義史のB型ワールド

2010年3月9日

伊勢海老大好きなので、思わず買ってしまったがやっぱそれなりの味・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:43 PM
 
代理人記録
 
昨日、ヤマトヤシキ加古川店で行われていた『長崎県の物産と観光展』で佐世保バーガーを食べた事を紹介したが、それ以外にも私の興味をそそる美味しそうな物が目白押し!って事で、後日、再び『長崎県の物産と観光展』に行って来た。
 

この日のお目当ては前日、佐世保バーガーを買いに来た時から気になっていた私の大好きな伊勢海老を使った”ホテル咲き都の伊勢エビ弁当”。前日来た時に美味しそうな伊勢海老をマジマジと眺めていると売場のおねえさんが”伊勢エビのスープ”の試飲をさせてくれたのだが、この日は弁当を買っても何のサービスは無かった伊勢海老の身を試食させろ!とは言わないが、もう一度伊勢エビのスープ”が飲みたかった気分。
 

そしてこちらが買って帰った”ホテル咲き都/伊勢エビ弁当”で、通常価格は税込み価格は1470円なのだが、この日はお得なセール?があって210円引きで1260円也。所謂、駅弁と考えてもちょっと高いが、私の大好きな伊勢海老って事で、ぎりぎりセーフなお値段かも?これ以上、高かったら流石の私でも買わないような気がする。
 

で、こちらがメインの”伊勢エビ”。流石にこのお値段だし弁当?って事で、伊勢海老は半身だし、大きさもそれほど大きくは無い。何時ぞや食べた一匹380円の小さな伊勢エビよりは遥かに大きいが、雰囲気的には結婚式の披露宴の料理に出て来るような感じの大きさで、やはりどう観ても伊勢エビ的には小さい部類。十年ぐらい前に行った伊勢旅行の際にホテルで目の前で焼いて行く間にどんどんと小さくなって行った伊勢海老を思い出すような大きさだったかな?
 

その貴重な”伊勢エビ”の身を箸で摘むと簡単に殻から身が剥がれて食べやすい。しかしその味は、若干、海の香りの残る安っぽい味で、私の期待する”伊勢エビ”の味とは、ほど遠い物があった。まあ値段が値段だし、物産展の会場で売っているって事で、多くの期待をしては行けないことは重々承知した上での事なのであったが、やっぱ気持ち的には少し残念な味だったと言える。やっぱ伊勢海老を食べるなら中納言で食べるのが間違い無いよねえ・・・。
 
折角なので食べ終えた”伊勢エビ”のお顔?も御覧あれ。味的にはちょっとガッカリな味ではあったが、”伊勢エビ”を使った弁当?はちょっと珍しいので、これはこれで楽しかったかも。しかしこうなって来ると久々に中納言で伊勢海老が食べたい!と思うのであった。
広告

WordPress.com Blog.