義史のB型ワールド

2009年12月13日

玉津までラーメンを食べに行こうとしたら事故渋滞してたので、急遽、うまいもん横丁!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:41 午後
 
代理人記録
 
この夜は近所の幼馴染と一緒に夕飯に出掛けた。当初の目的地は、餃子無料に釣られて玉津に新しく出来たラーメン屋に行こうとしたのだが、加古川バイパスに上がると事故渋滞でノロノロ運転状態。こりゃ、玉津まで行けんで!と急遽、明石土山インターで降りる事に。そうなると次に行くお店を考え無いと行けないのだが、例の”スタンプカード”でお食事券を貰ったらーめん八角グループのお好み焼き屋”うまいもん横丁/明石西店”がインター降りたすぐ目の前にあるし、まだお食事券を一度も使って無い!って事もあり、この日はお手軽に”うまいもん横丁/明石西店”に行く事となった。
 
こちらがこの夜行った”うまいもん横丁/明石西店”。数年前に、”長崎ちゃんめん/土山インター店”が閉店し”うまいもん横丁/明石西店”がオープンした直後ぐらいに、管理人さん一家と一緒に来た事がある、あのお好み焼き屋さんだ。今年の5月に来た時はGWの期間中って事もあって、店内大賑わいで、何度ピンポンを鳴らしても完全無視状態だったのだが、流石にこの日は平日の夜って事もあってか、ガラガラに近いような状況だった。
 

で、毎度の事ながら席に着くと同時に持って来たのが巨大なメニュー看板。何と無く”うまいもん横丁”のお好み焼きも食い飽きて来たし、そもそもが”うまいもん”でも無いし・・・、って事でこの夜は”創作お好み焼”のメニューを中心にその中から料理を選ぶ事にした。
 

まず最初に運ばれて来たのが、値段も安いって事で良く食べる”シャキシャキもやし炒め”、100円。毎度の事ながら、普通のモヤシ炒め。もうちょっとタレに工夫をするとかして美味しくなるとありがたいのだけど、まあ値段が100円だから贅沢は言えないのかも。
 

続いて運ばれて来たのが”豚ニラ炒め”、350円。んんん???、何か”シャキシャキもやし炒め”と似たような物が運ばれて来たぞぉ。まあ私が”豚ニラ炒め”を、同行者が”シャキシャキもやし炒め”を頼んだのだけど、確かに”豚ニラ炒め”と言う名の料理に、こんなにたっぷりとモヤシが入っているとは思わなかったもんねえ。ってか、豚肉とニラってメッチャ少ないような気がする・・・。味付けも似たような味だったけど、豚とニラのおかげで若干ながら、味に違いがあったので、まだ救いがあったように思う・・・。
 

その次に運ばれて来たのはお好み焼き屋の定番”豚焼そば”、630円也。以前”うまいもん横丁/高砂店”で、サービスと言う言葉に釣られて”うどんとそばの二玉のちゃんぽん焼定食”を食べてから、何と無くこのお店の焼きそば系には飽き飽きして来た気がしないでも無い。麺も細麺だし、ソースも平凡な味だし、何か私の好みとちょっと違うのよね。やっぱ焼きそばは”長田本庄軒の自家製麺”の焼きそばの方が美味しいような・・・。
 

焼きそばも完食に近づいた頃に運ばれて来たのが、こちらの”ほくほくスジじゃがのおふくろ焼”、880円也。メニューの説明に寄ると、”スジコンとジャガイモを使っている”って事で、高砂名物にくてんをイメージした物が出て来るのかな?と、ちょっと楽しみにしていたのだが、食べてみるとほとんどジャガイモの味しかしない。雰囲気的にはお好み焼きに近いのだけど、やっぱりジャガイモだけを食べてるみたいな感じ。値段の割りにちょっと残念な一品だったかな?
 
そしてこの日のメイン?である”たこじゅう焼”が運ばれて来た。お好み焼きの上にたっぷりのチーズをかけ、その上に”たこ焼き”をトッピングしたような物で、お値段は880円也。”たこじゅう焼”と言うネーミングからイメージしていた物とは大分違ったものが出て来たと言う印象。お好み焼きのたこ玉みたいなのを想像してたんだけどねえ・・・。しかもミニチュアの傘の飾り付けも何の意味があるのやら・・・。
 
で、この”たこじゅう焼”が結構重たい。見かけ以上のボリュームがある。一品前の”ほくほくスジじゃがのおふくろ焼”がじゃがいも中心って事で、それだけで結構、お腹満腹に近かったので、最終的には完食出来ずに残してしまったのであった。
 
てな事で、当初の予定では玉津に出来た新しいラーメン屋で無料の餃子を食べる予定だったのだが、事故渋滞の影響で、急遽、”うまいもん横丁/明石西店”に行って来たのだが、まあ、以前苦情のメールまでして貰った”八角グループの金券”も使う事が出来たし、これはこれで良かったかな?でも印象的には次から”うまいもん横丁”に行くのはランチタイムだけで十分なような気がする。もうちょっと味が”うまいもん”になってくれたら行く気が湧いてくるのだけどねえ・・・。

ロッテリアの半額セールに釣られてまたまた絶品チーズバーガー食べた!もうすっかり通になってしまった???

