義史のB型ワールド

2009年12月8日

びっくりラーメンの跡地は続々と得得に鞍替え中!最近では珍しい大阪うどんのチェーン店だ!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:36 PM
 
代理人記録
 
先日、姫路へ行った時、ふと元”びっくりラーメン”があった場所を見ると”得得”と言う名のうどん屋さんが出来て居た。”びっくりラーメン”を傘下に収めた吉野家グループだが、確か既に”はなまるうどん”も傘下にしている。って事で、このうどん屋は吉野家グループじゃ無いだろう?って調べたら、大阪でちょこちょこ見かける『家族亭』の関連会社のうどん屋らしい。そもそも『家族亭』がうどん屋さんだし、”得得”と言うネーミングからして、きっと、今流行りのセルフ形式のお安いうどん屋さんかな?と思っていたのだが、どうやらそうでは無いらしい。
 
それから数日後、久々に元”びっくりラーメン/播磨町店”のあった場所を通ったら何と、こちらも”得得うどん”に変わっていた。こちらは比較的近くにあるし・・・、って事で、後日、近くへ行った時にこのお店に寄ってみた。
 

こちらが元”びっくりラーメン/播磨町店”跡地に新しくオープンした『手打ちうどん総本家・得得/播磨町店』。看板とか内装の配色等は変わっているが、客席や厨房の位置等は、完全に以前の”びっくりラーメン”のままだ。思えば”びっくりラーメン/播磨町店”は播州地方で一番最初にオープンした”びっくりラーメン”の店舗で、当時は破竹の勢いがあった頃で、その後、加古川、大塩、白浜、姫路と西へ西へと、続々と新店舗を展開した物だった・・・。それから10年も経たない内に”びっくりラーメン”の会社自体が無くなるとは誰が予想出来ただろうか・・・。
 
話はそれたが、夕方と言う時間帯って事もあり、店内はガラガラに近いような状態。まあ”びっくりラーメン”の頃から言えるのだが、この辺りは工場が多い場所なので昼間はそう行ったビジネスマン等で賑わうけど、夜はみんな家に帰っちゃうから、あまり客は来ないのだろう・・・、と勝手な想像・・・。
 
 

店内に入って真っ先に目に入ったのが”おつまみメニュー”。流石、大阪を代表するうどん屋チェーンのお店って事で、居酒屋メニューっぽい内容の一品メニューがあり、大阪名物串カツや、おでん等のメニューが豊富にあった。
 

更にうどんのメニューの中にはこれまた大阪名物の”雑炊うどん”もあった。このブログでも一度紹介した事があるが、大阪には”おじやうどん”ってのがあり、そもそもの始まりは”うどん定食”で、うどんをご飯を別々に食べていたのだが、セッカチな大阪人が、面倒癖ぇ、うどんとご飯を一緒にしてしまえ!って事で始まったとか言う話。まあ関西では一般的に”おじやうどん”と呼ぶのだが最近は”おじや”と言う言葉が死語になりつつあるのか、このお店は関西うどんのお店の癖をして”おじやうどん”と呼ばずに”雑炊うどん”となっている。しかも普通の”雑炊うどん”は無く、フカヒレ好きな私の為に?”フカヒレ風雑炊(うどん入り)”と何か、ノーマルじゃ無い感じ。まあ、ちょっと気になるメニューではあったが、初訪問って事で、今回は普通のうどんを食べる事に。この”フカヒレ風雑炊(うどん入り)”は次回のお楽しみと相成ったのであった。
 

で、更にメニューをめくっていると今度は”ジャワ風カレー”と大きく書かれたメニューが出て来た。カレーライス?と思って良くみると”カレーうどん”らしい。しかもカレーうどんのルーだけでも三種類もあるってどうやら、お出汁の加減で、ストレートから出汁たっぷりのスープとかがあるような感じ・・・。ちなみに普通にカレーライスもメニューにあった。てな事で、気持ちは一気にカレーうどんに傾く・・・。
 

気分は一気にカレーうどんへと傾いたのであるが、通常のメニュー以外に、一枚物の鍋物メニューが置いてあり、そちらには、多分、冬限定?の”カレー煮込みうどん”なる物があった。毎度の事ながら限定物に弱い(勝手に冬限定と思い込んでいるだけなんだけど)私なので、今回はこの”カレー煮込みうどん”を食べる事に決定!!!メニューの説明に寄ると”じっくり煮込んだカレースープの深みのある風味とコクは食欲をそそり、最後の一滴まで飲み干したくなる美味しさ”だとか・・・。
 

こちらが実際に食べた”カレー煮込みうどん”、単品価格で950円也。テーブルへ運ばれて来た時は土鍋?に蓋してあったのだが、運んで来たねえちゃんが蓋を取って持って帰って行ったのだった。土鍋って事もあり、運ばれて来てからも、暫くの間、ぐつぐつと煮え続けていた。ただ具やうどんが下に沈んでいて、あまり美味しそうに見えないのがちょっと残念な点かな?
 
ちなみに麺は通常料金で1玉と1.5玉が選べるとの事だったのだが、最近はちょっと少食って事もあり、1玉で注文。”カレー煮込み”って事で、麺の大盛よりも、白いご飯の方がカレーライスも味わえてありがたいのだけど、白いご飯は当然、別料金だし、この日はそこまでの食欲も無かったので、この日はパスした。値段が950円もするのだがから定食にして白いご飯を付けても罰は当たらんと思うのだけど・・・。
 

で、箸とレンゲを使って底からすくい上げると、うどんや生卵の姿が見えて来た。うどんの麺は『家族亭』系列のお店って事で、最近では反対に珍しくなりつつある関西風の柔らかいタイプのうどんである。その他、キャベツや人参などの野菜類も結構入っていて、まさにカレー鍋に近いような感じの”カレー煮込みうどん”だ。ただメニューに”ジャワ風”とあった割りに、それほどの辛さは無い。美味しいかどうか尋ねられると微妙な返事しか出来ないような味かな?
 
てな事で”びっくりラーメン/播磨町店”の跡地に誕生した、家族亭系列のうどんチェーン”手打ちうどん総本家・得得”だが、今回は思わず”カレー煮込みうどん”を食べてしまい、本来のお店の味ってのを知らないままだ。メニューも豊富にあるって事で、このお店には後、数回は通う事になりそうだ・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.