義史のB型ワールド

2010年3月31日

久々に鮨の与多呂に行って来た!でもマグロ規制の影響か、トロは赤身のようだった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:22 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に久々に『鮨の与多呂』に行こうとしたら、連休中にも関わらず定休日って事でお休み。そんな事もあって延期になってしまったのだが、その一週間後、当初の計画通り、久々に『鮨・与多呂』に行って来た。
 

こちらが最近、ご無沙汰していた加古川市役所近くにある『鮨・与多呂』で、約10ヶ月ぶりの訪問となる。この日は土曜日のランチタイムど真ん中と言う時間帯だったが、他に客一組も無し。不景気?が影響しているのか、昼間から鮨を食べに来る人が減ったのかな?
 

で、この日も注文したのは何時ものように”特上にぎり”、3150円也。握り鮨6貫に、ウニの軍艦巻きと蒸し穴子の海苔巻きで、基本的に内容も何時も変わらない。
 

握り鮨6貫はこんな感じで、烏賊、マグロ、鯛、海老、はまち(ぶり?)、もう一品、白身魚の6貫。その中で唯一?私の関心を引くのは奥の真ん中にあるマグロのトロなのだが・・・。
 

私の大好きなトロが・・・、うーん・・・、見た目が全然トロっぽく無い・・・限り無くマグロの赤身に見える。実際に食べてみてもトロけるような食感はあまり無い。完全に赤身・・・、良く言ったとしても安物の中とろの様。偶々この日だけの事なのか、あるいは値上げをしない代わりにネタの質を下げたのかな?どちらにしても、もう10回近くは来ている鮨・与多呂』で今まで食べたトロ?と言うか今回は赤身?としては過去最低のネタだった。私の唯一の楽しみなのにね・・・、残念!!!
 

トロが無い???って事で残念がっていたら、ウニがあまり好きじゃ無い叔父からウニが廻って来た。特別私がウニ好きって事では無いが、普通に美味しいウニだった。でもこんなんだけじゃあ、トロの代わりには全然成らないけど・・・。
 

この日の特上にぎり”がトロでは無く赤身だったから・・・、って事は関係無くビールを飲まなくなってから時々頼んでいる”お吸い物”が結構高い(確か500円する)って事で、今回はお吸い物の代わりに”穴子の箱寿司”を食べよう!って事で頼んだのが、こちらの”上箱(穴子)”、2600円也。”穴子の箱寿司”には並バージョンもあるのだが、我が一族の事なので、当然の如く上をオーダー。値段が倍ほど違うのだけど、何が違うのは不明だけど・・・。
 
で、こちらが”上箱(穴子)”・・・、と言うか穴子の箱寿司。ご飯の間には煮込んだ椎茸?も入っている。穴子はふっくらとして柔らかく、甘めのタレもたっぷりで中々美味しいトロが無かった分、これで我慢?って事になったかどうかは微妙なとこだが・・・。
 
てな事で久々に大好きなお店『鮨・与多呂』に行って来たのだが、御覧の通り、私の大好きなトロが無かった・・・。どうせならちょっと前にスーパーで買った”大とろの刺身”を持って来て、握り鮨にして貰った方が良かったかも。『鮨・与多呂』の”特上にぎり”は海老も茹でた海老だし・・・、何かトロがこんな調子が続くようだと、明石か西神にも支店がある『菊水』の方がエエような気がして来た。淡路にある人気の鮨店『林屋』も復活していると言う話だし、また『林屋』にも行ってみたい気がする。まあ、『鮨・与多呂』側からすると、大とろ食べたかったら、カウンター席に座って、時価で鮨を食え!って事なのかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.