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 6:33 午後
 
代理人記録
 
マクドの”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”の事を書いたので、序に先日あったロッテリアの半額キャンペーンでまたまた食べた”絶品チーズバーガー”の事も書いておこう!!!
 

こちらが前回の”内藤大助応援キャンペーン”で半額で食べた”絶妙ハンバーガーセット”に続いて、またまた半額の330円で食べた”絶品チーズバーガーセット”。前回も書いたけど330円だから食べる気にいなったが、これが正規の660円?ではとても食べる気が起こらないような気がする。
 

こちらがこの日食べた”絶品チーズバーガー”。2007年の初登場以来、私は既に何度も”絶品チーズバーガー”を食べていてこの他にも”絶品ベーコンチーズバーガー”や”絶品Wチーズバーガー”等も食べていて、実は結構な絶品チーズバーガー通だったりもする。で、この”絶品チーズバーガー”は以前にも紹介したが、あらためて紹介すると”日本のファーストフード業界では初めてとなる、高コストのナチュラルチーズのほか、パティは、通常の約2倍の大きさで、かつオーストラリア産の牛肉と豚肉(背油)を大きめにミンチし、オレガノとブラックペッパーを配合、また焼成時に塩を振ることで、通常用いるケチャップやソースを入れず肉本来の味が楽しめる。また、バンズは酒粕を配合しており、手ごねとなっており、通常よりもふんわりとしたものがつかわれている”と、ロッテリアの説明には力がこもっているのだが、実際に食べて見ると、相変わらず普通のチーズバーガーっぽくて、ロッテリアの情熱の10%程度の味わいしか伝わって来ないような気がする・・・。
 
ちなみに今回の”絶品チーズバーガーセット”のドリンクは”カフェラテ”を選択。普通のコーヒーが210円で”カフェラテ”は240円なのだが、現時点ではどちらも150円。折角なのでちょっとでもお得感のあるカフェラテ”を飲んでみたのだけど、普段、あまりコーヒーを飲まない私にはどっちでもエエようなコーヒーだったかも。
 
てな事で、またまた半額キャンペーンで絶品チーズバーガー”を食べたのだが、何度食べても”絶品な気分”が味わえないのは何故だろう・・・。とは言いつつも、前回食べた絶妙ハンバーガー”も文句を言いながら既に二回も食べてしまった事だし、きっとまたお得なキャンペーンに釣られて食べる日がやって来るのかも知れない・・・。

マクドのクーポン無しで”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”を食べた!ちょっと高い?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:10 午前
 
代理人記録
 
映画を観に行った時の合間等にちょこちょこ利用している『マクドナルド』だが、何時もはコーヒーだけとか、あるいは100円マック等を食べる程度だったのだが、この日は若干、お腹も空いていた!って事もあり、久々にハンバーガーメニューを注文!折角なので確か期間限定メニューである”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”を食べてみる事にした。
 

こちらがこの日食べた”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”、単品価格390円、それにプレミアムローストコーヒーSサイズが120円で合計510円也と、ランチでは無くちょっと合間に食べるにしては、中々のお値段。以前なら財布の中に必ずクーポン券を忍ばせていたのだが、新聞の購読を止めて以来、マクドのクーポンを貰う機会が減ったので今はクーポンを持ち歩いていない。しかもこの日はケータイでアクセスすると貰えるスペシャルクーポンを使うと”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”とドリンクとポテトのセットが500円で買える日だった・・・。私とした事が・・・、不覚の一言・・・。
 

この日食べた”クォーターパウンダー・ベーコン&バーベキュー”の箱の中身はこんな感じで、パッと見は普通のビッグマック?と似ているような気がしないでも無い。マクドの説明に寄ると”ビーフのジューシーさと美味しさを満喫できるクォーターパウンダー登場から1周年を記念して、おいしさ溢れる1/4ポンドビーフパティ(通常ビーフパティの約2.5倍)を使った、期間限定の商品”との事。個人的には”佐世保バーガー”を代表とする”巨大バーガーを時々食べているので全然大きいとは思え無い。その癖、値段だけ高いなあ・・・、と言う印象だ。
 

何時もはハンバーガーを噛った処の写真を撮るのだが今回は中身の具を確かめるべく、パティをめくってみた。確かに普通のマクドのハンバーガーに比べると、チーズやベーコン、それにスライスした玉ねぎ等の具が沢山入っているように思う。マクドの説明には多くの方に愛されているバーベキューソースと、味わい深いベーコンを2枚加え、バーガー全体の風味をアップ。ビーフの美味しさと、ベーコンとソースそれぞれの素材を味わえるアメリカンテイストのハンバーガー”と書かれている。
 
だけど、やっぱりメインの”1/4ポンドビーフパティ”ってのにあまりジューシーさは無く、普通にマクドのハンバーガーにちょっと具が沢山あるかな?と言うようなハンバーガーの印象だった。佐世保バーガー系に食べ慣れて来ると、やっぱファーストフード系のハンバーガーじゃ満足出来なくなって来るのよねえ。その癖、値段は結構するのにね。でもまあ、期間限定だし、きっとまた次回登場予定の”クォーターパウンダー・トマト&レタス”ってのも食べてしまいそうな気がする・・・。

WordPress.com Blog.