義史のB型ワールド

2010年4月13日

諸国うまいもん大会で最終的には肉に釣られて”牛肉ぜいたく重”食べた!やっぱステーキはうまい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:07 PM
 
代理人記録
 
先日開催されていた山陽百貨店姫路店の北海道物産展で”旭川ラーメン・山頭火”を食べた後、折角なので夜飯用に弁当でも買って帰ろうと思い、会場内をチェック。と言うか北海道物産展のチラシを観た時からちょっと気になっていたのが、例に寄って私の大好きなお肉のお弁当
 

こちらがそのチラシに載っていた”やきにくれすとらん沙蘭の広告”。今まであまり聞いた事が無いお店だ。この手のお店と言えばこのブログでも時々紹介している”札幌ステーキランドフォーシーズン”が定番だが、パッとみた感じ、今回は出店して無かったようだ。で、この”やきにくれすとらん沙蘭”が売っている弁当は基本的にはステーキの弁当がメインの様だが、広告のチラシに寄ると一日限定50食の”牛肉ぜいたく重”ってのがお勧めのとの事。
 

こちらが”やきにくれすとらん沙蘭”の弁当売場。”旭川ラーメン・山頭火”を食べた特設茶屋の目の前にある。そもそも、この日の催し物が”北海道物産展”って事もあり、蟹や鮭・イクラを扱った弁当屋は賑わっていたが、流石に牛肉を使ったステーキ弁当?って事で、客は素通りしているような感じ。とは言う物の”旭川ラーメン・山頭火”の”とんこつ塩らーめん”を食べに来た時は、広告に載っていた一日限定50食の”牛肉ぜいたく重”は売り切れていたけど・・・。
 

で、この日は一日限定50食の”牛肉ぜいたく重”売場は未だ数多く残っている。牛肉ステーキの駅弁を買う際のポイントは、当然の如く、ステーキの一番良い部分が入った弁当を選ぶ事が大事!!!って事で、ここぞとばかりに目を凝らして慎重に選んで、手前左側の一列めか二列めの商品が良さそう・・・、ほぼ決め掛けていたら、お店のおじさんがやって来て、この辺りがエエんとちゃう!と指で指したのが、やはり私が目を付けた弁当だった。当然の結果ではあるが、私はお肉大好き!って事で、肉を見る目だけはちょっと厳しいのよね。
 

てな事で、買って帰ったのが、こちらの”牛肉ぜいたく重”、1280円也。このお値段を高いと見るか安いと見るかは、結局のところ、味次第?って事になるのかな?
 

で、私が慎重に選んだのが、こちらの”牛肉ぜいたく重”で、ポイントはステーキの焼き加減と肉厚、そして切り身の部位が真ん中か端っこかと言う点。並んでいた中ではこれと、もう一品ぐらいが当たりだったかな?まあ、見てエエのが無かったら買う事も無かったと思うけど・・・。
 
で、実際に食べてみると、このサーロインステーキ?が中々美味い。ちょっと甘めのタレと、少し着いている山葵の相性も中々だが、それ以上に牛肉の味がしっかりしてい、肉の旨味が十二分に口の中に広がって行く。この手のステーキ弁当の肉としては最近食べた中でNo.1かも
 

こちらは”牛肉ぜいたく重”のもう一つの売りとも言える、牛肉のしぐれ煮風の物。長時間煮込まれたのか、凄く柔らかいのだが、味がしつこいぐらいに濃い。すじ肉っぽい部位もあって食べ応えはあるのだが、味付けがちょっと下品?と言うのか、肉の味をなくしてしまっている。これなら二種類の肉が乗った弁当じゃ無しに、上のサーロインステーキだけを使った弁当を買った方が良かったかな?とちょっと後悔したのであった。
 
とは言いつつも全体的には中々美味しい牛肉弁当だったと思う。”やきにくれすとらん沙蘭”を言う名をしっかり頭に叩き込んで、次回、このお店が出店していたら、また買う事にしようっと

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.