義史のB型ワールド

2010年4月4日

吉野家で久々に牛なべ定食食べた。肉の量が増えたはずなんだけど・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:40 AM
 
代理人記録
 
只今、牛丼チェーンの『吉野家』では”創業111周年記念で「特製丼」・「特製湯呑み」が当る”キャンペーンを開催中!(この記事をアップした時点では終わってしまっている)、30数年来の吉牛ファンとしては「特製丼」がちょっと欲しいかも!って事で久々に吉牛を食べに行ってみた。
 

この日、向かった『吉野家』は『JR加古川駅北口店』で所謂、カウンター席ばかりの旧型店舗じゃ無い、テーブル席中心の新型店舗。吉牛とて、せせこましいカウンター席で食べるよりは、テーブル席に着いてゆったりと食事したいからねえ(ちなみに『JR加古川駅北口店』にもカウンター席はあるのだが、私は毎回、テーブル席へ陣取る事にしている。)
 

で、この日も毎度の事ながら、吉牛を食べるつもりで居たのだが、テーブルの上にあった”牛なべ定食”のメニューを見てちょっと心変わり。そう言えば確か、以前に比べて肉の量が増えたとか言う話・・・、ってのを思い出したので、チェックの意味も兼ねて、久々に”牛なべ定食”を食べる事にしたのであった。吉野家の説明に寄ると”牛肉の量を従来のなべ定食より1.4倍に増やし、タマネギ・豆腐といっしょにすきやき風味に仕上げた”との事。肉の量が増えた以外には別段、変わったようには思えない説明書きだ。
 

間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛なべ定食”、500円也。私が行った時点では汁物は付いて無かったのだが、私が行った日の数日後から”みそ汁無料のサービス”が始まったらしい。何やらネット上で”定食の癖に味噌汁が付いて無いのはおかしい!”と言う事があちこちで話題となったので、仕方無しに味噌汁の無料サービスを始めたのかな?でも味噌汁の無料サービスは期間限定だから、期間を過ぎた後”牛なべ定食”を食べた客から、”味噌汁が付いて無いやんけ!”とクレームが付きそうな気がするのだが・・・。(後で、このブログから以前食べた”牛すき鍋定食”の記事を調べたら、以前は定食に味噌汁が付いていた。)
 

で、こちらが”牛なべ定食”のメインである”牛なべ”。牛肉の量が1.4倍になったとの事だが、それでも何かちょっと少ないような気がする。そう言えば、以前食べた時は”お肉の量って経ったのこれだけ?これじゃあ、食べた気せんで!”と思った事もあり、二度と食べる事は無かったのだが・・・。それに加え、ちょっと甘めのすき焼き風味の出汁は、やや味が濃い過ぎる。生玉子を浸けて食べるように、濃い目の味付けにしているのかも知れないが、個人的にはちょっと辛いぐらいに濃いぞ。毎回思う事だが、”牛なべ”も吉牛のタレで煮込んでくれたらエエのにね・・・、と思うのだが、そうすると”牛皿定食”になってしまうって事なのかな?ん???”牛皿定食”???、今更ながらではあるが、メニューの中に”牛皿定食”って無いのよね。まあ牛皿とご飯を頼めば”牛皿定食”もどきにはなるし、そもそも牛皿とご飯なら普通に吉牛を食べれば済む事だしねえ・・・。
 

で、ちょっと味の濃い牛なべのお肉を生玉子に浸けて食べ始めたのだが、何と無くこの”牛なべの出汁”を使って”玉子かけご飯”をしてみたくなったので、毎度の事ながら、玉子の黄身だけをご飯の上に乗せ、スプーンで”牛なべ”の汁をかけて食べてみたのだが・・・、何かイメージしていた味と違う。頭の中では他人丼風?あるいは玉子丼風の、玉子が限りなく生に近い丼?と言うか玉子かけご飯をイメージしていたのだが、玉子かけご飯でも無い、玉子丼でも無い、中途半端な味になってしまった。素直に醤油かけて普通の玉子かけご飯にしいた方が美味しかったような気がする・・・。
 
ちなみに今回は牛肉の量が1.4倍!ってのに釣られて”牛なべ定食”を食べたのだが、実は最近、吉野家すき家松屋に負けじと、牛丼にチーズや辛みそ等のトッピングを始めたている。個人的にはちょっと邪道な気がするのだけど、B級グルメネタ的には、やっぱ一度は食べてみなければならないだろう。どうせ食べに行くのなら、”創業111周年記念で「特製丼」・「特製湯呑み」が当る”キャンペーン中に行く事にしようっと!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。