義史のB型ワールド

2010年1月31日

数年前に食べたフカヒレ食べ放題!またある日を心待ちしていたらお店が無くなってしまった・・・。

Filed under: グルメ,中華料理 — 代理人 @ 8:38 PM
 
代理人記録
 
昨日、昨年の秋頃に閉店した『北京料理の百楽/姫路店』の跡地にオープンした『中華ダイニング龍華』に行った事を書いたが、その中でも書いたように、以前『百楽/姫路店』で食べた事がある”フカヒレ食べ放題”のフェアの復活を楽しみに待っていたのだが、”フカヒレ食べ放題”が復活する前にお店が無くなってしまった。てな事で、きっと二度とお目に掛かる事は無いと思うので、このブログを始める前に、みなさんに送ったメールから、懐かしの”フカヒレ食べ放題”を食べに行った時の料理を、記録の意味も兼ねてあらためて紹介しいておこう!
 
なお当時、みなさんに送ったメールから一部、料理の感想も抜粋してちょこっと紹介!
 
 
①フカヒレの姿醤油煮込み

まずは一品目の”フカヒレの姿醤油煮込み”。フカヒレ料理の定番の”姿醤油煮込み”だが醤油味が濃いくて私好みの味のスープでは無かったって事もあり、それほど美味しい姿煮込みではなかった。やはりフカヒレ料理ではスープの味は重要なのよねえ・・・。
 
ちなみに写真に写っているスプーンとフォークは中華料理屋の馬鹿でかいサイズなのでフカヒレ自体は手の平ぐらいの大きさがある、本格的サイズの姿煮込みなのであった。
 
 
②フカヒレのあんかけご飯

二品目は”フカヒレのあんかけご飯”。”フカヒレあんかけご飯”なるメニューは一時期、あちこちにあったファミレスのガスト系列の中華料理チェーン『バーミヤン』にもあったが、そんなショボイ店の”フカヒレあんかけご飯”とは次元の違う、本格的な”フカヒレのあんかけご飯”で、若干、ピリ辛風の味付けではあったが”百楽のフカヒレ三昧・食べ放題”メニューの中で一番美味しかった料理である。このメニューは、当時、単品メニューの中にもあったので、後日、もう一回食べに行こうと思ったほどだったのだが・・・。
 
 
フカヒレのステーキ

続いてちょっと珍しい”フカヒレのステーキ”。雰囲気的には”フカヒレの姿醤油煮込み”に似ているのだが上にかかっているソースが全然違う味で、当時のメールを読み返してみるとこの日の料理の中で二番目に美味しい一品だったと、自分で書いている。こちらも片手サイズの大きいフカヒレで、まさにフカヒレを食べてる!と言う充実感を味わえる一品でもあった。
 
 
尾ヒレの姿刺身

そして今も忘れ無いのがこちらの”尾ヒレの姿刺身”。フカヒレの刺身って何じゃらほい?って事で興味津々だったのだが、尾ヒレって事もあるのか、これがメチャメチャ硬い!刺身なのでこれ自体に味は無く、写真には写って無いが、3種類の塩と甜醤油が付いていたのだが、どれを付けても何を付けてもあまり美味しくならなかった一品なのであった。今後”フカヒレの刺身”を私が食べる事は無いだろう・・・。
 
 
子吉切鮫の尾ヒレの山椒風炒め

続いては”子吉切鮫の尾ヒレの山椒風炒め”。値段の安い”フカヒレラーメン”等で使われる一口サイズぐらいの大きさの”子吉切鮫の尾ヒレ”を使った中華の野菜炒めと言うのか、八宝菜みたいな感じのものだったかな?フカヒレの醍醐味が無いので、どうって事の無い一品とも言える。
 
 
⑥吉切鮫の尾ヒレの生春巻き風サラダ

こちらも”子吉切鮫の尾ヒレ”を使った”生春巻き風サラダ”。今思えば、生春巻きの中身も撮っておけば良かったかな?あまり印象が残って無い一品だ。
 
 
⑦フカヒレあんかけ炒飯
そして”フカヒレ三昧・食べ放題”の七品目は、こちらも時々みかける”フカヒレあんかけ炒飯”。当時のメールの文章ではチャーハンが塩っ辛いけどフカヒレの餡を馴染ませて食べると美味しかった・・・、とある。
 
で、上でも書いたように”フカヒレ三昧・食べ放題”なので、この日は一番美味しかった”フカヒレあんかけご飯”をお替りして食べたのだった。この時は5人ぐらいで食べに行っていたのだが、他に中華料理の定番である酢豚や海老チリ等も食べたのと、最後の方は、お店が大混雑状態になってオーダーした料理が30分経っても出て来ないような状況になったので、それ以上食べるのを諦めて帰ったのだった。そら3800円で本格的なフカヒレが食べ放題なんだから、客は大勢やって来るよねえ・・・。お店もそれぐらいの対応をして貰わないとね・・・。
 
どちらにしても、この『百楽/姫路店』の”フカヒレ三昧・食べ放題”は滅茶、お気に入りのフェアだったので、ぜひまた食べに来たいと思っていたのだが、残念ながら『百楽/姫路店』自体が無くなってしまったのだった。残念!!!
 
 
 
最後に・・・、折角なので、同じく未だブログをやる前に食べた”フカヒレあんかけご飯”をもう一品ご紹介。
 

こちらも、このブログを以前に、JR大阪駅前にある大丸梅田店のレストラン街にある『中国料理/雲林』で食べた”ふかひれあんかけご飯”。御覧の通り、土鍋に白いご飯を入れ、その上からフカヒレの餡をかけ、チンゲン菜をトッピングしたシンプルなご飯。この”ふかひれあんかけご飯”もそこそこ美味しかったけど、やっぱり『百楽』の”フカヒレのあんかけご飯”の方が遥かに美味しかったのだった。
 
ちなみに『北京料理の百楽』自体は大阪中心にまだ数店、営業中なので、もしかするとそれらの支店の方で”フカヒレ三昧・食べ放題”がまた行われる可能性は残っているのだけど・・・。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。