義史のB型ワールド

2010年3月3日

カップヌードル生誕百周年記念???ん?カップヌードルって100年前からあった???

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 9:33 PM
 
代理人記録
 
スーパーで買物をしているみなさんは既にご存知かも知れないが、今、スーパーのカップ麺売場に行くと”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”と言うカップヌードルが、しかもカップヌードル誕生の時と同じ100円と言う価格で売られている。更にスーパー・トーホーの10%引きセールの日に買うと90円なので、これはお得?って事で、早々買ってみた。
 

こちらが”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”の売場、その記念パッケージのカップヌードル。しかし、よくよく考えてみるとカップヌードルが出来たのって、確か我々が小学生高学年か中学生の頃だったよなあ・・・、私ってもう百歳超えたんだっけ?と思ってよくよく説明を読むと”日清食品の創業者で、インスタントラーメンの発明者である安藤百福 (あんどう ももふく) の生誕百年を記念”のパッケージらしい。何か紛らわしい書き方だよねえ・・・。商品説明に偽りあり?と言われてもおかしくないような表現だ。
 
ところでカップ麺好きなら知らない人は居ない安藤百福さんと、あの博多一風堂の社長とがタイアップして池田にある日清ラーメン発明記念館の近くに、生のチキンラーメンを食べさせる?とかでオープンした『麺翁 百福亭』ってのがあって、私も6、7年前に遥々、大阪・池田まで食べに行った事がある(大阪に住んでいた甥っ子の車で大阪からの帰りに寄っただけとも言えるが・・・)のだが、何かイメージしていたチキンラーメンとは全然違うものだったのよねえ・・・。まあ安藤百福=チキンラーメンだもんなあ・・・。
 

てな事で当然の如く、”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”の横には、これまた”安藤百福生誕百年記念”のチキンラーメンも売られている。その他、”百福長寿麺”とか言うカップ麺も売られていたが、そちらは馴染みの無いカップ麺だったので、今回は購入を見送る事に。
 

で、こちらが買って帰った”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”と家に貯蔵していた従来型のカップヌードルとの比較。記念パッケージの方には”安藤百福のイラスト”が描かれては居るものの、得に大きく違うとも思えない。私の頭の中では”カップヌードル誕生時のデザインを再現したカップヌードル”と言う思い込みがあったのだが、どうやらそうでは無いらしい・・・。
 

も一つ気になったのは”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”って事でもしかすると中の具材のお肉がコロコロチャーシューでは無く、誕生当時のミンチ肉?に戻ってるかも?と楽しみにしていたのだが、中の具材は最新のカップヌードルと同じだった。でも気持ち、ちょっと量が少ないような印象を受けたのだけど、それは気のせいなのかな?
 

で、上で書いたように”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”の横にチキンラーメンも売っていたので折角なのでそちらも買ってみた。
 

カップヌードルが100円だったのと同様に、チキンラーメンも発売当時のお値段って事で一食35円也。本当は5食も要らなかったのだけど5食パックしか売って無かったので致し方無く・・・、でも5食でも175円と、これまた安い!
 
買って帰って袋を開けると、5色パックの中身もこれまた”安藤百福のイラスト”入りの袋だった。当然、チキンラーメン自体は通常売っているものと何ら変わりの無い普通のチキンラーメンだったけど・・・。
 
てな事で、”カップヌードル生誕百周年記念パッケージ”と言う非常に紛らわしい宣伝文句に釣られて思わず買ってしまったけど、カップヌードルが100円だしチキンラーメンも一食35円って事でお得な事には違い無いので、まだお買い求めで無い方はこのチャンスにぜひどうぞ。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.