義史のB型ワールド

2010年6月11日

日曜日に”もんど”へ行かない!と心に固く誓っていたのだが”黒極みとんこつ”の誘惑に負けて行ってしまった・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:36 PM
 
代理人記録
 
このブログに度々登場する『新在家ラーメンもんど』だが、今やその人気は神戸や姫路方面まで広がり、休みの日になると神戸方面からも大勢の客が足を運んでいるらしい。それに加え、昨年辺りから”もんど名物の裏メニュー”は日曜日限定で行われる事が多く、その為、裏メニュー(限定ラーメン)がある日の日曜日のもんどは、ちょっと異常とも言えるぐらいに客が集まって来て、ラーメン一杯食べるのに1時間~2時間待ちの状態になる。
 
今年初となった限定メニューの”熟成味噌ラーメン”の日なんて、時間をずらして午後3時に行ったにいも関わらず、未だ40~50人ほど並んでいる状態で、結局、駐車場が空いて無かった事もありすごすごと退散して来たのだった。
 
また先日、約1年ぶりに登場した『つけ麺播磨』の日は、昼間は到底無理!って事で、夜の部に行ってみたら、お店の夜のオープン時間ちょうどぐらいに着いたにも関わらず、既にその日の分は完売!って事で列に加わる事無く、帰って来たものだった。
 
そんな事もあり、平日ならいざ知らず(先日、食べに行った”蔵出し醤油ラーメン”は平日でもお店開店前に20人ちょっと並んでいたからなあ・・・)、もう日曜日には何があっても、どんなメニューが出ても”もんど”には行くまい!と心に固く誓ったのだった。
 
が、しかし・・・、先日、またまた限定ラーメンの案内メールが届いた。それも日曜日限定との事・・・。日曜日にもんどに行く事はしない!と決めたばかりなので、案内メールも軽く読み飛ばそうとしたのだが、限定ラーメンの内容を見ると”黒極とんこつ”との事。”黒極とんこつ”って食べた事無いなあ・・・、でも何か耳にした事あるぞ・・・、っと過去の案内メールを探してみると、1年半ぐらい前の年末に一度案内メールが来ていた。その時は土日の二日間に渡っての裏メニューだったのだが、年末と言えば、法事や家の用事やらで、そんな暇が無い!(と言いつつ色んなところに行ったけど)。そう言うわけで、これだけ色んな種類の”もんどの限定ラーメン”を食べて来た私が未だ食べた事が無い限定ラーメンだ!当然、ブログにも書いた事が無い・・・。これは、このブログの代理人としては決して見逃す事は出来ない由々しき事だ!って事で、日曜日にも関わらず、またまた『もんど』に行ってしまったのだった・・・。
 
この日は日曜日なので、当然、大勢の客が並んでいるに違い無い!そうなると折角行っても駐車場が空いて無いのでは無いか?って事で、この日は小雨降る中、加古川サティに車を置いて歩いて行ってみた。朝から小雨が降る天気だし、時間もちょっとずらした午後1時なので、多少は待っている客は少ないかな?と思っていたのだが、相変わらずもんど』の店の前には行列が出来ている。一見すると並んでいる客の数は少なそうに見えたのだが、これは小雨が降っていてみんな傘を差しているので、前の客との間隔が開いているだけで、大体20人ちょっと並んでいる。しかも小雨が降っているって事もあってか、車の中で待機している客も大勢いて、結局、列に並ぶ事40分少々、漸く順番が廻って来て店内に入る事が出来た。何時もながら、ラーメン一杯の為に、根気と体力が要るお店だ。ちなみに何故かこの日は妊婦連れのカップルがやけに多かったなあ・・・。私の前後に並んでいる組が二組とも妊婦カップルだったし、店から出て来る客も妊婦だし、何かこの日のもんどは妊婦さんに大盛況?みたいな感じだった。
 
で、この日は何時ものテキパキしたねえちゃんでは無く、アルバイト風の若い兄ちゃんに案内されて席に着く。この日も私が店内に案内される数分前からカウンター席は5~6席以上、空いたままだったのだが、ラーメンを作るのが追いついて無いのか、カウンター席が空いているものの、店内に案内されず、暫くして前の客、3~4組くらいと一緒にどどどーっと店内に案内されたのだった。
 
