義史のB型ワールド

2009年12月24日

ラーメンまこと屋に何時の間にやら4種類の麺が登場!中々楽しいのだけど、味は微妙・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
先日、下見をしたイーサン家のプリンタだが、結局、この日、新聞折込チラシでポイント換算すると、次の日にジャスコで買うより若干安い!って事で急遽ヤマダ電機で購入する事になった。値引き交渉や、購入後のセッティング等も兼ね、例に寄って私もイーサン家の買物に同行する事に・・・。何かかんやありつつも、ヤマダ電機で無事、プリンタを購入。この後、イーサン家でプリンタの接続をする事になったのだが、その前にランチを食べる事に。
 
この日のイーサン夫婦は汁物が良い!って事でラーメン屋に行く事になったのだが、ご存知の通り、この近辺にお勧めのラーメン屋さんは皆無もんどの裏ラーメンは好きなんだけど、何時でもあるわけでは無いので)。しかもHねえさんは脂っこいスープは駄目!って事でますます候補店が無くなる。そこで候補に挙がったのが”和風らーめんの満天”か”鶏がらスープのまこと屋”。個人的に”満天/播磨町店”は”飾磨店”に比べて何と無くイマイチっぽい感じがするので、今回は”まこと屋”に行く事となった。このブログでも何度か紹介しているが、かの”島田紳助”が関係していたお店のチェーン店である。
 

こちらがこの日、久々に行った『ラーメンまこと屋/イオンタウン野口ショッピングセンター店』。日曜日の昼間だったが、午後1時半を少し廻った時間帯と言う事で流石に満席では無かったが、それでも何組かのファミリー客で賑わっていた。
 

この日はイーサン運転の車で移動していたので気兼ね無くビールが飲める?って事で、”生ビール一杯、280円と言う良心的価格にも釣られ、プリンタ購入を祝って一人だけ乾杯!!!昼間の一杯は何か不思議と美味いですねえ。
 

で、この日は上でも書いたようにHねえさんが、豚骨スープや、こってり系のラーメンが食べれ無いって事で、鶏ガラスープがベースの”鶏醤ラーメン”をお薦めしたので、薦めた手前、私も同じ”鶏醤ラーメン”を注文。同じ物を食べて無いと、味がどうのこうのと言う話になった時に、判断が出来ないって言う意味も兼ねて、あえて同じメニューにしたのであった。
 
で、テーブル席の横を見ると、以前には無かったのだが、最近になって麺の種類が選べるようになったらしい。
 

当然の事ながら、メニューにも”こだわりの麺をお好みでチョイス”と書かれてある。これに寄ると四種類の麺の中から好きな麺が選べるらしい。その内容はと言うと”特製玉子麺”、”博多風極細麺”、”ちぢれ玉子麺”、”極太麺”とある。お店のお薦めは当然?”まこと屋特製玉子麺”なのだが、”玉子麺”や”博多風極細麺”は、結構ありがちな麺なので、ここは、ちょっと楽しそうな”マニアなあなたに・・・”と書かれた”極太麺”を選択。後の二人は普通の麺を選んだ?のだったかな?ちなみに”極太麺”は麺茹でに約6分かかると言う事で、ラーメンの出来上がりがちょっとだけ遅くなるらしい。
 
ふと壁を見るとこちらにも、しつこく”麺が選べる”事を宣伝していた。他のラーメン屋との差別化で始めたんだろうなあ・・・。あるいは”つけ麺ブーム”で”麺にこだわる客”が増えて来たって事もあるのかな?
 
で、お二人のラーメンに若干遅れて運ばれて来たのがこちらの”鶏醤ラーメン極太麺”、590円也。”白菜とミンチの効いた鶏ガラスープ”と言うふれこみなのだが、Hねえさんが言う様に、この日の”鶏醤ラーメン”は何時もに比べて、若干醤油辛いような感じ。白菜の甘味で何とかカバー出来たのだが、醤油ダレの調整って自分でしたくなる一瞬でもあった。ちなみにスープに沢山入っていた鶏ミンチ?は結構美味しかった。このミンチを食べていると無性に”もんどの塩つくねの入った鶏白湯ラーメン”が食べたくなって来た。”もんどの鶏白湯ラーメン”は裏メニューの中でも結構好きなラーメンだったもんなぁ・・・。
 

で、今回の一番のお楽しみである”極太麺”はこんな感じ。メニューには”まるでうどんのような食感”とあったが、最近は”もんどのつけ麺播磨”とか”六厘舎のつけ麺”等で超極太麺を食べているので期待したほどの太さでは無いような・・・。この程度ならば、以前、明石ラーメン波止場にあった讃岐ラーメン”はまんど”の麺と似たような太さじゃあ無いのかな?麺自体の味も、然程美味しいと言う程でも無かったし。でもネタ的にもう一回ぐらいは食べてみようかな?と言うぐらいの楽しさはあったかな?
 

