義史のB型ワールド

2010年3月30日

久々のマペットでこの日も牛肉では無く、鶏肉料理を食べた!ソースが微妙に好みじゃ無いかも・・・。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 8:54 PM
 
代理人記録
 
とある休日、久々に『与多呂』へ鮨を食べに行こう!と言う話がまとまったのだが、事前に予約の電話を入れたら連休期間中であるにも関わらず定休日で休みとの事。何と無く『新在家ラーメンもんど』みたい・・・、と思いつつ、鮨を食べるのは持ち越しとなった。そうなると行くお店が無くなってしまった・・・。てな事で、そんな時の定番?とも言える、伊保のレストラン『マペット』にまたまた行って来た。
 

こちらが元・ご近所さんが経営しているレストラン『マペット』で、前回の訪問は昨年の4月なので約11ヶ月の訪問だが、何だかんだと言いつつも毎年一回以上は行っている、結構な常連客でもある。この日は連休期間中のランチタイムって事もあってか、我々が入店した後から、続々とお客さんがやって来て、予想以上に店内は賑わっていた。このお店のランチは1050円からあるので、ランチタイムはそこそこ流行っているようだ。
 

こちらが『マペット』の入口に置かれている何時ものメニューボード。基本的には何時行っても同じ事が書いてあるような気がする。1050円ランチコースの内容も前回訪問時と全く一緒・・・、ってリピータ客を呼ぶ気が無いような風にも思えてしまう・・・。
 

店内で提供されるメニューにはもう少し詳しい内容が書いてある。そんな中、我々が食べるのは、やはりオードブルからメインディッシュまで一通り揃ったプチコースになっている”季節のコース”。でも牛肉系のメニューって何時も食べてるし、前回訪問時は3番の”エビと貝柱のクレープ包み”を食べたし・・・、って事で今回は私だけ、牛肉でも海老でも無い、1番の”平飼い鶏の煮込みプロヴァンス風”をチョイス(”季節のコース”のメニューの中で、このメニューだけ2100円と一番安い・・・)。
 

まず最初に運ばれて来たのが、こちらのシェフおまかせ3種オードブル”。今までは丸いお皿だったり、正方形のプレート皿だったのだが、今回は横長のお皿に盛り付けられている。前回の記事を読み直すと・・・、オードブルは4品あったから、実質1品減っているようだ。コースの値段は変わって無いから、品数を減らしてコストダウン?したのかな?しかも基本的には、オードブルの内容もあまり変わって無いように見えるし・・・。
 
で、元・ご近所さんであるこのお店のオーナーの奥さんが、一品ずつ料理の説明をしてくれたのだが、一切、記憶に残って無い。まあ、何チャラソースって一杯言われても覚えられるわけ無いよねえ。どっかに書いて置いて欲しいぐらいだ。てな事で、とりあえず”シェフおまかせ3種オードブル”を左側から適当にご紹介!
 

まずは”サーモンのカルパッチョ”。ここ最近の『マペット』のオードブルには必ずと言っていいほど定番になっている一品だ。まあ普通に美味しいサーモンではあるが、ちょっと芸が無いような気もして来た・・・。
 

続いて真ん中にあったのが”平飼い鶏の玉子に海老”を乗せた特製のタルタルソース?を掛けたような一品。付け合せの野菜とかの説明もしてくれたような気もするが、全然覚えて無い。まあ、普通に美味しいゆで卵と海老?みたいな感じだったかな?
 

シェフおまかせ3種オードブル”の3品目は、これまた最近の定番となっている”鯛の燻製と季節の野菜”。基本的には野菜の種類が変わるだけで、こちらも何時もの”鯛の燻製”みたいな感じかな。
 

続いて運ばれて来たのは”有機野菜のクリームスープ”。あっさりとした口あたりの無難なスープと言う印象ではあったが、まあ普通に美味しいスープである。
 

スープの後は、定番の”サラダ”。御覧の通り、メチャメチャシンプルな”サラダ”だ。
 

そしていよいよ、この日のメインディッシュである”平飼い鶏の煮込みプロヴァンス風”が登場!以前食べた”阿波鶏モモ肉のロースト”とは、当たり前?だけど、鶏肉の種類も、ソースも全然違う。また平飼い鶏の他に温野菜が添えられていて、見た目の演出もされている。ちなみに”プロヴァンス風”とは”オリーブオイル、にんにく、ハーブなどを多様した料理”の事らしい。
 

メインの”平飼い鶏の煮込みプロヴァンス風”はこんな感じ。鶏肉の上には椎茸、シメジ、玉葱などを添えた物が乗っている。で、鶏肉にかかったソースはやや酸味のあるオレンジかトマト系のソースのようで、何と無く好き嫌いが分かれそうな味。美味しいかどうかと聞かれると、個人的には微妙な感じ。何か、もうちょっと違う味のソースの方が良かったかな?
 

ソースは兎も角として、平飼い鶏の肉は煮込み料理って事もあってか、ナイフを使わなくてもフォークだけで肉が解れるぐらいに、とても柔らかくて鶏肉自体も中々美味しい日本風の照り焼きにして食べたかった?ような気がしないでも無い・・・。ちなみにこのお店に来た時は、ほとんどパンをチョイスしていたのだが、この日は鶏肉にご飯が合いそうな気がして、ライスを選んだのだった。照り焼きの鶏とご飯は最高の組合?と思ってライスを選んだのだが、ソースがちょっとイメージした物とは違うかったのだった・・・。
 

で、この日は私だけが”鶏肉料理”を選び、しかもちょっと値段が安かった?って事で、可哀想?と言うような同情を誘い?叔母から”但馬牛ステーキ和風ソース”が二切れほど、プレゼントされて来たのだった。二切れ食べただけだが、牛肉大好きっ子である私なので、やっぱ牛肉ステーキの方が美味しいような気がした。私も素直にこの日も”但馬牛ステーキ和風ソース”を食べたら良かったかな?とちょっとだけ後悔したのであった。
 

何やかんやとメインディッシュも完食。何時ものように食後には”自家製デザート”とドリンクが付くのだが、毎回ある季節限定のデザートのメニューが見当たらない。そんな事もあり、この日は私の好きな”ごまのブランマンジェ”をチョイス。
 
こちらが私が選んだ”ごまのブランマンジェ”で、季節のデザートが無い時は、良く選ぶ、私に取っての定番のデザートになっている。メニューの説明に寄ると”ごま風味の少しきいたとてもやわらかいミルクプリンの様なデザート”との事。普通に美味しいミルクプリンなのであった。
 
てな事で、この日『マペット』に行ったのは叔母のリクエストがあったからなのだが、御覧の通り、オードブルもメイン料理も、ある意味、固定化されていて個人的にはちょっと飽きて来たような気がする。まあ、叔母は時々、加古川にある同級生が営むフレンチのお店にも行きたがるのだが、それはそれで面倒?なので、このお店に来る事が多いのだけど、どっか他にエエ店を探さないと・・・、と言う気になって来た今日この頃なのであった。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.