義史のB型ワールド

2009年12月1日

『ノウイング』に続いて地球滅亡の映画『2012』を観て来た!どことなるエメリッヒ監督の安っぽさが・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 10:47 PM
 
代理人記録
 
私が小学生ぐらいの頃だったかテレビで放送されていた映画”地球最後の日”を観た。確か地球に彗星か惑星かが衝突する!と言う事でパニックになるようなストーリーで、数年前に公開された”アルマゲドン”やら”ディープ・インパクト”の原点とも言えるような内容だった。その”地球最後の日”の日のラストでは地球を脱出する為にロケットが建造されるのだが、そのロケットの発進基地がジェットコースターみたいな形(今で言うと後ろ向きに進むループコースターからループを無くしただけの直線のコース)だったのが妙に、強烈に印象が残っている
 
その後もこの手の地球滅亡映画は数多く作られ、日本でも古くは東宝の特撮映画”妖星ゴラス”、そして小学生の頃大ブームを巻き起こした”ノストラダムスの大予言”(映画が作られたのは中学生の頃かな?)等、似たような映画が沢山出来た。ちなみに邦画である”ノストラダムスの大予言”はちょっとした事情(ウルトラセブン第12話と似たような話)で、放送禁止と言うか、廃盤?扱いになっていてDVDやビデオは日本では発売されていない(海外版が時々ネットで流れていたりするのだが・・・)。
 
そんな中、近年、再び地球滅亡、世紀末の日を描く映画がちょっとしたブームになっている。その一つの要因が昨今の異常気象、あるいは2012に地球が滅亡すると言う”マヤの予言”に起因した物。今年の夏に先行して公開された地球崩壊映画『ノウイング』に続いて、今度は”マヤの予言”通りに天変地異が巻き起こる超スペクタクル映画『2012』が公開されたので、SF大好き、地球崩壊物大好きな私って事もあり、早速観て来た!
 

まずは映画『2012』のご紹介。上で書いたように”マヤの予言”では2012年に地球が崩壊すると言う設定で、映画の中では太陽の異常爆発等で地球に様々な天変地異が起こり、地球が壊滅状態に陥り、その中で人類やその他の生物を存続する為のある手段を講じる?と言う内容。前半は兎も角として、後半はある意味”ノウイング”と似ているような似て無いような・・・。
 
監督は知る人ぞ知る、ローランド・エメリッヒ監督で有名な作品と言えば、宇宙人が地球を攻めて来て地球が壊滅状態になる『インディペンデンス・デイ』とか、地球に再び氷河期がやって来る『デイ・アフター・トゥモロー』等、地球崩壊映画を得意とする監督。このおっさんがメジャーになった映画と言えばSF映画『スターゲイト』で映画は興行的に言うとやや失敗っぽかったけど、その後TVドラマ化され大人気となり、約10年にも渡ってシリーズ化された超人気SFドラマとなってる。しかし、エメリッヒ監督と言えばアメリカ版『ゴジラ』や昨年公開された『紀元前1万年』等で、若干不評を買い、個人的にも当たり外れのある監督だと思っている。そんな事もあり今回の映画も期待半分、不安半分で観る事になったのである。
 

で、今回の映画の一つの見せ場で、TVのCMでもバンバン流れているロサンジェルスの崩壊シーンはCG色が強いものの、中々の迫力がある。それ以上に音響効果が凄い!その昔、”大地震”と言うスペクタクル映画があったのだが、その映画は劇場に超低周波を流すスピーカーを設置し、地震のシーンに合わせて超低周波を流し、あたかも実際に劇場が揺れているような錯覚を起こす手法(センサラウンド方式)で上映され、実際、仕組みを知らない人は”座席が揺れた”と思い込んだ客が大勢居たのだった(私は当時、今は亡き大阪梅田にあったOSシネラマ劇場で観たが、仕組みを知っていたせいか、ただゴーっと言う音がしていると言う印象で揺れると言うような感じ方はしなかったのだけど。)
 
映画”2012”は、最近は映画館の設備がドルビー対応になっている事もありそう言った特殊な仕掛けを用意せずとも、大音量、超低音の再現が可能なので、今回もフルにサラウンドを活用した音響になっていて、映画のシーンに合わせ、本当に揺れているような気分が味わえる。ただ音響的にはあのスピルバーグ監督、トム・クルーズ主演の『宇宙戦争』には負けているような気はした・・・、って言うか、”宇宙戦争”の音響効果は映画史No.1では無かろうか?と個人的には思っている。
 

ちなみにこのポスターのシーンは中国チベット地方の巨大山脈に、大洪水が流れ込むシーンなのだが、このCMは一年以上前からアメリカでは公開されていて、私も一年ほど前にAppleのサイトでこの大洪水のシーンを観て以来、ずっとこの映画の公開を心待ちにしていたのであった。
 