で、この日は何時ものように”黄金半チャーハン定食”を食べたので当然の如く”黄金半チャーハン”が付いている。ところが、この日の”黄金チャーハン”は目茶目茶塩っ辛い!このお店のチャーハンは既に何度も食べているのだが、今まで食べて来た中で、一番塩っ辛い!美味しい時もあったのになあ・・・、折角、イーサン夫婦を案内した時に限ってこんな味じゃあ、立つ瀬が無いってもんだ。やっぱこの辺りが、チェーン店ならではで、この日の作る人がアルバイター君だったんだろうなあ・・・。
 
序に”まこと屋”の名物?とも言える”コロコロ卵フライ”も食べてみた。ちょっと遅めの時間だったから残っているかどうか確認したら二個だけあるとの事だったので、私と、イーサン夫婦と一個ずつして食べた。以前はケチャップみたいなソースが付いていたが、この日はマヨネーズ風のソースだった。味的には何時ものコロコロ卵フライ”だったかな。まあ一個、10円って事でお得感だけは十二分にあるのだが。
 
てな事で、久々に行った『ラーメンまこと屋/イオンタウン野口ショッピングセンター店』だったが、この日はチェーン店の宿命とも言える味のバラつきがあり、ラーメンは醤油辛く、チャーハンも塩辛くて、どちらも普段のレベル以下の味だった。Hねえさんに取ってはミンチが美味しかった事だけが救いだったかも知れない。

今日はクリスマスイブ・・・、って事で高砂町内で話題のクリスマスの電飾・・・。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 8:16 PM
 
代理人記録
 
最近、毎年この時期になると、自分の家自体をイルミネーションで飾る家が増えて来ている。年々、そう言ったご家庭が増えているようで、夜に街中を車で走っているとあちこちで良く見掛ける。偶に、昨年までやっていたのに次の年からやって無いご家庭もあるようだが、逆にずっとやっている家は、その規模とか電飾の数が、グレードアップしているような気がする。
 
今、高砂近辺では中筋にある家の電飾が話題で、新聞に取り上げられたりしているようだが、私の住んでいる高砂町内でもちょっと派手にクリスマス・イルミネーションをやっている家があるので、ちょこっとご紹介。
 

こちらが今回、ご紹介するクリスマス・イルミネーションで飾られたお家。場所は高砂南高校の北側の筋をちょっと西へ入った処にある、普通の民家だ。場所的に、地元の人以外でこの辺りを通る人は少ないので、偶然見つけるのは難しいような場所だが、高砂町内では結構、評判になっているようで、見学者も多いらしい。
 

高砂南高校側の道から、このお家の正面に廻ったところのから玄関付近を覗き込むとこんな感じ。
 

更に奥に進んで、このお家の門からお庭に入るとこんな感じ。イルミネーションをやっている期間中は、一般の見学者の方が、自由にお庭の中を見て廻れるように、庭を開放しているとの事で、遠慮無く見学が出来る。話に寄ると、キャンディとかお菓子とかも置いてある?とか言う話。
 

こちらはお庭の中に飾ってあるお人形さん???何分、携帯電話のカメラなのでピンボケ写真が多くて、もっと色々紹介したい飾り物があるのだが、とりあえず雰囲気だけをお伝え出来ればって事で・・・。期間的には明日まで?かも知れないが、お近くの人はぜひ足を運んで見学して下さい。一見の価値はあると思います!
 
 
ちなみに、こちらは松波町の奥の方・・・、と言うのか、荒井新浜の住宅地の中で一番派手なお家の電飾。
 
規模的には上で紹介した電飾に比べるとちょっと負けているが、お庭のトナカイとかシーソー?みたいなのがちょこっと動いてたりして、こちらもそれなりに楽しそうだった。
 
てな事で、噂の中筋にある電飾も見てみたいが(何と無く横を通った事があるような気がするのだが)、個人の家をまじまじと見るのも何と無く変な感じではある。まあ、上で書いたように、今はみなさんのご近所に必ず一軒はこのようなクリスマスの電飾をしているご家庭があると思うので、態々見に行く事も無いかも知れないが。それにしても、結構、お金掛かるとねえ・・・、不景気なご時勢と言われている割に、電飾やってる家、増えたようねえ・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.