義史のB型ワールド

2010年2月8日

またまたスシローで”大とろ”三昧!でも大きさがちょっと不満・・・。

Filed under: — 代理人 @ 10:42 午後
 
代理人記録
 
ここ数ヶ月の間、鮨屋『与多呂』ともご無沙汰。そんな事もあり暫くの間、私の大好きな大とろを食べて無かった(新年会の席で一切れ食べた?)ので、こうなったら回転寿司屋の大とろでも良いや!と思いちょっと前に”くら寿司の大とろフェア”に行ったら、何とこれまた運が悪い事に”大とろ”売り切れ!
 
何か、全然”大とろ”と縁が無いなあ・・・、と思っていたら今度はスシローで”極上本鮪まつり”ってのが始まったので、久々にスシローに行って来た。
 

まずはスシローの”極上本鮪まつり”フェアの宣伝チラシから”上本鮪の大とろ”のメニューの箇所をご紹介。毎度の事ながらメニューの写真で見ると旨そうな”大とろ”なんだけど、実際にお店に行くと大きさもネタの質も全然違う事が多いのよね。でもまあ”くら寿司”と違って”大とろ”は一貫だけど値段は100円なので、多少ネタが悪くても値段で許せてしまうのよね・・・。
 

席に着いたものの、中々”大とろ”が廻って来ない。しゃあ無いので個別注文したのだが、これまた注文が混んでいるようで中々、廻って来ない。気分的には”大とろ”以外はあまり食べる気が無かったのだが、それじゃあ間が持た無いし・・・、と思ってい居た所に目の前を通過したので思わず食べたのが、こちらの”穴子一本にぎり”。”穴子一本”と言う割りに、何か小さいような気がする。余程、小さい穴子?なのかな?
 

穴子一本にぎり”を食べ終えても注文した”大とろ”はやって来ない。てな事で、再び目の前を通過した”紋甲いか”を食べてみた。パッとみた感じ、みずみずしくて新鮮なイカっぽかったので・・・。
 

そして漸く、個別に注文した”極上本鮪まつりの大とろ”が二皿廻って来た。まずはこちらの一貫目の”大とろ”。チラシには”大型サイズ!”って書いていたけど”大とろ”はそうでは無さそう?でもまあ、100円の”大とろ”だと思って食べれば許せる範囲かも。ちなみに新年会の時に振舞った”大とろ”は、あの一切れで約250円ぐらいの計算。そう考えると、スシローの”100円の大とろ”は良心的な価格なのかも知れない。
 

続いては二貫目の”極上本鮪まつりの大とろ”。こちらも一貫目同様、そこそこ美味しい”大とろ”だったかな。
 

大とろ”二貫食べたし、後はどうでもエエかな?と思いつつ目の前を廻って来る寿司を眺めていると”本ずわい蟹”が廻って来たので思わず手にしてしまった。ちょっと前にくら寿司の”かに三昧フェア”に行った時に蟹の寿司を食べたので、これまた味比べをしてみたいと思って食べたのだった。味的には観た目のマンマで、普通に”ずわい蟹”だった。
 

次は何を食べようかと思案していた所へ漸く、普通に廻って来たのがこちらの”極上本鮪まつりの大とろ”、三貫目。見た目的に中とろっぽい・・・、と言うか完全に赤身に見えなくも無いが一応”大とろ”らしく一貫しか乗って無い。先程食べたのと、どう違うか試しに食べてみたのだけど確かに脂分は少なめだったけど、味的にはそこそこ。でもやっぱ中とろレベルかな?と言うような印象
 
目の前を廻っていたので思わず手にしてしまったのだが、個人的にはちょっと不満の残る大とろ”だった。このままじゃあ、最初に食べた”大とろ”の印象も悪くなるし・・・、って事で、最後、別注文で”大とろ”を二貫追加注文!!!
 

