義史のB型ワールド

2010年5月20日

神戸まで3D映画を観に行った時に食べたカレー。カレーよりコロッケの方が美味かった!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:21 午後
 
代理人記録
 
GW期間中の映画の日に『タイタンの戦い3D版』を観に、三宮まで出掛けて行ったのだが何時ものように、映画を観る前に腹ごしらえ。今回は十数年前に、私が三宮の会社に勤めていた時に、時々、ランチを食べに来ていたサンプラザ・センタープラザの地下の飲食店街に寄ってみた。この場所には、今や伝説となってしまった今は亡き超人気ラーメン店だった『三馬力』や、この日も行列が出来ていた人気カレーショップ『SAVOY(サヴォイ)』等がある、ちょっと楽しい一角でもある。
 
で、この日は、以前TVで紹介されていた洋食屋さんで”かつめし”を食べてみようと思って行ってみたら、午後1時を廻っているにも関わらず、数組の客がお店の前に並んでいる。並んでまでして食べたいとは思わなかったので、昨年末頃に食べに行った『神戸牛ステーキ ビストロ吉祥』に行ってみると、こちらのお店も並んでる。その近くにある超有名・超人気のカツ丼屋は、相変わらずの長蛇の列だし、トリドールがやっている焼きそば専門店『長田本庄軒』にも客が並んでいる。流石にGW期間中って事で目ぼしいお店は何処のお店も並ばずには入れ無いみたいな状況。そうなると、もう入れるお店なら何処でもエエや!みたいな気分。
 
そんな中、目に入ったのは神戸ビーフカリーのお店。パッと店内を見渡した処、お店のスタッフのみで客の姿は全く見え無い。もしかして、もう休憩時間に入ってしまった?みたいな感じで、未だ客の行列が続く、先程見た人気店とは雲泥の差だ。こんなお店に入っても大丈夫かいな?と一瞬、躊躇したけど、まあカレーだし何とかなるでしょ!って事で意を決して入店!
 
こちらがこの日行ったお店『神戸ビーフカリー MINT』。外から見た印象はこじんまりとした感じだったが、このお店は奥に広くて、カウンター席やテーブル席を合わせると、軽く20~30人は入りそうなキャパ。お店の人の、何処でも好きな席へどうぞ・・・(客ゼロなんやから当たり前?みたいな)の案内で、普通のテーブル席に着く。
 
私が呼び水となったのか、あるいは私同様、他のお店が満席ばかりで行くお店に溢れてやって来たのか、私の後から続々?と、客が入って来て、店内は一気に活気付いて来た
 
で、メニューを広げると、このお店ご自慢の神戸牛がゴロっと入った”特選神戸ビーフかリー”ってのがあって、中々興味を惹きつけたのだが、お値段が1300円って事で、初めて入ったお店で食べるにはちょっと冒険し過ぎる気がした。そんな事もあり、この日はお店の入口に書いてあった”今日のサービスカリー”のメニューの中から、一番無難そうな”牛スジコロッケ”のカレーを注文!!!
 
流石にカレー!って事で、料理を注文後、割りと短い時間で運ばれて来たのが、こちらの”牛スジコロッケカレー”、750円也。ネーミング通り?カレーライスに牛スジコロッケがトッピングされただけの至ってシンプルなカレーだ。このカレーはこのお店ご自慢のビーフカレーらしく、お店の説明文を読むと”神戸牛をオーブンで焼き、野菜と煮こみフォンドボーをつくり、それをカリーに仕立てています。こうして出来上がったカリーは、普通のカリーとちがいサラッとしていてコクがあります”、との事。お店のこだわりほどの美味さは感じ無かったが、最近は印度カレー系を食べる事が多かったので、久々の欧風カレーって感じで中々美味しかった。雰囲気的にはこのお店の直ぐ近くにある、超人気カレーショップ『SAVOY(サヴォイ)』のカレーに良く似ているような気もしたけど・・・、違うか???
 
