義史のB型ワールド

2010年4月11日

久々のかつ富士加古川店!かつ富士Dayで1000円だったが、これが本来の適正価格???

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:23 PM
 
代理人記録
 
約10年ぐらい前に東加古川にあった健康ランドのちょっと北側にとんかつ専門店『かつ富士/加古川店』がオープンした。当時はこの辺りでは未だちょっと珍しかった『新宿さぼてん』が創めたと言う”胡麻をすって食べる方法”のとんかつ屋さんだ。それまで、この近辺でとんかつ専門店と言えば、加古川市役所近くにある老舗のとんかつ屋『とん吉』とか、あるいはそごう加古川店のレストラン街にある『若葉亭』ぐらいしか無かったので、当時は良く行ったものだ。
 
しかしその後、似たようなお店があちこちに出来た事や、何よりファミレスチックなとんかつ屋さんの癖に値段が高い!って事もあり、徐々に足が遠のいて行ったのだった。しかし、最近になって『かつ富士/加古川店』では毎週土曜日に”かつ富士Day”と称し、何らかのとんかつ定食が1000円ぽっきりになるサービスをやっていると聞いた事もあり、1000円なら許せるか?って事で久々に『かつ富士/加古川店』に行く事となった。
 

こちらが数年ぶりに訪問しいた『やわらかとんかつ/かつ富士加古川店』。このお店は徳島にある『ふじや』と言う会社が経営するとんかつチェーン店で、同じ頃、大久保や伊川谷に”馬力軒”と言う、所謂、徳島ラーメンのお店も開いていたのだが、今は既に両店とも存在しない(淡路には未だ”馬力軒”は残っていて、何時ぞやの中島みゆき徳島コンサートからの帰り道に”馬力軒/淡路店”に寄って食べた事がある)。
 
ちなみに、今となっては笑い話であるが、まだワーナーマイカル加古川が無かった頃に、私は良くワーナーマイカル明石まで映画を観に行っていたのだが、ある日、映画を観る前の腹ごしらえで”馬力軒/大久保店”へ行ったら”麺が未だ到着して無い!”って事で、麺到着まで延々と待たされた事があった。個人的には”王将で餃子売り切れ”、”ロッテリアでパン品切れ”に並ぶ”ラーメン屋で麺が無い”と言う、三大お店の中心メニュー品切れ経験なのであった。
 

で、こちらが上で書いた毎週土曜日にやっている”かつ富士Day”の内容で、ロースかつ、ミルフィーユかつ、ひれかつ、ミンチかつの定食4種類が週替りで1000円均一になるらしい。このお店の前は良く通っているが、全然関心を無くしていたので、今まで気が付かなかったが、日程表を見ると第40週とか書いてあるから、もう一年近く、このサービスをやっているようだ。
 

お店入口には手書きのメニューが書いてあって、この日、我々が訪れた日の”かつ富士Day”の商品は”手作りミンチかつ定食”との事。通常の税込価格1449円が1000円っぽきりなので449円の値引きで、率で計算すると3割以上の値引率だ。個人的にはこのお値段が適正価格で普段がぼったくり価格だと思っているのだけど・・・。
 
 
で、こちらがその”手作りミンチかつ定食”のメニュー。何やら”手作りのため、数量限定”と書いてあるが、この日は”かつ富士Day”って事で注文が多い?事もあってか、夜でも特に品切れになってる風ではなかった。もしかすると、他の客は全然頼んで無いのかな?と辺りを見回すと、やはり結構な数の客が”手作りミンチかつ定食”を頼んでいた。誰が考えてもこのお値段はお得だもんねぇ。
 

そしてこちらがこの日食べた”手作りミンチかつ定食”、で通常価格は税込み1449円が1000円ぽっきり。まあ普段の1449円ってのが、お替り自由のご飯、キャベツ、味噌汁代込みの割り増し価格なので、お替りをしない私には、これが本来の適正価格なんじゃ無いのかなあ・・・、と思わずには居られない。
 

それは兎も角としてこちらがメインの”手作りミンチかつ”。通常価格が1449円って事で、普通のトンカツ並みのサイズでボリューム満点。何時ぞやココ壱のカレー屋で食べた”ちょいでか手仕込キャベツメンチカツカレー”のミンチカツ並の大きさがあるが、厚さ自体はこちらの方が分厚いような気がする。
 
あらためてメニューを確認すると”芳醇な香りと溢れ出す肉汁”とあるように、。
 

確かに肉汁たっぷりで、美味しそう。実際に食べてみても、分厚いミンチかつの中から肉汁が溢れでて来て結構ジューシーで、揚げたての衣のサクサク感と相まって中々美味しい。かなりの肉厚もありボリューム満点で、ご飯との相性もバッチし、何より1000円ぽっきりって事もあり、非常に好印象な”ミンチカツだった。
 

こちらは定食に付いていた”味噌汁”で、具は大根、ごぼう、人参と、具的にはこのまま豚汁も出来そうな感じの盛り沢山の具で普通に美味しい”味噌汁”だ。お替りが自由なので、何時ものように味噌汁をお替りしたのだが、これまた良くある事だがお替りした味噌汁は熱々で登場。最初から付いていた味噌汁も温かかったのだけど、お替りした方はまさに熱々と言う表現がピッタりな熱さであった。
 

こちらも同じく定食に付いていた”お漬物”で、こちらも普通に美味しい。雰囲気的には、この”お漬物”と上の”味噌汁”があればミンチカツが無くても”ご飯一杯”を軽く食べれそうな気がする。
 
てな事で、久々に訪問した『かつ富士/加古川店』であったが、10年ぐらい前に食べ盛りの甥っ子達と行って、キャベツや味噌汁、それにご飯のお替りをして居た頃は、それなりのお得感?もあったが、少食となった今となってはキャベツやご飯のお替りは不要なので、その分、値段を安くして欲しいと思っていたのだが、今回食べた”ミンチカツ定食”が1000円ぽっきりで、なおかつ、キャベツや味噌汁やご飯がお替り自由だし、ミンチカツも美味しかったので、これならまた1000円ぽっきりの”かつ富士Day”に行っても良いかな?と思うのであった。ただ、”かつ富士Day”のメニューが4種類のローテーションなので、直ぐに飽きてしまいそうな気がするけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。