義史のB型ワールド

2009年11月26日

神戸で明石焼きとたこ飯のセットを食べた。神戸の明石焼きは最初からお出汁に浸かってる!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:38 PM
 
代理人記録
 
この日は三宮で松山千春コンサートが開催される日。コンサートは夜からなのだが、買物やパソコンショップ巡りも兼ねて、昼過ぎからちょこっと三宮まで出掛けて行った。三宮に到着後、まずはランチ!って事で何を食べようかな?と思案した結果、この日はリーズナブルに”明石焼き”を食べる事に。高砂や加古川近辺で美味しい明石焼きを食べれるお店って皆無になってしまったからねえ。
 

こちらが今回、明石焼きを食べに行った”たこ庵”があるビル。”たこ庵”はこのビルの2Fにある。外から店内の様子が伺えないので、行き成り入るにはちょっと勇気がいるかも。
 

ビル1Fの入口にはこのような”たこ庵”のメニューや明石焼きの見本が飾ってある。大きく”お出汁で食べる明石焼き”と書いている処を見ると、神戸では明石焼きに馴染みが無いのかな?と思えなくも無いが、神戸でも”たちばな”等の明石焼きの名店が数多くあり、私も過去にそう言ったお店で食べて来たので、明石焼きを知らない人は少ないとは思うのだが・・・。
 

こちらはビルの入口に、そして『たこ庵』の店内にあったセットメニュー。二つのメニューのうち”サービスセット”ってのはランチタイム限定で、しかも”たこ飯と明石焼き”のセットでお値段が600円とリーズナブルなので、こちらのセットを注文。
 

間も無くして運ばれて来たのがこちらの”サービスセット”、600円也。当たり前だけどメニューに載っている写真とほとんと同じで、”たこ飯”と”明石焼き”と”ゆずたこ”と”ちびなす”の4点セットで600円なので、上で書いたようにお得な価格だと思う。ただ明石焼きが5個と言う点と、最初からお出汁に浸かっていると言う点が許せるかどうかで、このメニューの良し悪しの評価が分かれるとこかも。
 

まず最初に”たこ飯”のご紹介。”たこ飯”と言えばこの9月に大阪の”究極のたこ焼き”を食べに行った時にも食べたが、私は結構、”たこ飯”も好きである。で、このお店の”たこ飯”だが、流石に一人前ずつ炊いているわけでは無く、ジャーで沢山炊いた”たこ飯”を注文毎にお茶碗によそって出しているような感じ。ちょっと量が少な目に見えるが、これは別途100円プラスすると大盛になるとの事。まあセット価格で600円だし女性客もターゲットにしているようなので、この量は仕方無いかな?味的には極々普通の”たこ飯”だけど、それなりに美味しかった。
 

続いてはメインである”明石焼き”。上でも書いたようにサービスセットの”明石焼き”はこんな感じで最初からお出汁に浸かっている。この最初からお出汁に浸かっている明石焼きのスタイルは、私が神戸勤務だった頃に神戸で明石焼きを頼むと時々、こう言ったスタイルで出て来たので、個人的には神戸スタイルかな?と思っている(明石にもこのスタイルのお店があるのだが)。
 
で、最初からお出汁に浸かっていると、ソースが塗られへんやんけぇ!と姫路流の明石焼きの食べ方で育った人から文句が出そうだけど、いちいち、一個ずつお出汁に漬けて食べる事を考えるとてっとり早くて良いかも。焼き具合もまずまず、お出汁も薄からず濃からずで、こちらもそれなりに美味しい。蛸は若干小さめな印象を受けたけど、まあ全体的には合格点を上げても良さそうな明石焼きだった。
 

こちらはサービスセットに付いていた”ゆずたこ”。これが中々の珍味でお酒のあてにもなりそうな味もあり、中々美味しかった。そう言えば、大阪在住の頃に寮の間近くにあった明石焼きのお店で食べた”たこぶつ”も美味しかったのだが、そんな”たこぶつ”をちょっと思い出しそうになった一品だった。
 

もう一品、サービスセットには”ちびなす”が付いていた。お漬物代わり?っぽいのだが、こちらは至って普通の”小さな茄子のお漬物”だった。
 
てな事で何と無く久々に明石焼き専門店に行ったのだが、どちらかと言うと当たり障りの無い極々普通の明石焼き屋さんだったような・・・。敢えてまた行くほどのお店では無いと言う印象である。
 

ちなみに3年ほど前に行った、二軒ほど隣のビルの2Fに有る『ニーハオラーメン』はラーメン一杯280円だったのが300円に値上がりはして居たものの、未だ健在のようだ。三宮駅周辺でもこの一帯はちょっとリーズナブルなお店が揃った一角のように思える。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。