義史のB型ワールド

2010年4月1日

信州そばのお店で”かつとじ定食”食べた!でも定食系は290円均一じゃ無いのよね。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:25 PM
 
代理人記録
 
学生時代及び、某会社の新入社員時代、良く行っていた大阪・日本橋の電器屋さん街に、ちょっと有名なカツ丼屋さん『こけし』がある。特に学生時代は日本橋でお手軽に食事をするお店がほとんど無く、日本橋の電器屋界隈で昼飯を食べるならそこしか無いと言っても過言では無いカツ丼屋さんだった。また今は亡き先代のおっさんの愛想の良い気さくな対応等も名物の一つでもあり、社会人になってからもお得意先の接待でカツ丼を出前してもらったりもしていた。そのカツ丼のお店「こけし」の名物メニューに、カツ丼の上の玉子とカツの部分とご飯が別になった、セパレートと言うメニューがあった。要は”カツ丼の具とご飯が別”なだけなのだけど「こけし」ではセパレートと言う名のメニューになっていて、カツ丼に飽きた時、偶に注文するメニューであった。
 
次に大阪・法善寺横丁にこれまたカツ丼が美味しくてしかも安い事で有名な、その名も『喝鈍』と言うストレートな名前のお店がある。このお店の最大の特徴は、看板メニューであるカツ丼を注文すると、これまたカツ丼の具の部分とご飯の部分が別々に出て来る。店主に寄ると、ご飯にも自身があるので、カツ丼の汁がかかって無い状態で、一度、ご飯(お米)を味わって欲しいから・・・、と言うのがその理由で、最初にカツ丼の具とご飯を別々に食べた後は、自分で普通の”カツ丼”にして食べるも好し、そのまま”かつとじ”で食べるのも好し、ってのがそのお店のスタイルでもある。(『喝鈍』は梅田のスカイビルの地下のレストラン街に支店がある。)
 
てな事で、意外と”カツ丼”を”かつとじ風”で食べさせる?お店が結構あるのだが、この近辺にはそう言った食べ方を勧める”カツ丼屋”はあまり聞いた事が無い。そんな事をあれこれ考えていると、ふと、最近時々行っている『信州そば玄蕃庵/加古川店』の”おすすめ定食”メニューの中に”かつとじ定食”があった事を思い出したので、”最近、カツ丼は偶に食べるがかつとじって長い間食べて無いなあ・・・”って事で、またまた近所の幼馴染と夕飯を食べに行った際に”かつとじ定食”を食べてみた。
 

こちらがまたまた行って来た『信州そば玄蕃庵/加古川店』。『玄うどん・本家さぬきや』から業態変更?して数ヶ月経ったって事もあってか、はたまた平日の夜って事もあってか、やはり店内は閑散としているような雰囲気。元々、播州近辺で信州そばを食べる習慣があまり無いし、ましてや、ランチライムは兎も角、ディナータイムに信州そばを目当てに来る客は少ないのだろう(その割には『出石そばの文楽』は夜でもそこそこ客が入っているような気はするが・・・)。このお店も長続きしそうに無い気配が漂っているような・・・。
 

それは兎も角として、こちらが”玄蕃庵のおすすめ定食”のメニュー。今回は上で書いたように、お店に行く前から”かつとじ定食”を食べる事に決め打ちしていたので迷う事無く、そちらをオーダーしたのだけど、”とり天丼”とか”トンテキ定食”とか、他にもちょっと気になるメニューが何種類かあることにはある・・・。
 

で、こちらがこの日食べた”玄蕃庵のかつとじ定食”で、メインの”かつとじ”の他、お店の看板メニューである本十割そばと小鉢とご飯が付いて税別価格750円也。最近、他の記事でも書いたような気がするが、こんなにボリュームは要らんので、おそばを味噌汁に変えてもらって値段を下げてもらった方が嬉しいような気がする。でも、お店が信州そばのお店なので、そば抜きじゃあ、意味が無いのかも知れないが・・・。
 

こちらがメインの”かつとじ”で見た目は極々普通。上でも書いたように、私が”かつとじ”を食べるのは久々で、前回似たような料理を食べたのは、数年前にカツ丼チェーンの”かつや”で食べた”豚すきカツ鍋”ぐらいしか記憶に無いような・・・。とは言うものの、”カツ丼”や親子丼”はしょっちゅう食べているから、玉子とじ料理自体は、そんなに久々と言う感覚は無いような気もするけど・・・。
 

で、”かつとじ”のメインであるトンカツはこんな感じ。肉厚的にはやや薄いような。しかも、お出汁がつゆだく状態なので、トンカツには十分過ぎるぐらい、お出汁が滲みていて、肉の味と言うよりお出汁の味ばっかり、みたいな。でもまあ玉子の半熟度もそれなりだし、甘めのお出汁も当たり外れの無い味で、全体的には可も無く不可も無く・・・、みたいな”かつとじ”だったかな。
 

続いて”かつとじ定食”のセットに付いていた”ミニ本十割そば”はこんな感じ。セイロ(ざるそば)スタイルでは無く、最初からおつゆとかけた、ぶっかけそばになっている。個人的には、おつゆに浸して食べるそばより、お出汁ごと飲み干せるぶっかけ系のそばの方が好きだし、薬味に天カスも入っていて、以前食べた”セイロそば”より、今回の”ぶっかけそば”の方が美味しかったような気がする(そば自体は一緒なので、おつゆの加減とも言えるのだが・・・。)
 
