義史のB型ワールド

2010年6月16日

今年も来来亭のカップ麺が登場!!!でも今回は縦型だし100円の割引券が無い!!!何より、背脂の量が・・・!?

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:32 PM
 
代理人記録
 
何時ものように?コンビニへ行ったら、今年も?私の大好きなラーメン屋『来来亭』カップ麺が発売となっている。だが、何か昨年までの来来亭のカップ麺と雰囲気が違う。よくよく目を凝らして見ると、今年発売となった”来来亭のカップ麺”は、いわゆる、カップヌードルと同じ、縦型カップ麺の容器になっての登場だ!
 
こちらがコンビニの入り口近辺で、大々的に売られていた私の大好きな『ラーメン来来亭』の”縦型カップ麺”の売り場。カップがどんぶり型から縦型になった以外にもお値段がちょっと安くなっているようだ。確か以前のは248円ぐらい?していたのが、今回発売された来来亭のカップ麺198円との事。
 
こちらが今回買って帰った”来来亭の縦型カップ麺”。写真は一個しか写って無いが、今回も大量に買い占め(とは言いつつ、3個だけ)て来た。実は何時もならもっと沢山買うのだが、今回はコンビニでこの”来来亭の縦型カップ麺”を手に取って一番ショックだったのは、前回までカップの蓋に付いていた”来来亭の店舗で使える100円の割引券”が付いて無いからだ。前回までだと、カップ麺を248円で買っても、後で来来亭へ行くと100円の割引になるので実質148円ぐらいでお得感があった。でも100円の割引券が付いて無いと、198円のカップ麺ってただ単に高いカップ麺でしか無いような・・・。100円の割引券を来来亭側が50円負担、発売元のエースコックが50円負担・・・、と考えると、今回50円安くなったのは割引券廃止で、計算的には納得出来そうな、何か合って無さそうな、微妙な雰囲気ではあるが・・・。
 
ちなみに今回、カップが縦型になった事で、ちょっと気になるのがカップ麺の中に入っている”特製背脂の袋”の大きさ。前回までの大きな袋は、この縦型カップには入りきら無さそうに見える・・・。って事はもしかすると”特製背脂の袋”が小さくなって、背脂の量も減っているのでは・・・
 

案の定、私の予感は的中!!!”来来亭の縦型カップ麺”の蓋をめくって、背脂の袋を取り出すと・・・、あきらかに袋が小さくなっている。以前の半分以下のサイズ、雰囲気的には1/3程度じゃ無いの?と思うような大きさだ。来来亭のカップ麺と言えば背脂が命!なのに、たったのこれっぽっちの量で良いのか!!!その背脂の量の少なさを誤魔化す為なのか?、背脂の袋の他に調味油の小袋が付いている。
 
で、カップ麺本体の方にも違いがあって、前回までは別途付いていた、かやくの袋と粉末スープの袋が無くなり、最初から麺の上に、かやくも粉末スープもまぶしてある。更に細かい点に注目すると、これまた前回まではノンフライめんだった麺が、今回のは一般的なカップ麺と同じ”油揚げ麺”になっている。100円の割引券の廃止だけでは無く、それ以上のコストダウン化が図られているようだ。でもこの内容ならもっと安くてもエエんじゃ無いの?と思ってしまうのだけど・・・。
 
てな事で、お湯を注いで待つ事3分!完成した”来来亭の縦型カップ麺”はこんな感じ。袋が小さかったので当然の事だが、あきらかに背脂の量が少ない。箸でかき混ぜてしまうと、普通のカップラーメンと何ら変わりの無い見映えになってしまう。そしてその味も、何か全然違う!前回までの”来来亭のカップ麺”の味とはあきらかに何かが違う。気分的なもん?と言われるとそれまでなのかも知れないが、背脂の旨味や甘味が物足りない事もあってか、あるいは麺がフライ麺って事も影響しているのか、普通のそこらへんのカップ麺を食べているような感じだった。
 
てな感じで、毎年、発売を楽しみにしている来来亭のカップ麺なのだが、背脂の量は減っているし、麺は油揚げ麺になっているし、スープも粉末スープのみだし、何より100円の割引券が無くなってしまったし、その癖、値段は198円もするし、何か物凄くがっかりなカップ麺に成り下がってしまった・・・。これも不景気と言うご時世の影響なのかなあ・・・。景気が良くなったら背脂の量もまた以前と同じぐらいに増えるのかなあ・・・。まあ、どっちにしても100円の割引券が無い!って事で、私の来来亭への訪問回数も激減してしまいそうな気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。