義史のB型ワールド

2009年11月27日

松山千春コンサートの前に腹ごしらえに新しいラーメン屋で煮干らーめん!でも今一歩・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:52 PM
 
代理人記録
 
松山千春コンサートに行く前にちょこっと腹ごしらえをしておこうと思い、久々に三宮地下街の有名なカツ丼屋さん”吉兵衛”に行ったのだが午後5時半頃って事もあり、券売機には無常に”本日は終わりました”の札がかかっていた。こうなったら、この近くの有名カレー店”サヴォイ”にでも行くか、と思い、三宮駅方面に向かって戻って来る途中、何か見慣れないラーメン屋さんを発見!あれ?こんな場所にラーメン屋さんなんてあったっけ?とお店前に張ってあったメニュー表を見ると私の好きな”煮干しラーメン”がメニューにあり、しかも半麺盛りと言う、まさにコンサート鑑賞前には持って来いのサイズのラーメンがあるので、このお店に入ってみる事にした。
 

こちらが今回行った『旨らーめん研究所/我流本舗』と言うお店。奥に細長く続くカウンター席10席程度の小さなお店で、後から知った情報に寄ると新開地にある『ラーメン豚の助』の系列のお店との事。『ラーメン豚の助』って確か姫路にもあって、私も行った事があるような・・・。姫路店は私が行った後ぐらいに『ずんどう屋/本店』近くに移転後、潰れてしまった・・・、って事で、あまり良い印象は無いのだが・・・。
 

このお店は最近、都会のラーメン屋さんに多い自動券売機が置いてあるお店。で、券売機のメニューを見るととんこつラーメンを中心に、煮干しラーメン、つけ麺、その派生系のラーメン等、それ以外にもセットメニューや丼メニューが豊富にある。こんな小さな店でそんなにメニューを増やしても大丈夫なんかいな?と若干、首を傾げてしまいそうにはなるのだが・・・。
 
で店内に入るとカウンター席で、目の前にお店の大将が居て調理してるので店内の写真は撮れなかったのだが、厨房の壁には”ラーメン屋やりたかったら教える!”みたいな張り紙とかがあって、結構自身満々のお店と言う雰囲気だった。
 

で、上でも書いたように、この日私が食べたのは”我流本舗の煮干ラーメン半盛”、480円也。麺は半分だけど、スープもたっぷりだし、チャーシューや味玉のトッピングもあってそれなりのボリュームはある。で期待の煮干しラーメンのスープのお味だが、煮干しの旨味よりは、しょっぱさの方が気になるような感じ。そう言った意味からして、美味しいスープではあるが、ちょっと期待外れだったかも。もうちょっと甘口の方が私の好みに合ってたのだけど・・・。
 
しかしスープの好みはさておいて、特筆すべきは肉厚が1cm以上はあるかと思う分厚いチャーシュー。こんな分厚いチャーシューを食べるのは7、8年前に遥々と但東町まで食べに行った”ラーメン壱学”のチャーシュー以来かも。煮干しらーめんに釣られてこのお店に入ったのだが、結果的にはこのチャーシューの方がインパクトがあったような気がする。このチャーシューを食べに再訪問する事は有り得るかも。
 
てな事で三宮のセンター街の地下で新しいラーメン屋を発見したのだが、この日食べた”煮干しらーめん”は今一歩と言う印象。でも最近話題の”つけ麺”もメニューにあるし、分厚いチャーシューも中々美味しかったし、機会があればまた行ってみてもエエかも。まあ三宮センター街の地下と言えば、阪神大震災の直後まであった、今や伝説となりつつある”三馬力”と言うラーメン屋のラーメンがもう一度食べてみたい気がするのだけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。