義史のB型ワールド

2010年1月21日

年末ライブ!まずは前哨戦の”長渕剛DVD Shooting Special Live”に行って来た。でも長渕、ご機嫌ななめ???

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 10:46 PM
 
代理人記録
 
そして、長渕剛DVD Shooting Special Live”の当日、”神戸国際展示場3号館”で行われていた”オフィシャルグッズ販売特別会場”で”マフラータオル”等のグッズを買った後、忘れ物に気付き、一旦車に戻って小休止。開場時間が近くなってから、あらためて”神戸ワールド記念ホール”へと向かった。
 

この日(12月30日)のライブは”長渕剛 DVD Shooting Special Live”と題されたライブで、開催の目的はこの夏に行われた長渕剛2009アリーナツアー”FRIENDS”のDVD発売の為の映像収録?の為のコンサート。てな事でもしかするとDVDに映るかも知れない?と言う淡い期待と、どうにか購入出来たチケットがステージサイド席と言うステージの真横みたいな位置なので、DVDには映るはずが無いと言う、諦め感の半分半分の気持ちで開場へと向かったのであった。
 
こちらは”オフィシャルグッズ販売特別会場”の神戸国際展示場3号館側から見た”神戸ワールド記念ホール”の様子。先の記事でもちょっとだけ書いたが、約20年ほど前にも私は長渕剛のコンサートで”神戸ワールド記念ホール”へ来た事がある。ちょうど大阪在住最後の年で、個人的にも色々とあった年でもある。実はその時のコンサートにある人を誘っていたのだが・・・と、そんな昔話をふと思い出してしまう、懐かしいホールで、実際、”神戸ワールド記念ホール”に来たのは、それ以来の事だ・・・。
 

そんな思い出話はさて置き、まずはライブ観戦記念で、開場前で記念撮影!この時点でホール前はかなりの客でごった返していたので、その隙間を縫っての写真撮影なのであった。
 
で、神戸ワールド記念ホール周辺には、長渕剛ライブでの恒例の光景とも言える、”長渕剛モドキ”があちこちに出現して、ライブ開催前からあちこちで盛り上がって居た!。9月の大阪城ホールは台風接近中、12月の神戸こくさいホールは場所が無い、って事でこれらの”長渕剛モドキ”のミニライブはほとんど無かったが、通常、大阪城ホール等の大会場周辺ではこのようなプチ長渕が大勢出現して、あちこちでギターの弾き語りをしながら唄っているのであった。私もギターが巧かったらやってみたいとさえ思う・・・。
 
更に面白いのはコンサート会場入口に”ギター預かり所”ってのがあって、これらの”長渕剛モドキ”兄ちゃん達がコンサート会場入場の際にギターが邪魔に成らないようにホールの方で預かってくれるのだ。こう言った光景って、他のアーティストのコンサートでは考えられないでしょう!!!
 
そうこうしている間に開場時間が近づいて来たので一応、入口付近で待機していたのだが、開場時間が過ぎても一向に客が入場して行く気配が無い。後で聞いたのだが、会場の機材調整が遅れて開場入りが遅れたとの事。そんな事もあり、我々がホール内に入ったのは開演時間迫る午後3時45分頃。こうなると開演時間も遅れるってことが容易に想像が付く・・・。
 

で、今回入手出来たチケットはステージサイド席って事であまり良い席では無い(その代わり1000円安い)。しかし実際に席を探して座ってみると、確かにステージを真横から見る角度ではあるが、その代わりステージまでに障害物は一切無い。しかも距離的には今まで行った長渕剛コンサートの中では一番近い方だ。
 
しかも座席番号が10列だったのだが、スタンド席は全席9列から始まっているので、スタンド席ではある物の実質前から二列目なので、更にステージに近い。この席ならステージサイドであっても申し分無いんじゃ無いかな。
 

そして長渕剛ライブでは定番であるが、ステージのサイドにせり出しのステージがあり、我々はステージサイド席って事で、所謂、S席のスタンド席の客よりも遥かに近い位置にある。長渕がこのサイドステージに来て、その時に正面中央からカメラを向けると、我々も決して映らないポジションでは無い。それを想像するだけでもテンションが上がって来た
 

ちなみにステージからアリーナ席へ向かうセンターのせり出しはこんな感じ。ステージサイド席って事で、確かに鉄塔?や照明用の配線等が邪魔になるが、まあそれは微々たる事で大きな問題では無い!
 
