義史のB型ワールド

2010年3月1日

讃岐うどんのお店で何故か大阪名物かすうどん食べた!ちょっと値段は高いが中々旨い!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
加古川市役所近くの、うどん屋さん激戦区に9年ぐらい前に誕生したのが『讃岐めん・うどんや』。その半年ぐらい前に、今や知らない人は居ない『丸亀製麺』の一号店が出来たばかりの頃で、こんな至近距離に立て続けに、しかもセルフ形式の似たようなお店をようだすなあ・・・、と思ったのだが個人的には麺も出汁も私の好みに合っていたので『丸亀製麺』より『讃岐めん・うどんや』の方が好きって事もあり、今でも時々利用しているのだが、最近になってまたまた新メニューが登場したと小耳に挟んだので久々に行ってみた。
 

こちらが久々に行った加古川市役所近辺のうどん屋激戦区の一角にある『讃岐めんうどんや』。このブログでも度々紹介してるのですっかり御馴染みのお店だが、ここ数ヶ月間、うどんと言えば『池田製麺所/真心うどん』の本店とか米田平津店ばかり行っていたので、このお店に来るのは久々だ。
 
お店の扉を開けて店内に入るとすぐさま目に飛び込んで来たのがこの新メニューである”かすうどん”のメニュー張り出し。以前、この位置に張ってあった”国産牛の肉うどん”はレギュラーメニューの仲間入りを果たしたので、この張り出しメニューの中からは消えてしまった。その他、以前は冬季限定の鍋焼きうどんのメニューも張り出してあったのだが、今回は鍋焼きうどんのメニューは見当たらなかった。
 

ちなみに”かすうどん”の”かす”とは”牛の小腸を油でじっくりと時間をかけて揚げたもの”で、最近は大阪のうどんやでこの”かすうどん”を出すお店が増えて来て”かすうどん”専門店まで出来ている。個人的にはホルモン系はあまり好きでは無いので好んで食べたいとは思わないのだが”かすうどん”て未だ食べた事無いし、私の大好きな『讃岐めん・うどんや』が出すメニューに外れは無いので安心して注文出来るのであった。
 

で、こちらがこの日食べた大阪名物”かすうどん”と、それだけでは寂しかろうとうとセットで食べた”おにぎり”一個。うどんの出汁とおにぎりの塩加減の絶妙な組合せが、昔から大好きな私なのだ。ちなみに今回食べた”かすうどん”は入口入って直ぐの注文コーナーで頼み、先に会計を済ませた後に席まで運んでくれる。かけうどんに”かす”をトッピングするだけでは無く、どうやらお鍋でひと煮立ちさせるようだ。
 

そしてメインとも言える”かすうどん”、600円はこんな感じ。このお店はセルフ形式の格安うどん屋さんなので、トッピングが一切無いかけうどんは280円なので、”かす”のトッピング代は差額計算で320円と言う事になる。これはこのお店の”国産和牛の肉うどん”や”鍋焼きうどん”と同じ値段なので如何にその”かす”のトッピング代が高い事が伺えよう。
 
で、パッと見た感じ”きざみアゲのうどん”のように見えるが、こちらがれっきとした”かすうどん”だ。320円のトッピング代の割りに、その量はちょっと少ないような気がする。その味と食感であるが、何と無くスルメの天ぷらっぽいような感じで、肉うどんと天カスうどんを足して2で割ったような印象。でも麺とお出汁とネギは何時もの『讃岐めん・うどんや』の味だったので全体的に美味しいうどんだった。
 
てな事で讃岐めん・うどんやの新メニューである大阪名物の”かすうどん”を食べてみたのだけど、個人的には肉好きって事もあり、やっぱり普通に国産和牛の肉うどんの方が美味しいような気がする。何より値段が同じなので、やっぱ国産和牛の肉”の方がエエでしょう!まあ、どっちにしても讃岐めん・うどんやおうどんが美味しい事だけは違い無い
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。