義史のB型ワールド

2009年11月23日

久々に博多一風堂へ。つけ麺も食べてみたかったけど、素直に赤丸かさね味。中々旨い!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:23 PM
 
代理人記録
 
大阪からやって来た某Tと”大人もうれしいお子様ランチ”を食べに来た日、午後から3D映画を観た後、劇場を出て来ると辺りはすっかりと夕暮れ模様。何と無く中途半端な時間?だったのだが、折角、三宮まで来たのだから美味しいラーメンでも食べて帰ろう!と思い、久々に博多一風堂に行ってみる事にした。
 

こちらがこの日、久々に行った『博多らーめん一風堂/神戸元町店』。博多一風堂と言えば近年のラーメンブームの火付け役となった超有名店で、私も10年ほど前に大阪長堀店がオープンした直後に甥っ子を引き連れて食べに出掛けて行ったぐらい。その後、大阪にも梅田店、難波店がオープン、そして5年ぐらい前には神戸元町に兵庫県初となる一風堂が誕生。その時に”神戸元町店”に行って以来、久々の訪問である。
 

こちらが久々に行った『博多らーめん一風堂神戸元町店』のメニュー。数年前にメニューに加わった1300円もする”極新味”なるメニューは姿を消し、私が博多一風堂へ行くと必ず食べていた”赤丸新味”はバージョンアップし”赤丸かさね味”となっていた。そう言えば、この夏に”一風堂のカップ麺”を食べたら”赤丸かさね味”になっていたので、あらま何時の間にやら変わったのね?と知ったばかりだった。
 
ちなみに、最近ちょっとはまりつつある”魚介風味の博多つけ麺”ってのも何時の間にやらメニューに加わったようで、ちょっと興味があったのだが、この日は久々の一風堂訪問、しかも”赤丸かさね味”は未だ未食って事で、今回は素直に”赤丸かさね味”を注文。ただ”かさね味”と言うネーミングが”天下一品の味かさね”と妙にダブってイメージがちょっと良く無かったりもするのだけど・・・。
 

ちなみに今回頼んだ”赤丸かさね味”のメニューの説明に寄ると・・・、”赤丸新味”からどう変わったのか、イマイチ判らない。まあ、それはらーめん実物が出て来てからのお楽しみ!って事で。
 

で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”赤丸かさね味”、850円也。”赤丸新味”と何がどう変わったのか、イマイチ良く判らなが・・・。
 

赤丸かさね味”をあらためてアップで見ると気持ち、中央にある真っ赤な”うまみ玉”が”赤丸新味”の頃に比べてちょっと大きいような気がする。で、麺は固めでオーダー。麺の写真を撮ろうとした時点で携帯電話がバッテリー切れで、この後の写真は無い。スープは豚骨臭さが全く無い、クリーミーで且つまったりとした甘口で、久々に食べたせいもあり、中々美味しいじゃん!と言うような印象。薄切りの焼豚もトロっとしていて、これまた美味しい。チェーン店とは言えど、流石全国的に名を知らしめた名店のラーメン!って事で、期待に違わず美味しいラーメンだった。ただ、ラーメン一杯850円は関西向きのお値段じゃ無いけど・・・。
 
最後に、ラーメンを食べている際に目の前に貼ってあって気になったのが”博多バンズ”なるメニュー。隣の席の出勤前の夜の蝶風のおねえさんも食べていて、旨そうだったのだが、この日はラーメン一杯で十分な腹具合だったので泣く泣く我慢。次回、”博多一風堂”訪問時には必ず食べてみようと心に誓ってお店を後にしたのであった。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。