黄色い色をしたご飯はカウンター席の上に貼ってあった紙には”ウコンたっぷりのスーパーウコンライス”と書いてあったのだが、お店の公式サイト?では”ライスはターメリックではなく、スパイスの女王サフランで炊いています”とも書かれてある。一体どっちやねん!と思いつつも、実際に食べてもどちらなのか、判断出来ない私なのであった(てか、食べてる時はウコンライスだと信じ込んでいたのだけど・・・。)
 
そしてこちらが、トッピングの”牛スジコロッケ”。料理が運ばれて来るまでの時間が非常に短かったので、予想は出来ていたが、揚げた後、時間が経って冷めた状態牛スジコロッケだ。でも、このコロッケはポテトの中に肉の旨味が溶け込んでいるのか、意外と中々美味しい。きっと揚げたての熱々ならメッチャ美味しい牛スジコロッケじゃあ無いかなあ・・・、と思いつつ食べたのだった。
 

ちなみにテーブルの上には、付け合わせの福神漬とらっきょが置いてあったのだが、元々らっきょ大好きな私なので、迷う事無く”らっきょ”をチョイス。蓋には”唐辛子らっきょう”と書いてある。蓋を取ってみると、らっきょ丸々の姿では無く、切り刻んだような状態で入っている。お店の説明に寄ると”ピリッと辛いらっきょ”との事。更に説明文を読むと”カレーが肉の旨味と野菜の甘みが主力のカレーなので、時々口にする少し辛いらっきょが丁度いいアクセントとなる”との事らしい。
 
こちらがその”唐辛子らっきょう”。口の中に入れると、ピリっと来る辛さで先程食べたカレーよりも、更に辛い感じがしたが、元々のらっきょの酢の味?も相まって、中々美味しい。何かこれとご飯だけでも食べれそうな感じ。思わず、スプーンで2杯、3杯とお替りをして食べてしまったのだった。我が家での、お茶漬けの供として、一瓶丸ごと持って帰りたいぐらいであった。
 
てな事で、あまり賑わって無いお店だったので、ちょっと不安を覚えつつ入ったお店ではあったが、カレーもそこそこ美味しかったし、何より”牛スジコロッケ”と付け合せの”唐辛子らっきょう”が美味しかったので、結構満足してお店を後にしたのであった。後で気が付いたのだが、このお店は月~土は午後3時過ぎぐらいまでしか営業をしていないお店で、代わりに、これまた以前からちょっと気になっているサンチカ8番街?の方に姉妹店『神戸カリー工房ダヴインチ』ってのをやっていて、雰囲気的にはカレーのルーは同じで、しかも今日食べた”牛スジコロッケカレー”も、お値段が少し安くて680円ぐらい?で食べれるようだった。まあ、お店の広さや雰囲気はこの日行った『神戸ビーフカリー MINT』の方が格段に上ではあるが、ただ普通に美味しいカレーを食べるだけ?なら、遅い時間でも開いている8番街の『神戸カリー工房ダヴインチ』の方へ行くのが得策かも知れない・・・。
 
どちらにしても、今も尚、私が三宮で勤めていたら、ランチを食べにしょっちゅう行ってしまいそうなカレー屋さんのような気がする。機会があれば、今度はこのお店ご自慢の”特選神戸ビーフカリー”、1300円ってのを食べてみようと思うのであった。

映画の日!って事で3D版の”タイタンの戦い”観て来た。映像は・・・、何ちゃって3Dやんけえ!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:28 午後
 
代理人記録
 
GWの期間だけど5月1日は映画の日!って事で何時もの如く映画を観に行こうと思っていたのだが、私が観たいと思っているアクション・アドベンチャー超大作である『タイタンの戦い』は2D版と私の大好きな3D版の2バージョンがあるのだが、只今、観客動員数絶好調の『アリス・ワンダーランド』に押され、ワーナーマイカル加古川では『タイタンの戦い』の3D版上映はやって無い。こればっかりは仕方無いので2D版で我慢しよう・・・、と思っていたら、ふと思い出したのが、山陽電車のGW期間中のお得な切符の事。4月29日~5月5日までの間、山陽電車姫路駅から三宮駅までの間が2000円で期間中乗り放題なのだ。しかもこの切符、山電高砂駅近くにある金券ショップで、5月2日までならばそれまでに利用していても1000円で買い取ってくれる実質1000円で三宮まで往復(しかも乗り放題)出来る!って事で、『タイタンの戦い』3D版を観に三宮まで行って来た!!!
 
