義史のB型ワールド

2010年3月15日

一時期はまった水餃子!今回はオーソドックスなタイプだったけど、中々美味しい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:47 PM
 
代理人記録
 
佐世保バーガー伊勢海老弁当、それに鯨かつを心行くまで堪能したヤマトヤシキ加古川店で開催されていた『長崎県の物産と観光展』であるが、この日は叔母が”鯖の棒鮨””水餃子”食べたい!と言うので三度出撃!私は”鯖鮨”は食べ無いので今回は”水餃子”をご紹介。
 
水餃子”と言えば、その昔、私が大阪に住んでいた頃に会社の近く・・・、と言うか寮の近くにあった中華料理屋さんで良く食べていた”水餃子”が私の中では基準となっていてその”水餃子”はスープに入ったタイプだった。しかしその後、他のお店で食べた”水餃子”は所謂一般的な、茹で上げた餃子をポン酢を漬けて食べるタイプだった事もあり、ちょっと”水餃子”に関心が出て、それ以降、出張の度に全国各地あちこちで”水餃子”を食べたのだが、最終的にはやっぱり一番食べなれた、大阪在住時代に食べたスープの中に入った”水餃子”なのであった。
 
それは兎も角として、今回買いに行った『長崎県の物産と観光展』で売っていた『老李』の”水餃子”は、上で書いた一般的な”水餃子”で、しかもお店の説明では、何も漬けずに食べても美味しい”水餃子”なんだとか。地新聞折込チラシの説明には”一晩寝かせた二度ねりの皮。にんにく無使用で肉汁たっぷりの水餃子”と書かれてあった。
 
こちらがこの日買って来た『老李』の◎水餃子(20個入)[税込]1,050円。水餃子なので焼き餃子と単純に比較出来ないが一人前5個だと思うと、一人前250円の計算なので、そんなに高くは無い。一人前が10個で計算すると500円・・・、って事で思ったほど高い訳では無いような・・・。
 
袋を開けると中から現れたのは一見すると”マルちゃんの肉入りワンタン”に見えなくも無い。一応、冷凍されているのだが、このまま熱湯に入れて湯掻くだけでオーケーらしい。てな事で、この日は叔父・叔母家に居たので、このまま全部を調理して食べる事に。
 
ちなみに、元々、中国で餃子と言えば、蒸し餃子か水餃子が基本なので、日本でもそこいらに水餃子が食べれるお店があるのだが、今回買った『老李』の水餃子は、上でも書いたように、タレを一切何も漬けなくても味がちゃんと付いていると言うのが、最大の特徴らしい。
 
で、こちらが完成した・・・、と言うか茹で上がった水餃子。試しに、何も漬けずにそのまま口に運んでみると・・・、確かに肉汁が溢れてそのままでも味が付いている美味しい餃子だ。この日は、叔父手製のポン酢も漬けて食べてみたけど、ポン酢が無しでそのまま食べても十分美味しかった。この水餃子はまた食べてみたいと思う味だった。
 
 
 
ちなみに、この日、叔母が食べたいと言った”五島鬼鯖棒鮨”のチラシはこんな感じ。それを読むと”島近海で水揚げされた新鮮な真鯖を使い独自の旨酢に浅く漬け込み、鯖本来の旨味を引き出しました”との事。まあ、これを読んだだけじゃあ、普通の鯖鮨と何が違うのか、イマイチ良く判らんのだが・・・。
 
実際に買った”五島鬼鯖棒鮨”は値段がちょっと高いって事もあって、箱入りになっている。で、箱の表紙に書いてある”天然おにさば”の由来と言うと・・・、五島列島の中の何処かの島に鬼岳ってのがあって、その近海で取れた鯖って事で鬼岳に因んでネーミングされたらしい・・・。まあ、ブランド戦略の一環でんな。
 
箱の中身はこんな感じで、◎五島鬼鯖棒鮨(1本)[税込]2,730円也。販売元の説明に寄ると”通常のしめ鯖と異なり、旨酢に浅く漬け込むことで、新鮮な鯖、本来の、生に近い旨味を強く引き出している”との事。端っこを見ただけでは鯖が上に乗っているだけ?のように見えたが、これは端っ子だけで実際は鯖が二段になって入っていて、中々豪華。写真を撮ろうとしたら、バッテリー切れで・・・。まあ、私は鯖鮨は嫌いなので、どうでもエエ?と言う気持ちが携帯電話にも判ったのかな?
 
 
で、『長崎県の物産と観光展』の会場で3000円以上買物をすると抽選出来るのだが、それで当ったのがこちらの”うに豆”。御覧のように”そら豆に栄養分いっぱいのうにを衣にした豆菓子”で、値段を調べると普通に買うと370円也。どうでもエエような豆菓子だったのだが、我が叔母はえらくこの”うに豆”がお気に入りの様子。下手すると”鬼鯖鮨”や”水餃子”よりも、この”うに豆”が一番喜んでいたようにも見えた。まあ、人それぞれ好みがあるもんで・・・。
 
てな事で、今回の『長崎県の物産と観光展』は佐世保バーガーに始まり、伊勢海老弁当鯨カツ&鯨竜田揚げ、そして水餃子に鯖鮨と、何時も以上に『長崎県の物産と観光展』を堪能したのであった。でもふと気が付くと、以前は良く特設茶屋で出店していた”長崎ちゃんぽん皿うどん”のお店が無くなってしまったのが寂しい。冷凍版とかお土産用は売っていたけど、やっぱ特設茶屋でもエエから本物が食べたいからねえ・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.