義史のB型ワールド

2010年1月1日

今年もお肉一杯の一年かも?

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:02 PM
 
代理人記録
 
今年一発目のブログの記事って事で、やはり私(代理人)のB級グルメの象徴とも言えるお肉のネタから始めましょう!
 
このブログで時々紹介しているが、盆や正月には我が兄が志方のお肉屋さんで買ったお肉を持って来てくれる。数ある志方のお肉屋さんの中から、最近は”大福”の肉が多い。てな事で今回も”大福”のお肉を持って来てくれた。
 

今回の”大福”のお肉500g、一パック目はこんな感じ。例に寄って同じ肉を撮ったら異なった色合いの写真になったので両方ともご紹介。何時ものように美味しそうなお肉だ。
 

続いて二パック目のお肉もご紹介。今回は2パック1kgのお肉を4人で食べた。最近は年々、食べる量が減って来たので、今年もこれで十分だった。
 

で、このブログでも何度も紹介しているように、我が一族のすき焼きはシンプルな”関西風のすき焼き”。まず最初は、スライスされたままの大きなお肉をそのまま鉄板鍋で焼く。味付けは砂糖と醤油のみ。この味加減だけは毎度の事ながら適当なので、若干、甘かったり辛かったり、薄かったり濃いかったりする。醤油と砂糖を先に混ぜて置けば?と言う、私の案も毎度の事ながら、面倒くさいって事で却下・・・。まあ、このアバウトな味付けが意外と良いのかも知れない・・・。
 

てな事で、一枚目と二枚目ぐらいまではお肉だけを焼いて、そのまま溶き玉子で食す。これがシンプルでお肉自体の味がストレートに伝わって来るので、美味しい食べ方なのだ。
 

最初にお肉を十分堪能した後は、ネギや椎茸、エノキ等の野菜類や糸こんにゃく、豆腐なども入れて一般的なすき焼きにして食べる。ちなみに我家ではジャガイモや玉ねぎ何かも具に入れていたのだが、甥っ子家ではそう言った具は無く、割りとオーソドックスな具とも言える。
 
最後はうどんの玉を加え、定番のすき焼きうどんにして食べた。すき焼きの最後はこれで無いとね・・・。
 
てな事で、今年もきっと数多くの肉料理を食べると思うのだが、それを象徴するかのように、今年になって、一番最初に食べた物は、昨夜の”長渕剛Countdown Live”からの帰りに、長渕の唄の歌詞”深夜4時、24時間牛丼かっ喰らい~♪”って事で、吉牛を食べたのだった。その話はまた後日・・・。
 
 
 
記事追加
 

どうでもエエけど、元旦の早朝深夜4時前に食べた、今年一番最初に食べた食事が、こちらの”吉牛”なのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。