義史のB型ワールド

2010年2月3日

ラーメン来来亭、TV魔法のレストラン出演記念で、ラーメンと小ライスのセットが500円也!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:09 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に放送されたTV番組『魔法のレストラン』はラーメン特集。その時にこのブログで期間限定で”天下一品のこってりラーメン”が200円引きに、そして”来来亭”にも同様のサービスがある事を紹介した。(どちらも関西一円の店舗のみのサービス。)
 
その時は、私は”天一のこってりラーメン”を食べに行くかも?みたいな事を書いたが、実際にラーメン屋へ向かう時点になって”天一、ちょっと前に食べたしなあ・・・”、”来来亭もこの前行ったけど、激辛ラーメンを食べたしなあ・・・”、って事で、ちょっと気が変わり結局は”来来亭”で普通のラーメンを食べる事にした。
 

こちらがこの日行った『来来亭/東加古川店』。加古川サザンプラザ店が無くなってから、めっきり訪問回数が減ってしまった『来来亭』であるが、行く時は一番近い?って事で東加古川店ばかりである。で、この日はTVで紹介された次の日って事もあり、混雑が予想されるので、ちょっと早めの時間で午前11時半頃にお店に行ってみた。
 
流石に満席では無かったが8割近くの席は埋まっていて、ざっと見た感じ、半分以上の客がTVで紹介されたお得な500円の”ラーメンと小ライス”のセットを食べていたような感じだった。ちなみに後から来た隣のカップルは『来来亭』の事をTVで初めて知って訪れた客のようだった。やはりTVで放映された効果は大きいようだ。
 

こちらがこの日、食べた”ラーメンと小ライス”のセットで、通常価格800円がワンコインの500円也昨年は”餃子定食”、880円(昨年の価格)が500円になったらしいので、値引率から行くとちょっと下がっている。
 

で、こちらがこの日、私が食べた”来来亭のラーメン”。毎度の事ながら”麺硬め、背脂とネギ多め”でオーダー。”来来亭”のシステムをそのまま真似たようなトリドール系列のラーメン店『丸醤屋』でネギ多めで頼んでもこれだけのネギは乗って来ない。とは言いつつも、ネギがもっと安かった頃は、”ラーメン横綱”等、ネギ入れ放題のお店が数多くあったのだけどねえ・・・。最近はネギ入れ放題のお店は少なくなったもんだ・・・。で、ラーメン自体は何時もと変わらず、私好みの背脂こってりの美味しいラーメンだった。
 
 
それから数日後?の夜、近所の幼馴染がラーメンを食べたいと言うので、未だ500円のセットに間に合う?って事で、再び『来来亭/加古川店』に出撃!ライス抜きで、500円でラーメンが食べれると考えても値段的に安いからねえ。しかしお店に到着すると、流石に満席に近い賑わいで駐車場の空き待ちをして漸く入店。値段が安い時って、日頃見かけないファミリー客や、『来来亭』初訪問客等がやって来て結構賑わうのよねえ。
 

で、こちらがこの夜の”ラーメンと小ライス”のセットで、価格はワンコインの500円也。この夜は席に着いてから、生ビールとラーメンセットを注文し、麺の固さや背脂の量を指定している間に、生ビールが運ばれて来た。流石に店内が賑わっているので、客の回転をちょっとでも良くしようと、注文が通るや否や、連係プレーで即効に生ビールを運んで来たみたい。そんな訳で、ラーメンライスが運ばれて来るのも滅茶早かった。
 
で、こちらがこの夜の”来来亭のラーメン”で、これまた何時もの如く”麺硬め、背脂とネギ多め”で注文。以前あった加古川店では醤油ダレが濃い時もあって、時々、醤油ダレ薄めで頼んだ事もあったのだが、東加古川店では今のところ、醤油ダレが濃い過ぎると言うような事は無く、この日も美味しく、ラーメンをいただきました。
 
てな事で2003年の12月に加古川へ進出して来た時は、未だ関西エリアに20店舗のお店があるか無いかと言う、ローカルラーメンチェーンだったのだが、今や関西エリアだけで無く、中部・北陸、西は中国地方まで進出して店舗数も170店以上に膨れ上がっているらしい。そこまで拡大すると希望軒』の二の舞になってしまうのでは?と心配してしまうが、私は加古川初出店時の初日から来来亭のラーメンを食べ、その時以来、ずっと来来亭のファンなので、その点から考えると、イマイチ好きに成れなかった”希望軒のラーメン”とは一線を画す味でもあるので、無用の心配かも知れない。その内、このお店も東京進出も有得るかも・・・。個人的には東京でも受ける味だと思うのだが・・・。
 
