義史のB型ワールド

2010年2月24日

中華そば天下一品で豚丼???ちょっと気になっていたので食べてみた!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:59 午後
 
代理人記録
 
毎年、10月1日の天一の日と、その日に貰えるラーメン無料券を使いに行く時ぐらいしか行かなくなった中華そばのお店『天下一品』であるが、大阪在住の頃や京都在住の若かりし頃には餃子定食や唐揚げ定食等を食べに良く行っていた。最近こそ、天一の定食系は全く食べ無くなったのだが、天一の加古川店1年半ぐらい前から日替り定食が始まったので、時々日替り定食は食べるようになった。
 
そんな天一加古川店日替り定食なのだが、昨年の天一の日に行くと日替りランチのメニューが一昨年と若干変わっていて、その中に”豚丼”があり、個人的に”帯広名物豚丼”フリークでもあるのでその日以来気になっていたのだが、月曜日限定のメニューって事で、中々日が合わなかったのだが、先日、月曜日の昼の外出したので、その日替り定食豚丼を食べに行って来た。
 

こちらがすっかり御馴染みの『天下一品/加古川店』。私が京都から帰って来た後、私の後を追いかけて来たかのようにしてオープンしたので、加古川店が誕生してから彼是15~16年になる。今や全国に200~300程のお店を構える天一ではあるが、西二見にあった天一は何故か閉店してしまったりして、結構、浮き沈みの激しいラーメン屋さんでもある。そんな中でも何故か加古川店は未だ結構流行っているようで、この日もランチタイムって事もあってか、ビジネスマンや肉体労働者風の客を中心にそこそこ賑わっていた。
 

で、こちらが”月曜日の日替り定食”のメニューである”豚丼定食”。最近は少食だし、WiiFitで減量中って事もあり、ラーメン抜きの豚丼単品で十分なんだけど、日替り定食って事でそう言うわけには行かない。まあ、天一のラーメンって若干少な目だから、スープとご飯をちょこっと残せば何とかなるかな?って事で、予定通り”豚丼定食”を注文!
 

まもなくして運ばれて来たのがこちらの”豚丼定食”、税込み価格で890円也。御覧の通り、ラーメンは普通に一人前あるし、豚丼もミニサイズでは無い、フルサイズのどんぶりだ。10年ぐらい前ならこの程度でも全然平気だったけど最近はこれだけの量を食べるとお腹満腹どころか苦しくなってしまうからねえ・・・。
 
で、こちらが以前から一度は食べてみたかった”豚丼”で、ラーメン単品との差額を計算するとこの”豚丼”は240円と言う事になる。上でも書いたように”豚丼”と言えば北海道帯広の名物であるが、天一加古川店の豚丼は、帯広名物の豚丼では無く、どちらかと言うと牛丼チェーン店の豚丼に近く、すき焼き風の味付けで豚肉と玉ねぎを煮込んだ物をご飯の上から掛け、真ん中に生卵をトッピングしたシンプルな丼だ。しかし豚肉は安っぽいし味付けも、牛丼チェーンのタレとは違い、何かイマイチ。海苔と紅しょうがも余計。やっぱ、日替り定食のおまけの丼って事で期待する程のものでは無かった。以前食べた”酢豚定食”同様、天一加古川店の日替り定食を食べに行くのはこれを最後にして置こう!
 

ちなみに何時もの”天下一品の中華そば”はこんな感じで、この日もスープはこってりを選択。天一のこってりスープは美味しく感じる日と不味く感じる日とあるが、この日はどちらかと言うとちょっとイマイチな味だった。この日のこってりラーメンを初めて食べた客はきっと天一嫌いになるような気がする。
 
てな事で、”帯広名物の豚丼”好きな私って事もあり、前々から気になっていた天一の日替り定食の豚丼を食べに行ったのだが、案の定、期待外れな豚丼であった。まあ”帯広名物の豚丼”以外の豚丼で美味しい豚丼と言えば、お好み焼き『南風/姫路別所店』のランチにある”豚丼”かなあ・・・。何かあの豚丼が久々に食べてみたくなったので、近々行ってみようと思うのであった。 

WordPress.com Blog.