義史のB型ワールド

2010年2月23日

JR曽根駅前に新しくオープンした長浜ラーメンのお店に行ってみた。ちょっとイメージ違ったけど、まあ普通・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:43 PM
 
代理人記録
 
昨年の12月頃、確かBANBAN-TVの番組だったかでJR曽根駅前が映っていた。何と無く画面を見ていたのだが、その背景にラーメン屋の看板を偶然に発見!あれ?あんな場所にラーメン屋さんなんてあったっけ?と、その後直ぐに調べてみたら昨年の12月頃にJR曽根駅前に新しくオープンしたお店らしい。TVに偶然、看板が映った時は未だオープンして無かったみたい。てな事で、長年のラーメン好きな私なので一度は食べに行こうと思いつつも、場所的にあまり行くような所では無かったので、ずっとそのままになっていたのだが、先日、ふと頭に浮かんだ事もありブログネタも兼ねて食べに行ってみた。
 

こちらが昨年の12月頃?にJR曽根駅前に新しくオープンした『長浜ラーメン飛(とぶ)』。私がJR曽根駅前に行くのは記憶に残っている限り、十数年前の超大雪の日に先輩方と神鍋方面へスキーに行った時以来の事で、まさに十数年ぶりの事である。そんな事もあり、この場所が以前、どんな風だったのか全く持って知らないのだが、雰囲気的には以前は居酒屋さんだったような場所が改装されてラーメン屋さんになったような雰囲気である。
 
看板には”長浜ラーメン”の他に”ひろしまつけめん”の文字が・・・。ここ数年はつけ麺がちょっとしたブームになっているが、未だつけ麺ブームが起きる前に、姫路に”廣島つけ麺”のお店があり、私も食べに行った事があるのだが、”ひろしまつけめん”のつけ汁は、昨今流行の魚介系豚骨スープのつけ汁とは全く異なる、ややピリ辛の醤油系のお出汁で、個人的にはあまり好きな味では無かったので”ひろしまつけめん”には関心は薄い・・・。
 
で、恐る恐る扉を開け店内に入るとちょっと広いカウンター席と、座敷テーブル席の二つに分かれている。案の定、以前は居酒屋をやっていたお店をそのまま利用したような感じ。で、若い兄ちゃんと奥さん風の人?それとお母さんっぽいおばちゃんの3人で営業しているような様子・・・。で、この店主?らしき若い兄ちゃんは元気一杯で入店時の挨拶から食べて帰る時の見送りの掛け声まで元気一杯で中々気持ち良かった。やっぱ店主の愛想も味のうち?で、客一人一人に声を掛けるのは大事でしょうねえ・・・。
 

で、こちらが『長浜ラーメン飛(とぶ)』のメニューの一部。表の看板?通り、ラーメンの種類は”長浜ラーメン”と”ひろしまつけめん”の二種類のみでラーメンの単品メニューの方を見るとラーメンを食べた後のスープで雑炊を作る事が出来るらしい。ちょっと興味をそそられたが、やはりランチタイムにはお得な定食を食べないと損でしょう!って事で~お昼の定食~の中から選ぶ事に。無難にギョーザのセットでも・・・、と思ってみたのだが、何やら玉子焼き丼とか串カツとかの文字が見える。そう言えば、お店の中に”串カツ始めました!”の張り紙がしてあったなあ・・・。昼間は兎も角、夜に客を呼び込もうとすると、お酒のあてになるようなメニューが無いと商売がし辛いのだろう!それは兎も角、玉子焼き丼ってのはブログネタ的にも面白そうかな?と思ったのだが、同じ値段ならば玉子焼きより串カツかな?って事で、今回は串カツの定食を注文!
 

間も無くして運ばれて来たのがこちらの”長浜ラーメンとご飯と串カツ3点盛りの定食”でお値段は800円也。”らーめん八角の一口とんかつ定食”や”らぁめん力王の味噌かつセット”等でラーメンとトンカツのセット物は何度も食べているが、ラーメンと串カツのセットはもしかすると初めてかも(遥か昔に二見にあった三角ラーメンで、串カツを食べた後にラーメンを食べた事はあるが・・・。)
 

で、こちらがこのお店の看板メニュー・・・、と言うかお店の命?でもある”長浜ラーメン”で単品価格は600円也。第一印象は、きっと誰もが抱くと思うが”これが長浜ラーメン?”って言う気持ち。確かにスープを見ると白濁した豚骨ベースのスープなのだが、表面にはらー油のような物が浮いているし、しかもちょっと違和感のある刻み海苔が沢山トッピングされている。どう見てもオーソドックスな”長浜ラーメン”とは言い難い。そもそもお店の看板が”長浜ラーメン”と”ひろしまつけめん”って事でやはり本格的な”長浜ラーメン”を期待しては行けなかったのかも?
 

で、スープ自体には表面のらー油?のおかげがあるのか、豚骨の癖や臭いは全く無く非常にマイルドなスープ濃厚なこってり豚骨を期待すると肩をすかされるような印象。スープの味的には悪くは無く、まあちょっと変わった豚骨スープと言うような感じかな?チャーシューは”すがきやラーメン”のチャーシューみたいな物が3~4枚トッピングされていた。チャーシュー好きな人から見るとちょっと物足りなさを感じそうなチャーシューな気がしたけど、まあ個人的には許せる範囲かな?
 

麺は極細?に限りなく近い細麺。ただ串カツの揚がるタイミングを計って茹でたのか、若干やわやわな麺になっている。細麺の場合、硬めで頼んでも食べている間にやわやわになってくるので、普段は細麺を食べる時は硬めを指定しているのだが、このお店は注文時に麺の固さを聞いてくれなかったので、そもままノーマルな状態になってしまったのだが、その点は今後改良?する必要があると思う。あの、奥さんなのかがアルバイターなのか良く判らない若いねえちゃんが、もうちょっと積極的た応対をすればお店の活気とか何かが変わるんじゃ無いかな?と、客ながら余計な事を思ってしまうのであった・・・。
 
で、こちらが定食の”串カツ3点盛り”で、その中身は、豚肉、玉ねぎ、ソーセージの3種類。この串カツは単品だと300円するらしいので、お昼の定食がラーメンとご飯込みで800円なのは一応、お得感はある。ただ味的にはオーソドックスな串カツとも言える。単品メニューには”串カツ5点盛り”で500円ってのがあって、後2品はどんな具材が増えるのかちょっと気になる点でもある。
 
てな事で、昨年末、偶然TVに映った看板を見てそれ以来ちょっと気になっていたJR曽根駅前に新しくオープンしたラーメン屋さんに行ってみたのだが”長浜ラーメン”と名乗るにしてはちょっとどうなのかな?と言う印象だし、まして”ひろしまつけめん”がどれほど受け入れられるか、甚だ疑問だが、個人的にはブログネタと言う点で”玉子焼き丼”ってのに心引かれる物があるので、もう一、二度は行ってしまいそうな気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。