義史のB型ワールド

2010年4月3日

マクドのビッグアメリカンシリーズ、最後は『カリフォルニアバーガー』!予想通り?一番最低???

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:45 PM
 
代理人記録
 
マクドナルドのビッグアメリカンシリーズもいよいよ終盤、第4弾の”カリフォルニアバーガー”が始まった。が、しかし、宣伝文句を読む限りでは、何かこの”カリフォルニアバーガー”にはこれと言って食べたくなるような魅力が無い。でも”ニューヨークバーガー先行販売”に始まり”テキサスバーガー”、”ハワイアンバーガー”とビッグアメリカンシリーズを食べて来た私としては、あるいは当ブログとしては最後の”カリフォルニアバーガー”も食べてみない事には消化不良のままで終わってしまいそう・・・。てな事で、期間終了間際になってから”カリフォルニアバーガー”を食べに行って来た。
 

こちらがマクドナルドのビッグアメリカンシリーズ第4弾である”カリフォルニアバーガー”で単品価格420円、それにクーポンを利用して100円になったプレミアムコーヒー。この日は前回の反省から前回食べ過ぎ状態だった”マックフライポテト”は注文しなかったのだが、そうするとプレートの上にしっかりと嫌味のように”マックフライポテト”平日全サイズ150円!と書いた紙をデカデカと置いてあった。
 
その癖、この日は2Fは研修中って事で、使えず、更に一回席に鎮座したのだが2Fが研修中の為か、無線電波も飛んで無いようで、折角持参したDSiも役に立たないまま。これじゃあ、マクドの意味が無い!もしも”マックフライポテト”を頼んでいたら、持て余すとこだった・・・。
 

と、何やかんやありながら、食べたのが、こちらの”カリフォルニアバーガー”、420円也。マクドの商品説明に寄ると”カリフォルニアの自然とそこに降り注ぐ太陽からの恵みを感じさせる、カリフォルニアバーガー”との事。何か抽象的な説明ばかりで、全然食べたくなるような部分が無いでしょ?で、パンの上には斑点状の粉みたいな物がたっぷり着いている。商品説明を読むと”粉チーズをトッピングした香ばしい特製バンズ”って事らしい。粉チーズもどうでもエエよねえ・・・。
 

早速食べてみよう!と、その前に最近の恒例の行事で、ちょこっと捲ってみたらこんな感じ。今までのビッグアメリカンシリーズに比べて、何か具も少なそう・・・。マクドの説明では”トマト、レタス、旨みたっぷりのベーコン、この地が発祥といわれるモントレージャックチーズとの豊かなハーモニー”との事。どうやら売りはチーズしか無い?みたい受けたんやけど・・・。レタスも申し訳無さそうな量だし、トマトも薄くて小さいし、この内容で420円はやっぱ、ぼったり価格じゃねえの
 
実際に食べてみても予想通り、大して美味しくも無いのよね。この”カリフォルニアバーガー”の売りは特製ソースらしく、これまたマクドの説明には”一番のポイントはカリフォルニア産赤ワインを使用した特製ソース”が”ジューシーでボリュームたっぷりの1/4ポンドビーフパティ(通常のビーフパティの約2.5倍)を芳醇な香りと深いコクで引き立てます”とは書いてあるのだが、実際には全然美味しくも無けりゃ、インパクトも無い。個人的には200円前後のハンバーガーと言う印象しか無かったよなあ。まあ、ビッグアメリカンシリーズの中では一番最低の商品である事には違い無いであろう!
 
てな事でマクドナルドの戦略に巧く乗せられて、結局、ビッグアメリカンシリーズ全4種類とも食べたのだが、個人的にはソースが美味しかった”テキサスバーガー”か、私の好きな”月見バーガー”に似ている”ハワイアンバーガー”が良かったかな?とは言っても、どのビッグアメリカンシリーズも”ログキットの佐世保バーガー”の足元には遥か遠く、足元にも及ばないとは思うけど(その分、値段は倍以上するけど)。やっぱ、ハンバーガーも値段に比例?するような気が・・・。

WordPress.com Blog.