無いかな?
 
ちなみに、テーブルの上にはこのような”辛・チリパウダー”ってのが置いてあったが、この日は元から辛口のカレーだった事や、その”チキンカレー”の味が結構美味しかったので、変に味を変えてしまっても何だし・・・、って事でこの日は使わ無かった。また次回のお楽しみ?って事で・・・。
 
そして一番最後になってしまったが、このお店のランチはどのセットも最初からドリンクがセットになっている。ただAセットやBセット等の値段に応じて、選べるドリンクの種類が微妙に違う。当然、安いセットを頼むと値段の安いドリンクしか選べないようだ。ま、どちらにしても、今回も他のお店との比較の意味も兼ねて”ラッシー”をチョイス。ちょいとあっさりしてたような気もするが、まあ普通に”ラッシー”だったかな?結局のところ、何処のお店で”ラッシー”を飲んでも、あまり大きく記憶に残る事は無いかな?
 
てな事で、今回は昨年のお店誕生の時から気にはなっていた、サティ加古川店の西側の飲食店街の中にあるインド料理のお店に行ってみたのだが、上でも書いたように”チキンカレー”は凄く美味しかった。ただお店の中はちょっと薄暗くて狭いし、お店の前に車を停めるスペースが2台分ぐらいしか無いって事もあって、ちょっと行き辛いようなお店のような気がする。ま、どっちにしても今度、このお店に行くよりは先に姉妹店である『ナマステ』の方に行くかな?『LOST』ファンの私には上でも書いたように『ナマステ』と言う言葉に妙に心引き寄せられる物があるのであった!
 

ケムラジャ

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。