映画『タイタンの戦い』の戦いは、神話をベースにした、神と人間との戦いを描く、スペクタクル・アクション・アドベンチャーの超大作映画で、主演は、『ターミネーター4』、『アバター』と、これまた超大作の主役にひっぱりだこのサム・ワーシントンだ。何でこのおっさんが、最近のSF映画とかアクション映画にひっぱりだこなのか、良く判らんのだが、兎に角、この1年の間、ずっとこのおっさん主演の映画を観ているような気がする。ただ『アバター』だけはあまり素顔な場面が無かったのと、声が日本語吹替えで、その声がマイケルだった(笑)ので、サム・ワーシントンだと言う印象はほとんど無かったのだけど・・・。
 
で、『タイタンの戦い3D版』なのだが、何か観ていて、イマイチ立体感が無い。『アバター』も飛び出る映像と言うよりは、奥深い立体感で、その前に観た『ファイナル・デッド・サーキット3D』のような、まさに目の前に何かが飛んで来て、思わず体を仰け反る・・・、みたいなシーンが皆無なのだ。ところどころ3Dっぽくはなるのだが、迫力としてはイマイチ・・・。何でかいな・・・、と家に帰ってから調べてみると、この『タイタンの戦い』は元々、普通のカメラ、要は2Dで撮影された映画を無理やり後から3D化した、いわゆる、何ちゃって3D映画だったらしい。道理で、立体感がイマイチだったわけだ・・・。何かだまされたような気がして後味が悪い。
 
ストーリーもちょっと前に観た『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』と良く似た感じで、結局、ストーリーの肝となるのが”メドゥーサの首”ってとこも、まるまる『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』と一緒じゃん!と思ってしまったのだった。いっその事、メドゥーサ役にユマ・サーマンが出てたら笑えたのに?と思ってしまったのだった。ちなみに主人公のペルセウスの父であるゼウスを演じていたのは、我らがジェダイのマスター、クワイ=ガン・ジンだった。何か久々にエエ役で出てる・・・、みたいな。
 
そんなこんなも有り、確かに映像的には凄かったけど、ストーリー展開的には先の『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』っぽくてイマイチのれなかったし、何と言っても売りの3Dが何ちゃってだったしなあ・・・。どうりでワーナーマイカルで3D版の上映が無かったわけだ・・・。
 

ちなみに『ミント神戸』の3D上映で使った3Dメガネはこんな感じ。以前に、ちょこっと解説したが”XpanD”と言う方式で、多分、電池利用で、メガネ自体がちょっと重たい。ワーナーマイカルで採用されている”realD 3D”方式に比べて立体感が上?と言う評判だけど、映画自体が何ちゃって3Dだった事もあり、その差はあまり無くて、どちらかと言うと、メガネの重さで後半疲れるだけだったような気がする・・・。
 
 
 
最後に映画『タイタンの戦い3D』とは直接は関係無いが、三宮に来たついでに電器屋さんに寄って今、話題の”3D VIERA”のデモを体験して来た。と言っても流れている映像が石川遼のゴルフ映像のみで、何か直ぐに飽きてしまったけど・・・。TVや新聞などに取り上げられて話題は先行しているけど、実際には3Dで観るソースが無いのよねえ・・・。やっぱ先に発売された『アバター』のDVD or ブルーレイを3D版で発売すべきだったよねえ・・・。3D VIERA”を買っても宝の持ち腐れ状態なんだもんねえ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.