今回食べた”かつとじ定食”には他に小鉢も付いていて、中身を見ると”冷奴”だった。この日も来店と同時に生ビールを頼んでいたのでどうせなら、この”冷奴”だけを先に持って来て欲しかったような気がする・・・。
 
てな事で、またまた『信州そば玄蕃庵/加古川店』に行ってしまったのだが、今回食べた”かつとじ定食”は”ぶっかけそば”も付いて750円だから、ある意味”カツ丼チェーンのかつや”よりもリーズナブルな気はする。まあ、味はどっちもどっち・・・、な感じなので得にお勧めるすと言う訳では無いのだけど・・・。それにしてもこのお店、もうちょっとメニューに何か個性を加えないと危ないような気がするのだが・・・。

映画『シャーロック・ホームズ』観て来た。主役はアイアンマンとスカイキャプテン???

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 7:59 PM
 
代理人記録
 
冬休みが終わった?と思ったら、何時の間にやら既に世間は春休み?そんな事もあって、私の大好きな映画館は子供映画のオンパレードで、折角の映画の日なのに、観たい映画が一本も無い。って事で、今日の映画の日はお休み・・・。
 
でも折角の映画の日?って事で、先日観て来たばかりの映画『シャーロック・ホームズ』をご紹介。探偵小説『シャーロック・ホームズ』は超有名だが、よくよく考えると、私は原作を読んだ記憶が無い。唯一、ホームズで思い出すと言えば、スピルバーグ製作総指揮の映画ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』と言う映画を観に行ったぐらい。あの映画ってタイトルが象徴しているように純粋な『シャーロック・ホームズ』映画とは言い難いものだったが・・・。
 

で、今回観に行った映画も、少し前から公開を楽しみにしていたので、何時の如く、事前情報を全く要れ無い状態で観に行った。探偵が活躍する推理小説?と言うイメージがあったので、会話や人間ドラマ重視の地味な展開の映画?と言う風に思っていた(例えば、名探偵ポワロ・シリーズみたいな映画)のだが、蓋を開けてみると、冒頭から行き成り活劇風のアクションが展開。後から知ったが、本来の『シャーロック・ホームズ』はどちらかと言うと筋肉隆々の肉体派?って事で、この映画の主人公は、まさにブルース・リー如くのアクションヒーローばりの格闘家で、これがホームズ・ファンの間でも賛否両論になっているとの事。個人的には地味な展開よりもそれなりのアクションシーンがある方が観ていて楽しいので、こう言った展開は大歓迎。
 
で、今回の主演の二人も、何処かで見た事があるようで、中々思い出せない。結局、エンドクレジットの配役名で確認したらホームズはロバート・ダウニー・Jrで、ワトソンはジュード・ロウとの事。この二人って・・・、私の大好きなSFアクション映画『アイアンマン』と『スカイ・キャプテン』じゃん!!!ロバート・ダウニー・Jrは『アイアンマン』を観た時は大柄なイメージがあり、今回のホームズはどちらかと言うと小柄な印象を受けたので、全然気が付かなかった。ジュード・ロウに関しては『スカイ・キャプテン』とは全然違った役どころだったので、気付かなくても当たり前?だったかも。
 

それは兎も角として映画の内容はと言えば、『シャーロック・ホームズ』が主人公って事で舞台設定は1900年前後。そんな事もあり、昔のロンドン(だっけ?)を再現したCGチックな街並みも沢山出て来て、そう言ったシーンを観ているだけでも中々楽しめる
 

映画のクライマックスは上でも書いたように、オーソドックスではあるが悪者との対決アクションシーンがあって、全体的な印象としては探偵捜査の地味さと冒険活劇の派手さの両方を兼ね備えた映画のようだ。
 
最近になって解禁された映画のCM第2弾で、少しだけ紹介されているが、映画中盤にはCG満載の大迫力シーンもあって見応えは十分。しかも悪魔儀式に絡むミステリアスな、あるいは超常現象的な事件がストーリーって事で、X-ファイルみたいに全て謎のまま終わるのか?と思っていたら、流石、探偵小説が原作、全ての事件のトリックや仕掛け等の謎解きあって観ている観客も納得(ただ、その代わり、随所に散りばめられた伏線を見逃すと、頭の中が???だらけになってしまう可能性もあるのだが)。そして、映画の最後ではホームズファンであれば知っているはず?の宿敵登場!っぽい感じでジ・エンド。明らかに、続編作るぞ!みたいな終わり方だった・・・。何れにしても大きな期待を持って無かった分、結構面白かった3D映画も楽しいけど、やっぱ映画の中身はストーリー?だよねえ・・・、と思ってしまうのであった。
 
てな事で、今年は”アバター”一色で幕を開けた洋画界で、しかもアカデミー作品賞を受賞した”ハート・ロッカー”はワーナーマイカル加古川では上映して無いし、姫路でも5月からの上映予定・・・。まあ春休みと言う時期は毎年、子供向き映画に占領されてしまうのが常であるが、何か一本ぐらい大人が観て楽しめる映画を用意して欲しかったなあ・・・。来月の映画の日も5月1日、GWウィーク真っ盛りって事で、子供向き映画が多そうな気もするが、その日は、密かに楽しみにしている”ゼブラーマン2”の初日でもあるので個人的には”ゼブラーマン2”を観に行ってしまうかも・・・。

WordPress.com Blog.