義史のB型ワールド

2010年4月17日

ちょっとした事情で、高松まで日帰りで行って来た。って事でとりあえず讃岐うどん食べた!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:06 AM
 
代理人記録
 
話せば長いが、この日は急遽、日帰りで高松まで行く事となった。と言っても私は車に乗せてもらって行くだけの気軽な身分。高松到着後、まずは昼食!って事で、当然の如く?讃岐うどんを食べよう!って事で、同行者オススメのお店に案内してもらう事になった。
 

こちらがこの時に行った『手打免許 さぬき麺業/松並店』。TVに良く出て来る、辺り一面田んぼが広がるような田舎にある完全セルフ形式の讃岐うどんのお店では無く、外には観光バスも止まっているぐらいの巨大なお店だ。このお店と片側二車線ある広い道をはさんだ反対側に製麺工場がある、地元ではそれなりに有名なお店らしく、ランチタイムって事もあって、広い店内がほぼ満席。どうにか空席があったので、かろうじて席に着く事は出来た。うどん類の注文は、お店のおばさんが席まで聞きに来てくれるし、当然、出来上がったうどんも席まで運んで来てくれるのだが、おにぎりやおいなりさん、それにおでん等は自分で取りに行け!との事。うどんはセルフじゃ無いのにサイドアイテムはセルフ形式って、何か中途半端な・・・。
 

で、『手打免許 さぬき麺業/松並店』のメニューの一部はこんな感じ。上で書いたように厨房でうどんを作り、店員のおばちゃんが席まで運んでくれるスタイルのお店なので、メニューは豊富。団体客は、定番の釜揚げうどんがメインになった定食みたいなのを食べていたが、個人的には関西風のお出汁に浸かったおうどんの方が好きなので、釜揚げうどんはパス。とりあえず讃岐うどんのお店って事で、私はぶっかけうどんメニューの中から”大えび天ぷらおろし”うどんを食べる事にした。後の二人は、普通にお出汁に浸かった大えび天ぷらうどんをオーダー。その他、三人ともセルフコーナーから”おいなりさん”を取って来た。完全に関西風のおうどん屋さんに来たみたいな雰囲気
 
混んでいる割には結構早く運ばれて来たのがこちらの”大えび天ぷらおろしうどん”。メニューには”大えび天ぷら・・・”と書いてあったが、私にはどう見ても普通サイズの海老に見えるのだが、高松ではこれが大えびなのかな?何時ぞや姫路で食べたテンコ盛りの海老天ぶっかけうどんに比べると大分、貧祖に見える。
 
で、うどんのお味であるが・・・、確かに讃岐風でコシのある麺ではあるが、特に唸るほどの感動も無し。普通に加古川近辺で食べる讃岐うどんのお店の方が美味しいような気がする。ぶっかけのお出汁も同様で、ごくごく平均的な味だった。値段も普通だったし、やっぱ讃岐へ来た時はセルフ形式のお店へ行くべきだったのかな?
 
ちなみにメニュー表を見ていたら・・・、三宮センター街店・・・、と言う文字を発見!このお店のうどんを食べるには、高松まで来なくても三宮でも食べれるようだ・・・。でも三宮センター街店に行く事は無いと思うけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。