義史のB型ワールド

2010年1月25日

以前、ビフカツを食べた神戸牛のお店で、今回はハンバーグを食べた!やっぱ美味しいでぇ!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:55 PM
 
代理人記録
 
先日行った東加古川の”喫茶ロッキーのかつめし”を我が叔母が凄く気に入り(以前から何度も食べてるのに、何を今更って感じなんだけど・・・)、この日もちょっとした用事の後、叔父・叔母と共に”ロッキーのかつめし”を食べに行った。が、しかし!世間は既に年末の休暇に入っていたからか、30台前後は駐車出来る駐車場がほぼ満車状態で、当然、店内も超満員!!!。リストに名前を書いて待っていいて下さい・・・、って事だったので我々は直ぐに退却。それでも我々の後からも続々と客がやって来ていた。やはり”秘密のケンミンショー”で紹介された影響もあるのか、”ロッキーのかつめし”は大人気のようだった。(ちなみに店員もパニッくっていたのか、ぶっきらぼうな応対で気分が悪い!と、叔母は怒っていた。それだけ店内は殺気に満ちていたのかも・・・。そう言う日は料理も不味くなるので、辞めておいて正解だったかも・・・。)
 
が、しかし、そうなると次に向かうお店の候補店が思い浮かばない。叔母はすっかり”かつめし”気分になっているし・・・、って事で”かつめし”では無いが、ちょっと前に魚住で見つけた神戸牛専門のお店の”ビフカツ”が美味しかった事を思い出し、そちらに向かう事に。
 

こちらが今回行った『神戸牛の大井屋』。こちらは大混雑と言う程では無く、掘りごたつ式の座敷席は空いていたのだが、叔母の腰の都合でテーブル席をリクエストしたら、テーブル席は満席って事で少しの間、待たされた。時間的にランチタイムど真ん中って事で、やはり結構流行っているようだが、先ほど寄った『喫茶ロッキー』ほどの人気では無い。その辺り、このお店はまだまだマイナーな存在のようだ。
 

で、こちらが前回も紹介した”大井屋のランチメニュー”。このお店は基本的に焼肉がメインのお店のようだが、ランチタイムにはこのようなお手頃?なメニューが沢山あって中々楽しい。ランチメニューの他にも、ランチタイム限定の店主お勧めの肉が三種類盛られた特別な焼肉ランチもあるので、その内、食べに来たいと思っている。(奥のテーブルではネクタイ姿のお兄さん達が、多分、その特別な焼肉ランチっぽい物を食べていたので、ますます興味が沸いて来たのだった。)
 

で、この日、私たオーダーしたのは”特選ハンバーグ定食”。ランチメニューには特にハンバーグに関してのうんちくは書かれて無かったのだが、メニューとは別に”お持ち帰り専用の手作りハンバーグメニュー”があり、それを読むと”和牛100%”の手造りハンバーグって事で、前回訪問時から、気になっていたのであった。ちなみに普通、”ハンバーグ定食”ってのはお店のメニューの中では安い方の部類に入るのだが、このお店は”ビフカツ定食”の1550円、”ロースステーキ定食”の1200円に比べ”特選ハンバーグ定食”は1700円とランチメニューの中では一番高い方の部類のメニューなのであった。
 

そして目の前に運ばれて来たのが、こちらの大井屋の”特製ハンバーグ定食”、1700円也。メインの”特製ハンバーグ”の他に、小鉢とサラダと味噌汁とデザート、それにご飯と沢あんが付いていて、中々豪華だ。ちなみにハンバーグの定食には”特製ハンバーグ”と”和風ハンバーグ”の二種類あったのだが”ビフカツ”のデミグラスソースの違いを知る為に洋風の”特製ハンバーグ”を選んだのだった。
 

特製ハンバーグ”は最後まで温かい状態で食べれるように、熱々の鉄板の上に乗っている。ハンバーグの上には目玉焼きがトッピングされていて、付け合せはトウモロコシとインゲン等。
 

ちょっと写真では見え難いかも知れないが、こちらが”特製ハンバーグ”で、大きさ的には200gぐらいはありそうな、結構、巨大なハンバーグだ。数ヶ月前にヤマトヤシキ加古川店の北海道物産展で食べた”ジャンボハンバーグ弁当”のハンバーグよりも、更に大きいような気もする。このハンバーグにかなり甘めのデミグラスソースがたっぷりとかかり、熱々の鉄板の上でジュージューと音を立てていて、中々旨そう!
 

特製ハンバーグ”はお箸で簡単に割れるほど柔らかく、中からは肉汁が溢れ出し、これがまたデミグラスソースと相まって、更にソースに旨みとコクがプラスされそうな感じ。で、このお肉たっぷりでジューシーなハンバーグが中々美味い!デミグラスソースはちょっとこってりした甘目のソースだが、これまた美味い!目玉焼きの半熟度と、中からとろけだす黄身が、デミグラスソースとハンバーグの肉と一体化して、まさに味の三重奏を奏でてるようで、久々に美味しいハンバーグを食べたような気がする(ちょっと前に神戸で食べたハンバーグも美味しかったけど・・・。)
 

序ながら、叔母た食べた”ビフカツ”も一切れ貰って食べたけど、こちらも前回同様に非常に美味しかったビフカツに使われているデミグラスソースは”特製ハンバーグ”の物とは多少違っていたが、どちらのソースも美味かった。このお店は神戸牛専門って事で、お肉が美味しいのは当然として、料理に使っているデミグラスソースも中々美味しいような気がする。
 

そんなこんなで大満足の”特製ハンバーグ”だったのだが、この日食べた料理の中で唯一残念だったのが、こちらの”サラダ”。一見すると、極々普通の安っぽいサラダなのだが、ドレッシングが非常に不味い。雰囲気的には市販のドレッシングのような味なのだが、兎に角不味い。サラダのキャベツやトマト等も適当なレベルの野菜って事もあり、普段はサラダは残さず食べる私が、途中で我慢し切れず残してしまった折角の美味しいハンバーグだったので、サラダはもうちょっと何とかして欲しいかも。
 

こちらは”特製ハンバーグ定食”付いていた”小鉢”で、中身は御覧のような”切干大根”のような物で、洋風のハンバーグに合うかどうかは兎も角として、普通に美味しい煮物で、白いご飯に良くマッチしていた。そう言えば、ハンバーグと白いご飯の相性も抜群だったかも!
 

ハンバーグ定食にも”ビフカツ定食”と同じ”味噌汁”も付いていて、こちらは特に美味いと言うほどでは無い、可も無く不可も無い、極々普通に美味しい”味噌汁”であった。
 

前回食べた”ビフカツ定食”ではメインの皿にさり気無く添えられていたデザートのみかんだったが、この日の定食には、小さな器にみかんが乗っていて、このみかんも甘みたっぷりで、美味しいみかんだった。
 
最後は食後のコーヒーも出てサービス満点!コーヒーの味は兎も角としても、料理内容もボリューム満点で美味しかったし、お店のお兄さんの腰の低い接客態度も気持ち良くて、前回同様、好印象でお店を後にしたのであった。
 
てな事で、この日は全国番組で取り上げられた影響だと思うが”喫茶ロッキー”の大混雑に驚かされた物の、その後”神戸牛専門のお店のハンバーグ”で大満足。叔父も叔母もこのお店が気に入ってくれたようなので、次回はランチ限定の料理長特選のお肉三種盛りの焼肉ランチを食べに来るとしよう!!!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。