そして開演時間を大幅に廻った午後4時20分ごろ、恒例のラジオのDJっぽい兄ちゃんのアナウンスと共にライブがいよいよスタート。例に寄って、剛兄いのシルエットがホール後方に映し出され、演奏が始まった・・・
 
 
●12/30(水)「DVD Shooting Special Live」
 
神戸ワールド記念ホール
 
(開演)16:21
01 SAMURAI
02 青春
03 とんぼ
04 俺の太陽(弾き語り)
05 卒業
06 Blue Jeans(二回やり直し)
07 君のそばに
08 巡恋歌(弾き語り)
09 親知らず(弾き語り)
10 シェリー(弾き語り)
11 わがまま・友情Dream&Money
~長男・航君登場し、一曲(ラップ)披露~
 
12 勇次
13 蝉-semi-
14 明日へ向かって
15 桜島
16 YAMATO(カラオケ)
 
 
~アンコール 1~ 
17 俺らの旅はハイウエイ(ゴンドラにて弾き語り)
18 HOLD YOUR LAST CHANCE(ゴンドラにて弾き語り)
19 Jungle Gym
20 女よ、GOMEN
21 SUPER STAR
22 Rainbow
23 FRIENDS
 
~アンコール 2 ~ 
24 激愛(弾き語り)
25 YOU CHANGED YOUR MIND(弾き語り)
26 泣いてチンピラ
27 DON’T CRY MY LOVE
(終演)19:45
 
 
この日のライブは”DVD Shooting Special Live”と題されたライブで、この夏行われた”アリーナツアーFRIENDS”を映像化して発売する為のコンサート。その為、会場のあちこちに撮影用のカメラや機材が配置されている。しかし、客の入場開始が大幅に遅れた原因が機材調整?って事で、ライブが始まってからもマイクとかミキサー、それに客を照らす照明に不備が多く、剛の機嫌がすこぶる悪くて、何度もスタッフに文句を言っていた。そんな、ちょっと雰囲気の悪い中、ライブが始まって行った・・・。
 
演奏される曲はDVD収録の為のライブと言う事で、基本的には夏に行われたアリーナツアー”FRIENDS”に準じた内容。オープニングの”SAMURAI”に続いて二曲目の”青春”で遂に剛がサイドステージにキターっ!!!もう目の前じゃん!5mも離れて無い距離やん!何度も長渕剛のコンサートに行ったが、これだけの近い距離で剛を観たのは初めてだぞお!!!ステージサイド席って結構エエやん!!!(その昔、大阪城ホールのサイド席で観た時は後ろの方の席だったので、やっぱり距離感が全然違った・・・)
 
この日、サイドステージにやって来たのは、後半の”勇次”の時ぐらいで確か二回程度しか無かったが、サイドに来た時は当然、こちらにも顔を何度も向けてくれたので、大満足。やっぱ目の前に来るとテンション上がりますねえ・・・
 
が、しかしやはり機材の調子が悪いのか、何度か唄の途中でマイクを交換したり、照明に注文を付けたりと、剛兄いは終始ご機嫌斜め。マイク交換で唄が途切れた曲は、DVD収録に問題があるのでやり直すのかと思いきや、結局はそのままで終わり。DVD収録ライブと言うよりも、噂通り、カウントダウンライブの公開リハーサル?っぽい雰囲気が漂う中、ライブも中盤に・・・。
 
ここでサプライズゲストの登場!って事で紹介され現れたのは何と長渕剛の長男”長渕航”。まさに当人も言ってたけど親馬鹿ですねえ。しかも一曲聴いてくれと言って始まったのがヒップホップ。おいおい、長渕のライブに全然合わない曲やんけ。しかも歌詞が全然判らんし・・・。”あいつには絶対負けねえ!”と親父を指さしていたけど、どう見ても勝てそうに無い・・・、と言うか、表舞台に出れるような器じゃ無いっぽかったけど。それでも優しい長渕ファンに後押しされて、気持ち良く一曲歌って帰って行ったのだった・・・。
 
そしてライブはここから怒涛の盛り上がり!”勇次”、”蝉-semi-”、”明日へ向かって”、”桜島”と大合唱!この後、アコースティックライブの本編最後の曲だった”YAMATO”で本編終了!
 
しかし時間が押していたのか本編終了後、アンコールの手拍子が始まって直ぐにホール後方のアリーナ入口から長渕剛登場!何と、後方に設置されていたテレビカメラ用のゴンドラの上に乗ってギターの弾き語り。ライブの初めに、この日は仕掛けも用意している!と言っていたのはこの事か・・・。でゴンドラの上で二曲ほど弾き語りをやった後、アリーナの壁沿いを走って、再びステージへ駆け上がりアンコールの続き。ライブのタイトル曲である”FRIENDS”を唄い、一回目のアンコール終了!
 