てな事でこちらが追加オーダーして食べた”極上本鮪まつりの大とろ”、四貫目。やはり別注すると良いネタを握ってくれる?のか、先程の”大とろ”とは違い最初に食べた”大とろ”に見た目が近い、脂の乗った”大とろ”だ。サイズ的には若干の不満?はあるものの、100円って事を考えると十二分に美味しい大とろ”だった。
 
こちらは追加オーダーしたもう一貫目の”極上本鮪まつりの大とろ”で、これでこの日、五貫目の”大とろ”。四貫目同様、普通に美味しい”大とろ”だった。やっぱ私には”大とろ”しか無いねえ・・・、って事で、更に追加注文して食べようかな?と思案していたのだが、この頃になると店内はランチタイムど真ん中で大賑わい!人の動きも頻繁になって、何かゆっくりと食事しているような気分で無くなったので、このまま退席する事となった。まあ、”大とろ”を五貫食べたし、気分的には十分満足したって事もあるのだけど・・・。
 
てな事でここ何回か”くら寿司の大とろ”に振られ続けていたのだが、久々のスシローで”大とろ三昧”。確かに『与多呂』や『明石菊水』の”大とろ”に比べると、脂の乗りとか旨みとかが、若干弱いような気がするけど値段を考えると全然文句無い。何と言っても”大とろ三昧”出来るのが嬉しいし、何よりこれだけ食べて840円也。しかも、今回の”極上本鮪まつりの大とろ”は”上本鮪”って事もあるのか、最近食べた回転寿司屋の”大とろ”の中では一番美味しかったような気がしたし、十分満足してお店を後にしたのであった。

我が父が大好きだった”てりやきバーガー”も野菜たっぷりになったらしい・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:30 午後
 
代理人記録
 
マクドナルドが期間限定で発売した”テキサスバーガー”が絶好調で、一日の売上高がマクド史上最高の金額を達成したと言うニュースが世間を駆け巡る中、ライバルであるロッテリアも、マクドの影に隠れて全然知れ渡って無い?ようだけどロッテリアでも一応、新しい試みをやっていて”定番商品をブラッシュアップ”って事で、従来から売られている我が父も大好きだった”てりやきバーガー”のレタスが1.5倍になりその名も”野菜たっぷり・てりやきバーガー”に生まれ変わったのであった。
 
今回はそれに半熟の目玉焼きが加わった”野菜たっぷり・半熟タマてりバーガー”を食べてみたのでご紹介!
 

こちらが今回食べた、ロッテリア野菜たっぷり・半熟タマてりバーガーセット”で、ハンバーガーとドリンクのセットがクーポン利用で310円也。この手のセットにはフライドポテトが付いているのだが、今回のクーポンには”野菜たっぷり・半熟タマてりバーガー”にポテトとドリンクがセットになったクーポンが無かったので、今回はポテト無し。別途、追加でポテトを頼むと、割高になってしまうしねえ。
 

で、こちらがこの日食べた”野菜たっぷり・半熟タマてりバーガー”。確かにちょっと前に食べた値段の高い”絶妙BLTバーガー”と比べてみてもレタスの量は遥かに多くて、まさにたっぷりと入っている。しかしよくよく考えてみると”野菜たっぷり”と言いつつも、その野菜って結局レタスだけのようなので”レタスたっぷりバーガー”のような気がするのだが、それってマクドの”ベーコン・レタスバーガー”に類似しているからあえてネーミングを変えているのかな?
 
で、その”野菜たっぷり・半熟タマてりバーガー”のお味だか”絶妙ハンバーガー”のような水っぽさは無く、元来からの”てりやきバーガー”の自慢のタレの旨みと、これまた私の大好きな半熟目玉焼きのとろける食感とが相まって中々美味しい。確かに今までの”てりやき半熟バーガー”より、気分的に美味しくなったような気がする。
 
こちらは今回セットに選らんだ”コーンポタージュスープ”。ロッテリアの”コーンポタージュスープ”と言えば、数年前にテイクアウトした時の事件?を思い出すが、所謂、市販の粉末タイプのスープと同じ味。そのせいもあってか、最近はマクドからスープ系のメニューが無くなっているのでロッテリアに来た時は、割りとこのスープを選ぶ事が多いのであった。
 
てな事で、世間的には”マクドのテキサスバーガー”が大ヒットする中、昔ながらのご近所さんと言う事もあり、父が良く好んで食べていた”てりやきバーガー”の進化版の”野菜たっぷり・てりやきバーガー”を食べたのだが、”てりやきバーガー”を食べるのも久々だったので結構美味しかったような気がする。最近のロッテリアはこれと言ったヒット作も無かったって事もあるのだが、やはり日本人の口に、てりやきソースがマッチしているって事なのかも知れない。そうなると、久々にマクドのてりやきバーガーも食べてみたくなって来たのだが、マクドはアメリカンバーガーフェアをやっているので、それはきっと大分先の話になるだろう・・・。

WordPress.com Blog.