義史のB型ワールド

2009年11月20日

某T君と夜飯食べに姫路へ行って生ビール半額に釣られて、オープンしたばかりのイタリアンに行った。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
大阪に住む某T君が突然にやって来て、我家に泊まった日、夕食に手料理を出す訳が無いので何処かへ出掛ける事に。でも当然の如く、お酒は飲みたい。てな事で徒歩で行ける距離にある、祭りの次の日に我が一族で行った『生州割烹/輝高(きだか)』に行ってみたのだが、”夜は予約のみ!(もしかして昼も?)”って事で、けんもほろろに追い返されたので、仕方なく姫路まで電車に乗って行く事となった。まあ、高砂駅周辺だと”焼肉ぶんか”とか、祭りの日の後に行った”お好み焼き/木曽路”と言う手もあったのだが、ある意味、どちらも時々行っているので、それじゃあ寂しかろう!と言う事で遥々と姫路まで出向いて行ったのだった。
 
で、姫路に着いた物の、特に行くあては無い。ちょっと前に祭り見物の日に昼飯を食べに来た山陽電車姫路駅の周辺を歩いてお店を物色していると”3日間限定で生ビール半額!”の文字を発見!行くお店にあてが無かった事や、生ビール半額はやっぱりお得だっせ!って事で、迷う事無くこのお店に入ってみる事に。
 

こちらがこの夜、行った『イタリアンバール/パードレマードレ』と言うお店。店名の如く、カジュアルなイタリアンのお店で、店内の奥の方はテーブル席だが、お店の入口付近はオープンカフェ風のお洒落な作りになっている。比較的、声のデカイ我々なので、お店入口近くのオープンテラス近辺近くの席に陣取る事に。
 

こちらが我々が思わず釣られてしまった”生ビールフェア/生ビール半額で一杯225円”と書かれたポップ。きっとこのポップが目に入らなければ、このお店に入る事は無かっただろう。何やかんや言いながらも、生ビール半額は結構大きいからねえ。
 

席に着くと直ぐに持って来たのがこちらの”本日のおすすめ”と”おすすめ小皿前菜”のメニューを書いた黒板。折角の”おすすめ料理”なので、この中から冷製前菜を一品、温製前菜を一品オーダーしてみた。
 

こちらはピザのメニューだが、普通のメニューは写真入りで色んな料理があったが全体的に値段がちょっと高いような印象を受けた。
 

まず最初に運ばれて来たのは私が選んだ冷製の前菜で”椎茸の豚ミンチ詰めトマトソース煮”。何かイメージしていたのと全然違ったのだけど、ちょっと珍しい料理でそれなりに美味しかった。
 

こちらはT君が選んだ温製の前菜で”カボチャとジャガ芋のキッシュ”。キッシュは偶に食べる事があるが、カボチャが上にそのまんま乗ってるのは珍しい。こちらも普通に美味しかった。
 

イタリアンのお店だし、ビールとの相性もバッチしって事でピザを注文。折角なので、このお店でしか食べれ無いようなピザを・・・、って事で”かぼちゃと牛挽き肉のピザ”ってのを注文。珍しい事は珍しいが、カボチャが甘いので、タバスコを掛けると甘辛い不思議な味になってしまった。もうちょっと無難なピザを選んだ方が良かったかな?
 
何やかんや言いつつも、半額って事で生ビールを何杯もお替りしたのでお腹が結構張って来た。てな事で、品数的にはあまり食べて無いのだが、〆のパスタをT君が注文。
 
こちらがT君が注文した”カルボナーラ”。半分ぐらい私も食べたが、具にベーコンがちょこっと入っていて、中々美味しかった。
 
てな事で生ビール半額に釣られて思わず入ってしまったが、品数的にはあまり食べなかったし、生ビールは半額だったしって事で、結構安上がりで済んだ。まあ往復の電車賃が一人1000円ほど余分にかかっているけど。1000円と言えば、この日の生ビール4杯分のお値段じゃん!!!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.