当然、このままライブが終わる訳は無く、今度は純粋にアンコールの手拍子の後、ステージに再登場!この後、4曲を歌い上げ、そして剛はステージから降りて行った・・・・・。
 
が、しかし!!、まだ”STAY DREAM”唄って無いやんけ!!!昨年はアリーナツアーでもアコースティックライブでも必ず唄っていた”STAY DREAM”をDVD収録コンサートで唄わない訳が無い!!!そう願って最後まで残ってアンコールの手拍子をしたのだが、結局、再び剛がステージに戻って来る事は無かった・・・
 
この日は機材のトラブルが多くて、随所で剛がスタッフに文句を行ったり、怒りをあらわにしたりして、今まで見たライブの中で一番印象悪かったのだが、そんな事もあってか、そのまま楽屋に引っ込んでしまったような感じだった。とは言う物の、3時間20分にも及ぶライブだったので私が9月に行ったツアーファイナル大阪城ホールのライブ同様の盛り上がりではあったのだけど・・・。
 
そして神戸ワールド記念ホールから外へ出て来ても、未だ午後8時前。ライブがこの時間に終わるのは中々無い経験だし、夜もまだまだこれからって事で気分良かった。でも駐車場が最悪な所を選んでしまったので、結局、車を出せたのは午後9時半だった・・・。この後、ラーメン屋を探しながら(長田にある骨付き鶏のお店に行ったら定休日だった)一路、我が家へと向かうのであった・・・。
 
長渕剛年末ライブ・ツーデーの初日はこうして終わったのだった・・・。

長渕剛、年末二日連続のライブ、グッズ販売特別会場の様子!思わずタオル買っちまったぜ!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 6:40 PM
 
代理人記録
 
今年は9月の大阪城ホール・アリーナツアーに引き続き、12月には神戸こくさいホール・アコースティックライブに行ったばかりの長渕剛のライブであるが12月30日には”DVD Shooting Special Live”が、そして大晦日には”Countdown Live”が行われる。私が一般発売で入手出来たのは30日の”DVD Shooting Special Live”のみだったのだが直前になって甥っ子が大晦日のチケットをGET!そんな事もあり年末は二日続けて長渕剛のライブに行く事になった。まずは30日、神戸ワールド記念ホール前の公式グッズ販売特別会場の様子をご紹介!
 

こちらが今回、大晦日のカウントダウンライブと、その前日のDVD収録特別公演が行われる”神戸ワールド記念ホール”。私が長渕剛のライブで”神戸ワールド記念ホール”を訪れるのは約20年ぶりの事。大阪生活最後の年の秋頃にわざわざ大阪から神戸まで観に来た時以来だ。まあ、あの頃は色々あって、もしもあの時・・・、みたいな話も無いでは無いのだが・・・、それもまた遠い昔の話
 

で、この日”神戸ワールド記念ホール”に到着後、真っ先に向かったのはホールの直ぐ近くの場所にある”神戸国際展示場3号館”で行われている”オフィシャルグッズ販売特別会場”。通常、コンサートグッズはコンサートが行われる会場前とか、会場のロビーとかにコーナーを作って販売されるのだが、今回の年末のライブは限定グッズが多い?って事で、客の混雑を予想してか、体育館並みの広さのある展示場を使って販売会場を作ったようだ。
 

オフィシャルグッズ販売特別会場”の真ん中には、長渕剛アリーナツアーとDVDライブ及び、カウントダウンライブの垂れ幕?が飾ってあって、その周りにはこの日、販売されているグッズや、Tシャツ等が展示されていた。
 

全体的な雰囲気はこんな感じ。ライブ開演の2時間前ぐらいだったが、既に結構な数のファンが集まっていて、グッズ売り場は大盛況な様子。
 

先にも書いたように日頃はあまり長渕剛のグッズを買わない私であるが、この日は30日と31日のライブ限定のマフラータオルが売られていて、しかも説明に”このタオルを巻いてDVDに映ろう!”とあったので、思わず2枚とも買ってしまったのだった。一枚、1800円なので合計3600円也。結構なぼったり価格だよねえ。でもカウントダウンライブの様子を見ると観客の半数近くが持っていたような気がする・・・
 

DVD Shooting Special Live”と”Countdown Live”の限定グッズ売り場の隣には、夏頃に行われていた”アリーナツアー”の売れ残り?グッズの販売も行われていた。中々、商魂逞しいイベンターだ。
 

最後に会場の真ん中で展示されていた、年末ライブ限定のグッズの展示の一部をご紹介!左手の方にある黄色い色したマフラーが、私が買った”マフラータオル”で、右端の赤い虎模様のは手ぬぐい。その他、チューインガムとかステッカーとか、数多くのグッズが販売されていた。
 

その他、数多くのTシャツが売られていて、みんなここでTシャツを買った後、直ぐに着替えてライブに参加しているようだった。
 
てな事で、我々は”マフラータオル”だけを購入し、その後、ライブの行われる”神戸ワールド記念ホール”の方に戻って行ったのであった。ライブの模様はまた後ほど・・・。

WordPress.com Blog.