義史のB型ワールド

2010年6月14日

久々のらーめん八角で、”ふわふわ唐揚げ”を食べてみた。ちょっと変わっていて中々美味しい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:15 PM
 
代理人記録
 
このブログで時々書いているように『らーめん八角』のランチメニューはメッチャお得だ。ラーメン屋定番の”焼きめし定食”や”餃子定食”、それに今回ふと久々に食べたくなった”唐揚定食”等が700円ぽっきりで食べれるのだ。時々、他のラーメン屋さんでも700円以下のお得なセットを目にする事があるが、ちゃんとしたラーメンやセットの内容で食べれるお店は、それほど多く無い。そんな事もあってか、『らーめん八角』のランチタイムは所謂、ガテン系やビジネスマン風のお客さんで賑わっている。そんな『らーめん八角』に、以前からちょっと気になっていた”ふわふわ唐揚げ”の定食を食べに久々に行ってみた。
 
こちらが久々に行った『らーめん八角/加古川店』。久々・・・と書いたが、今年になってから冬季限定メニューの”八角流とんこつ醤油らーめん”を食べに来ているので、約4ヶ月ぶりの訪問だから、大して間は開いて無いかも・・・。上で書いたようにランチタイムは結構賑わうので、この日はちょっと早目の時間帯に行ったので、未だ先客は2組程度だったけど、帰る頃には、ほぼ満席に近いぐらいのお客さんで賑わっていた。まあ、ランチタイムは、荒井にあるあの『めんくい亭』でも満席になるぐらいだからランチタイムに客が入っているだけでは、中々人気度は計れないのだが、逆にランチタイムに客が入っていないお店は、ちょっと危ないのかも知れない・・・。
 

で、こちらがこの日の私のお目当てである”唐揚定食”のメニュー。以前は”唐揚定食”を頼むと何も言わずに普通に”カリカリの唐揚定食”が運ばれて来ていたのだが、数年前から”唐揚定食”を頼むと”ふわふわ”と”かりかり”のどちらにしますか?と聞かれるようになった。そもそも唐揚は外はカリカリで中はジューシー!ってのが旨さのポイントだったので普通に”カリカリ”の唐揚を頼んでいたのだが、ここ最近、『らーめん八角』へ行くと何と無く”ふわふわ唐揚げ”のメニューが目立つようになって来た。
 
そもそも、10年ぐらい前に未だ姫路にしか『らーめん八角』のお店が無い頃からの長年の八角ファンである私が、未だ食べた事が無い、かつ、このブログにも載っていない!ってのはちょっと問題がある?って事で、前々からこの”ふわふわ唐揚げ”を食べてみようと思っていたのだが、ここ数ヶ月の間、あちこちに新しいラーメン屋さんインドカレーのお店が続々と誕生していた事もあり、中々『らーめん八角』へ行く機会が少なくなって、すっかり”ふわふわ唐揚げ”の事も忘れていたのであった。だが、この日、ふと”ふわふわ唐揚げ”の事を思い出して『らーめん八角』へ出掛けて行ったのであった。
 
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”唐揚定食”、700円也。正確に書くと、先にラーメンと白ごはんが運ばれて来て、暫くしてから”ふわふわ唐揚”が来たので、上の写真では既にラーメンは食べかけた状態である。で、メニューに寄るとラーメンは単品で600円、唐揚げは単品だと450円、セットの小ライスも普通に頼むと130円で総額は1180円になる。これが夜でも880円、そして昼のランチタイム(と言いつつ、午後5時まで注文出来る)だと700円で食べれるのだから、何度も書いているように、コストパフォーマンスは最高だ!
 
てな事で、まず最初に運ばれて来たのがこちらの”八角らーめん”。何時もなら”こってり”か、更にその上の”こてこて”で頼むところなのだが、最近はあちこちでこってり系のラーメンを食べていた事や、セットが”唐揚”って事で、何か脂分が多そう・・・、って事でこの日は久々に”半こて”で注文!。そんな事もあり、脂分少な目で、パッと見、昔懐かしい中華そば風にも見える。
 
で、八角のラーメンは時々物凄塩っ辛い(醤油辛い)時があるのだが、この日は若干醤油強めだけど、ギリギリセーフな辛さ加減で、雰囲気的には久々に美味しい八角ラーメンだった。まあ醤油辛い時はネギやモヤシで誤魔化したり、テーブル上の天かす等を入れて何とかするのだが、この日はそんな事をせずとも、適度な醤油タレ加減だったように思う。麺は混雑していたからか、若干やわやわだった。次回からは来来亭の極細麺を食べる時と同じように固めでオーダーした方が良いのかも知れない・・・。
 
そしてこちいらがラーメンとライスにちょっとだけ遅れて運ばれて来た”ふわふわ唐揚げ”、単品価格だと450円也。メニューには”あっさり和風ぽんず風味”と書いてあった?様に、最初からポン酢がかかっているような感じ。更に唐揚のトッピングとしてはちょっと珍しいネギが大量に上に乗っている。
 
ふわふわ唐揚げ”の衣は何と無く天ぷらっぽい感じの衣で確かにふわふわしていて、何と無くではあるが、私の好きな”鶏の天ぷら”っぽい雰囲気もする。このまま食べても美味しいし、味に物足りなさを感じたらお皿の上に溜まっているポン酢を漬けて食べても旨い。どちらの食べ方をしてもご飯との相性はバッチしで、今の食欲状態からすると、この唐揚と白いご飯、そしてラーメンの麺を抜いたスープだけあれば十分なような気がする。それで500円ぐらいで出せば大ヒットするような気がする。
 
で、これだけのボリュームがあっても”唐揚定食”は700円と安いのだが、更に今回は以前のスタンプラリー?で貰った500円のお食事券(何枚持ってんねん!と突っ込まれそうだが・・・、未だある)を使ったので結局支払ったのは、たったの200円のみ。500円の割引券と言えば『らーめん八角/加古川店』が誕生した時は、新聞チラシに500円の割引券が付いていたしなあ。そう言えば、昨年だっけ?姫路総本店が誕生した時も、チラシに500円の割引券が付いていたらしいのだが、残念ながら新聞の購読を辞めてしまったので、そのチラシは入手出来なかった。まあ姫路総本店って結構遠いので、500円割引券があったとしても、そこまで行くかどうかは微妙なとこだが・・・。
 
話はそれたが、以前から一度食べてみようと思っいた”ふわふわ唐揚げ”は、思いの他美味しかった。でも”カリカリジューシーな唐揚”も捨て難いので、両方が半分ずつになったハーフ&ハーフな唐揚定食があれば、言う事無いのだけどねえ・・・。ま、どっちにしても、この日はラーメンも塩っ辛く無くて美味しかったし、ご飯も炊き立て熱々で美味しかったし、大満足な気持ちでお店を後にしたのであった。

WordPress.com Blog.