店内ではマスターを含め何時ものテキパキねえちゃんと、洗い場のおじさん?の他に若い兄ちゃんと若いねえちゃんの二人の合計5人体制でお店を廻していたが、ここの女性スタッフってあのテキパキねえちゃん以外は何時行っても違う人になっているよねえ・・・。やっぱ仕事がキツクて?長続きしないのかなあ・・・。それとマスターの奥さんって最近、全然見なくなったよなあ・・・、何かあったのかなあ・・・。と余計な事を考えつつ・・・、ラーメン登場までの時間を過ごすのであった。
 
で、この日はカウンター席の一番端っこの席だったのだが、お店の入口近くには”匠の麺”と書かれた箱が置いてあって、その中には沢山の麺が入っていた。ご存知?『もんど』が使用している”東京カネジン食品(製麺所?)”からこの日の”黒極とんこつ”の為だけに直送された?”中細のストレート麺”のようだ。マスターが時々、厨房から出て来て、この中から麺を取り出してまた厨房へと戻って行く姿が・・・。厨房の中に麺を置くスペースすら無いのかな?
 
と店内で人間ウォッチャーをしながら待つ事、約20分、漸く、私の前に”黒極とんこつ”ラーメンが運ばれて来た。このお店、外で待つのも長いけど、店内に入ってからもこれまた長いのよねえ。まあ何時もの事なので、慣れているとは言え、人間ウォッチャーか何かして無いと、暇で仕方ないのよね・・・。
 
てな事でお店到着して約1時間経って、漸く目にする事が出来たのが、こちらの”黒極みとんこつ”ラーメン、780円也。マスターからの案内メールに寄ると”当店の濃コクな豚骨スープに“黒マー油”という焦がしにんにく油をトッピング”との事。もんどのレギュラーラーメンと言えば”濃厚こってり豚骨とあっさり魚介のWスープ”のラーメンだが、今回のラーメンは、その豚骨スープのみのラーメンかな?そう言えば、6~7年ほど前に『もんど』が誕生した頃のメニューの中に”極みもんど”みたいなラーメンがあったのだが、基本的には同じようなものかな?よくよく考えてみると、私がもんどで豚骨系のスープのラーメンを食べるのは何時ぞやの”限定新味”以来の事かな?まあ”つけ麺播磨”の”つけ汁”は魚介風味はあるものの、かなりの濃厚豚骨スープだけど・・・。
 
で、”黒極みとんこつ”の麺はこんな感じ。これまた案内メールから紹介すると”中細のストレート麺は細すぎずスープとの相性は抜群です。そこは従来の博多麺とは違います”との事。豚骨ラーメンだから、博多ラーメンのような極細麺を想像するけど、もんどが出す以上、そんな単純なものじゃ無いよ?って事なのかな。ま、どちらにしても、麺にあまり拘りの無い私なもんで、普通のラーメンの麺?だったけど・・・。
 
そして”黒極みとんこつ”のスープはこんな感じ。既に半分以上食べ終えた後の写真ではあるが、御覧のように、黒いマー油が邪魔する事無く、全体的にまったりとした豚骨スープは健在だ。ちょっと前に林崎松江海岸近くまで食べに行ったラーメン屋だと、マー油の量が多すぎてスープ自体が真っ黒になり、更にちょっと焦げ臭い味だったけど、そこら辺りは、流石にもんど!って事で、マー油がスープを邪魔する事無く、かつスープに風味とアクセントを加える絶妙な量のマー油だ。後は、このもんどの豚骨スープが好きか嫌いかで、評価が判れるところなのだが・・・、やっぱ私はもんどの豚骨スープはそれほど好きでも無いかな?まあ、そんな事もあって、長い間、このお店の看板ラーメンである”もんどラーメン”を食べて無いのだけど・・・。
 
てな感じで、私が”黒極とんこつ”ラーメンを食べ終え、お店の外へ出た頃は既に午後2時を10分ほど廻っていたのだが、相変わらずお店の外には行列が出来ていた。でも流石に”つけ麺播磨”とか”熟成味噌ラーメン”の時のような長さでは無く、この程度であれば運が良ければ20分程度待てばで入れるんでは無いかな?それにしてもこの『新在家ラーメンもんど』の人気は何時まで続くのだろうか・・・。まあ、他に碌なラーメン屋さんが無い!ってのが、一番の大きな問題なんだろうけど・・・。だれか、加古川か高砂に美味しいラーメン屋を作ってくれぇいっ!『神座』の支店でもエエから出来んもかいな。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.