義史のB型ワールド

2010年4月26日

今日からハムナプトラ一挙放送が始まった・・・、NHKはヒッチコック特集だ!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 11:53 PM
 
代理人記録
 
先月と今月の二ヶ月間に渡り、WOWOWで特集されていた映画007シリーズ全22作品一挙放送もとりあえず終わり、後はGW期間中の吹替え版一挙放送を残すのみとなった。それに代わり、今日からは私の大好きなハムナプトラ・シリーズ3作品の一挙放送が始まった。
 
ご存知?の通り、私はSF映画やアクション映画、いわゆるSFXやCGを駆使した映画が大好きなので、このハムナプトラ・シリーズも大好きな映画の一つだ。我々が幼い頃は特撮と呼ばれていた技術も最近はVFXと呼ばれるようになり、これまた私の大好きなスター・ウォーズの記念すべき第一作目が製作された時、ジョージ・ルーカスが設立したILM(インダストリアル・ライト&マジック)と言う会社がVFXを担当した映画が大好きなのだ。
 
このハムナプトラ・シリーズもILMがVFXを担当した映画で、雰囲気的には大ヒットシリーズのインディ・ジョーンズのパチモン的な内容とも言えるが、ストーリー的に超常現象たっぷりな映像は本家インディ・ジョーンズシリーズを超えるシーンも数多い。そんな事もあってこのシリーズはストーリーは兎も角として見所一杯のシーンの連続で、まさにハイビジョン時代の大画面で観るに相応しいシリーズとも言える。
 
ちなみに私はインディ・ジョーンズの3作品を収録したコンプリートDVDと、ハムナプトラの1作目、2作目を収めたツイン・パックのDVDの両方を買って持っている。これらのセットDVDが発売された頃は、まさかインディ・ジョーンズの第4作目ハムナプトラの第3作目が製作されるとは誰が予想出来ただろうか?(ハムナプトラは以前から噂はあったけど)。ちなみにハムナプトラ・シリーズは大ヒットしたおかげで2作目の敵キャラだったスコーピオン・キングは、ハムナプトラ・シリーズとは別にスピンオフ映画が製作されたしかも2まである)のだが、やや低予算映画だった事や、ストーリーがイマイチだった事もあり、個人的にはあまり好きじゃ無い(2に至っては主役を演じていたザ・ロックすら降板してるし・・・。)
 
まあインディ・ジョーンズ4ハムナプトラ3は、前シリーズと比べて間が空きすぎた?事もあって、若干の不満点が無いでも無いが、ストーリーを気にせずに映像を観てるだけでも十二分に楽しめる作品だと思う。
 
 
 

序に紹介して置くと、同じく今日からNHKのBSハイビジョン放送では、これまた私の大好きなヒッチコック監督の特集があって、今週と来週の2週に渡って8本のヒッチコック作品が放送される。ヒッチコックの映画は何度もTV放送されているが、今回の放送はNHKBSハイビジョン・チャンネルなので、当然の如く、フルハイビジョンで放送される。モノクロでスタンダードサイズの”サイコ”がフルハイビジョン放送でどれだけのクオリティがあるのか、実際の放送を観るまでは何とも言えないが、とりあえずは永久保存版として録画する事にしよっと・・・。
 
ちなみに、ヒッチコックの映画と言えば、玄人好みでは今夜放送される”めまい”とか、あるいは”裏窓”等、そして一般的な映画ファンには動物パニック映画の元祖とも言える”鳥”などが超有名だが、個人的には、ずっと言っているように”サイコ”がダントツの第一位で、その次に好きな作品が水曜日に放送予定の”引き裂かれたカーテン”と言う作品だ。
 
引き裂かれたカーテン”と言う題名から変な映画を想像する人も居るかも知れないが、ここで言うカーテンとは、東西冷戦時代の西側と東側の間にあるカーテンと言う意味で、この映画はヒッチコック版”大脱走”とも言える映画になっている。ヒッチコックと言えばサスペンス・スリラーの巨匠と言われているが、そのもっとも得意としているのが”逃げる恐怖”。名作”サイコ”の冒頭でも警察官から逃げるシーンがあるのだが、短いシーンの中に、物凄い心理的サスペンスが詰まった名シーンなのだが、この引き裂かれたカーテン”と言う映画は全編、敵国から逃げる、脱出する、と言うサスペンスが詰まった作品で、最後の最後までハラハラ・ドキドキする内容になっている。ちなみに、私はこの映画は、今や歴史に消えてしまったLD(レーザーディスク)盤を買って持っているのであった。
 
もう一言付け加えるならば、今年、生誕100周年記念と言う事で、数々の特集が組まれている黒澤明監督の”隠し砦の三悪人”も脱出物の映画としては大好きな作品で、脱出をテーマにした映画ベスト3を挙げるとするならば、私が映画好きになったきっかけを作ったとも言える”大脱走”が第1位で、その次に、このヒッチコックの引き裂かれたカーテン”と黒澤明の”隠し砦の三悪人”が来るのであった。
 
 
 
折角なので、情報がてら書いておくと、スカパーのスターチャンネル・ハイビジョン放送ではGWの期間中、1日と2日は無料放送デーで、上記の作品が無料で見る事が出来る。無料放送って事で、ちょっと古めの作品ばかりだが、ショーン・コネリーがジェームズ・ボンドのイメージから漸く抜け出し、名優と呼ばれるようになったきっかけとも言える”アンタッチャブル”や、ハリソン・フォード主演の娯楽アクション?”エアフォース・ワン”は結構、面白い作品なので、久々に見てみようかな?と思うのであった。それにしても、それ以外の作品はちょっと前にWOWOWで、フルハイビジョンな解像度で放送されたばかりなのだが、何故か、私が観たいと思う”アンタッチャブル”と”エアフォース・ワン”はWOWOWでは放送してなかった。個人的には折角の大画面で観るので、フルハイビジョン放送のWOWOWかNHKで観たかったのだが、こればっかりは致し方無い事だ・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。