 
と、ここまで下書きを書いて投稿の準備をしていたのだが、先日の一部の方とお会いした時に話題に出たので、今は亡き”来来亭/加古川店”が2003年の年末にオープンした次の年に食べた”ネギラーメン”をご紹介。
 
こちらがその時に食べた”山盛りの九条ネギが乗った一日限定30食の名物葱ラーメン”で、お店の説明に寄ると”天然のねぎ油で仕上げた風味豊かな醤油スープに、京都九条ネギが100g以上盛られたボリューム満点のネギラーメン”との事。てんこ盛りのネギで、ほとんどネギの味しかしないようなネギラーメンなので、その後は一度も食べて無い。そんな事もあってか、一日限定30食と言いつつも、夜の時間に言っても売り切れになっている事は無く、何時でも食べれるようだ。

ポイントが溜まったので久々に北新地鳥屋であぶり焼き買った!焼きおにぎりは新メニュー???

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 6:38 PM
 
代理人記録
 
花見大会やバーベキュー大会の日等に時々買って持って行っている、アスパ高砂内にある『北新地・鳥屋』のポイントカードのポイントが溜まり500円の金券として使えるようになって居たので久々に『北新地・鳥屋』で焼き鳥を買いに行った。
 

で、以前から・・・、と言うか、初訪問の時から私のお気に入りの一品が”鶏もも肉のあぶり焼き”。ちょっと前からお店の前を通る度に観ていたので、お店に行く前から知っていたのだが”あぶり焼き”は大幅値下げ!!って事で一枚380円だったのもが、298円になったとの事。って、三年前の当ブログの記事を確認してみると、当時は320円だったやんけ?約3年の間に60円も値上げしてたんかあ・・・、知らなかった・・・。でもまあ今回の値下げはお店誕生の時よりも値下げしているので、許してあげる事にしよう!!!
 

で、こちらがお店の売場の”あぶり焼き”。ご存知?のようにあぶり焼きにはタレ焼きと塩焼きがあり、以前、管理人さん邸には味比べの意味も兼ねて、両方を買って持って行った事がある。
 

で、今回はあぶり焼きのタレ焼きを一枚だけ買ったのだが、それだけじゃ寂しかろうと”手羽焼き”も一緒に買って帰った。このお店のちょっとピリ辛の”てばから”なのだが、そちらは良く買っているので、今回は”手羽焼き”にしたのであった。序に最近、新発売になったとか言う”焼きおにぎり”も一個買ってみた。
 
で、こちらが買って帰って食べたあぶり焼きと手羽焼きと焼きおにぎり”のセット。手羽焼きは、これまた味比べで塩焼きとタレ焼きの両方を買ったのだが、塩焼きの方は、持って帰った直後におやつ代わりで食べてしまったので、お皿の上にはタレ焼きの三点セットと相成ったのであった。
 
チキンとおにぎり”のセットって言うと、時々利用しているケンタッキーフライドチキンで、似た様なセット(”香り揚げ醤油チキンセット”とか”ケチャップライスとチキンのセット”)を食べて来たが、まさに今回のセットは、ケンタッキーフライドチキンの『北新地・鳥屋』とも言える感じのセットなのであった。
 
味的には、私自身が結構このお店の常連客って事もあり、大好きな味って事で、どの鶏も美味しかった。焼きおにぎりはちょっとタレが漬け過ぎちゃうん?と言うぐらい濃い味だったけど、まあこれはこれで良かったかな?
 
てな事でまたまた北新地・鳥屋のテイクアウトであぶり焼きを食べたのだが、お店誕生の時から、一度、大阪北新地にあるリアル店舗で食べてみようと思っているのだが、先日も折角大阪へ行ったのに、普通の居酒屋へ行ってしまったのだった。次回、大阪へ行った時は、本物?とも言える北新地・鳥屋』のお店に行ってみようと思うのであった。

WordPress.com Blog.