義史のB型ワールド

2009年12月16日

100円割引券に釣られて、先日オープンした”もつ鍋ラーメン屋”さんで”もつ鍋ラーメン”食べた!何故か限定10食???

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:35 PM
 
代理人記録
 
この日の夜は近所に住む幼馴染から11月初旬に加古川サザンプラザ内、元”麺屋五条弁慶”跡地に新しくオープンした”もつ鍋ラーメンの豚まる”に行きたい!とメールが来た。私同様、もつ嫌いな幼馴染から”もつ鍋ラーメン”のお店に行きたいと言って来るとはちょっと珍しい?と思っていたら、どうやら新聞の折込チラシに100円の割引券が付いているから・・・、との事。まあ、私も一度は”豚まる”の”もつ鍋ラーメン”とやらを食べてみなければ!と思っていたので100円の割引もある事だし・・・、って事で再び行ってみた。ちなみに私は基本的は”もつ嫌い”なのだけど”小腸”辺りの脂分たっぷりの部位なら普通に食べれるのだ(そう言えば、30番さんの知合いのラーメン屋さんへ、ホルモンを食べに行くと言う話が、未だ実現してませんね?)。
 

こちらが二度目の訪問となる『らーめん処・豚まる/加古川店』。前回はオープンしたての昼間に来たのだが、客の入りは半分程度、この日も平日の夜って事もあってか、割引セール期間中にしては客はまばら。メインが”もつ鍋ラーメン”だし、値段が980円もするって事で、やはりちょっと躊躇するよねえ。特にファミリー層からの支持は得られないでしょうねぇ(隣に320円のラーメン屋もある事だし。)
 

で店内入店後、早速にメニューをめくってみると・・・何か最初に来た時とメニューが違う・・・。”豚まる特製もつ鍋ラーメン”のメニューには”もつ鍋とあわせて限定10食”の文字が・・・。未だオープンして1ヵ月も経って無いお店で、既にメニュー内容の変更?しかも”もつ鍋ラーメン”の看板揚げて置きながら”限定10食”とは、これ如何に???私が前回訪問の後、このブログで書いたように”980円もする「もつ鍋ラーメン」では看板メニューでやって行けず、やがてサイドメニューになるだろう”と書いた通りの事が進んでいるのかも・・・。
 
それ以外にも”赤もつ鍋ラーメン”ってのがメニューに加わっている・・・。まあこのお店には”赤鍋らーめん”ってのがメニューにあるので、それの”もつ版”だと思えば不思議でも無いけど・・・。でも”もつ鍋”やこれらのラーメンも合わせて限定10食なのかな???うーん、謎だ!
 
で、この日は夜の訪問だったので、もしかしてもう限定10食分は終わっているかも?と思って店員のねえちゃんに尋ねたら、未だ有ります!との事。うーん、昼間、誰も”もつ鍋ラーメン”を食って無いのか、はたまた限定10食はプレミア感を演出する為の口実なのか・・・、こちらもまたまだ謎だ!
 
それは兎も角として、当初の目的通り、この日は遂に”もつ鍋ラーメン”を注文!!!どんな”もつ”が出て来るのか、ワクワクドキドキである。
 

まず最初に運ばれて来たのは同行者が頼んだセットの”餃子”。私は生ビールだけを頼んでいたので、おつまみとして二個ほどつまんだけど、至って普通の餃子だ。チェーン店にありがちの本部から送られて来た冷凍餃子なのかな?と言う気がする・・・。
 

で、同行者の頼んだラーメンに若干遅れて運ばれて来たのがこちらの”豚まる特製もつ鍋ラーメン”で蓋付きの土鍋で、取り皿の小鉢と、薬味(ゆず胡椒とニンニク)が付いている。
 

鍋の蓋を取ると”豚まる特製もつ鍋ラーメン”が姿を現す。通常価格980円が今回はOPEN記念セールとかで100円引きの880円也。パッと見た感じでは完全に普通の”もつ鍋”に見え無くも無い。って言うか、パッと見は野菜しか見えないので”もつ鍋”にも、”ラーメン”にも見えなかったりして・・・。
 

箸で探りを入れると漸く”もつ”が姿を現した。これで普通に”もつ鍋”っぽく見えて来たかな?
 

こちらが”豚まる特製もつ鍋ラーメン”のメインの具である”もつ”。メニューを見ただけでは”牛もつ”なのか”豚もつ”なのか定かでは無いが”豚まる”と言う店名から考えると、やっぱ”豚もつ”なのかな?普段、あまり好んで”もつ”を食べない私には”牛もつ”なのか”豚もつ”なのか判断が付かない。みなさんはこの写真を見て、どちらだと思いなさる???
 
で、”丸鶏ベースのスープと当店自慢のとんこつスープをブレンド”したと言うスープは思いの他、あっさりしたスープで、そこそこいける味。個人的には”もつ”の代わりに”豚バラ肉”を入れて”ちゃんこ鍋風のラーメン”とかにして、値段も下げてくれたらもしかするとお気に入りのラーメン・・・、と言うかスープになりそうな気配はある。
 

麺はこんな感じで前回食べた”とんこつ魚介らーめん”の麺とは違い、煮込んでも延びないような、ゴムっぽい感じの麺で、確かに最後の方まで柔らかくなってしまう事の無い、鍋用の麺のようだった。確かに土鍋だったので、結構長時間に渡ってグツグツ煮えていたので普通の麺じゃあ直ぐに延びてしまうって事で、こんな麺だったのだろう。
 
ちなみにもつ鍋ラーメンの豚まるのチラシにはこのような”100円引券”が付いてたのだが、この券を見せるまでも無く、この期間中はラーメン全品100円引き!って事で無条件に100円引きになった。この割引券には一体何の意味があったのだろうか・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.