で、総評。上で書いたように、映像的には過去のスペクタクル映画に負けない斬新な崩壊シーンが次々と出て来て来るし、劇場が揺れるかの如くの大音量の迫力等もあり、見応えたっぷりだったのだが、どうもストーリーの運び方がいかん!上で書いたロサンジェルスの街中が崩壊して行く最中、主人公の乗った車だけが無事に街中を走り抜けて行ったり、小型飛行機でアメリカから中国へ向かおうとしたら、天変地異の影響で労せず中国に辿り着いたりと、全く持ってリアリズム感の無い、荒唐無稽過ぎるような場面のオンパレード。映像的には悲壮な崩壊シーンが続く中で、何か、思わず”そりゃあ、無いやろ!”と思わず突っ込むと言うか、呆れて失笑してしまう場面が数多くあったやっぱエメリッヒ監督は今一歩、詰めが甘いねえ・・・、と言うような印象が残った。
 
まあ、そんな不満は兎も角として、3時間近く(ちょっと最後の方で飽き飽きしたが)、延々と地球の崩壊が続くシーンのオンパレードで見応え十分な映画であった。まさに日本沈没を世界規模にスケールアップした内容だったとも言える。そして映画のラストは”ノウイング”の○○○では無く、今回は本当に○○の○○なのであった。
 
 
追加記録
 
今さっき、気が付いたのだが今回観た映画『2012』楽しみにしていた映画と言いつつも、ワーナーマイカルのポイントカードのポイントが溜まっていたので今回は無料鑑賞!!!ふと以前観た”ノウイング”の記事を読み返していたら何と”ノウイング”も無料鑑賞していた・・・。私は地球崩壊映画は無料で観る!ってのが決まり?になりつつある?この手の映画は大好きなので、本来なら大枚を叩いてまででも観たい映画なんだけどねえ・・・、余談でした。

数年ぶりの”まるみ食堂”は駐車場も広くなったおかげか、昼前から大賑わい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:53 PM
 
代理人記録
 
6、7年程前、運動がてらに自転車に乗って加古川近辺を良く散策していた頃があった。当然、その頃もあちこちのラーメン屋さんを巡ってたのだが、そんな中のお店の一つに『中華そば/まるみ』と言うお店があった。元々は”中華そば”と言う看板に釣られて入ったのがきっかけだったのだが、店内のメニューを見ると”中華そば屋さん”と言うよりは、どちらかと言うと中華料理のお店、あるいは普通に定食屋さんみたいな感じで、味は兎も角として、メニューが豊富にあったので、良く行った物だった。
 
その後、自転車でウロウロするコースが若干、東加古川寄り?になった事もありこの”中華そば/まるみ”と言うのか”まるみ食堂”と言うのか、このお店から遠ざかって行ったのだが、先日、この近くに行った事もあり久々に寄ってみる事にした。
 

こちらが6年ぶりぐらいに訪れた”まるみ食堂”。以前はお店の前のスペースしか駐車場が無くて、車で行くと駐車出来なかったりする事が多く、そんな事もあって自転車で行く事が多かったのだが、今はお店の南側に結構広い駐車場が出来て車で行っても停めやすくなっている。そんな事もあってか、この日は未だ正午にはなって無かったのだが、既に店内は半数以上のテーブル席やカウンター席が埋まっていて、しかも私と前後して多くの客が入って来たり、あるいはもう食べて出て行く客も何組かあって、この手のお店にしては昼間は大盛況と言うような雰囲気だった。このお店はメニュー豊富、ボリュームも満点!って事で、肉体労働者風の客を中心にビジネスマン系の客が沢山やって来る、地元では結構人気のお店なのだ。
 

で、この日、私が頼んだのは、何と無く健康を意識して”野菜炒めセット”。ラーメンの単品価格550円にプラス300円で定食に出来るので、このセットで850円也。昼飯としては若干高いような気もするが、確か御飯はお代わり自由だし、野菜炒めも一応、小なのだが見た目的には十分な量があって値段以上のお得感がある。ただ、今の私にはちょっとボリューム有り過ぎって感じがしないでも無いのだが。
 
で、こちらが中華そば、と言うかメニューでは”醤油ラーメン”。セットで頼むと”醤油にしますか?塩にしますか?”と尋ねられたので、よくよくメニューを見ると、何時の間にやら塩ラーメンってのもメニューにあってラーメンは好きな方が選べるらしい。でも上で書いたように、このお店は”播州中華そば”系のお店なので、素直に”醤油ラーメン”を選択。他の客を見ても、ラーメンを食べている人は、ほぼ全員が”醤油ラーメン”を食べていた。ブログネタ的には”まるみ食堂の塩ラーメン”ってのも気になるので、次回は塩ラーメンを食べてみようと思っている。
 
てな事で、久々に食べた”まるみの中華そば”だが、やや豚骨の匂いを残しつつ、どちらかと言うと甘口で、”翁介”や”いさちゃん”系の何処と無く懐かしい豚骨醤油、播州中華そばで、久々に食べた事もあり結構美味しいように思えた。上で次回は塩ラーメンを、と書いたばかりだが、また今度、この中華そばを食べに”まるみ食堂”に行ってみようと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.