義史のB型ワールド

2009年11月16日

神戸牛専門の看板を掲げるお店でビフカツ定食、中々旨い!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:02 PM
 
代理人記録
 
とある日曜日のランチタイムに近所の幼馴染とランチに出掛けた。当初の目的地は、魚住にある串カツ屋さんだったのだがお店に行ってみると、閉まっている・・・、どうやら閉店したようだ。てな事で行き成り予定が狂ったので次に行こうと思う候補店が見つからない。最終的には土山のジャスコ近くにあるうどん屋さんに行こうと、国道2号線を西の方へ向かったのだが、その途中”神戸牛”の看板を発見!そう言えば、以前からこの前を通る度に、この看板を見ては心躍らされていたなあ・・・、って事でこの日は昼間だったのでランチメニューを期待して入ってみる事に。
 

こちらがこの日行った神戸牛専門店のお店『大井屋』。パッと見、目立つような店舗では無いのだが、私には”神戸牛”の文字が燦然と輝いているような気がする。焼肉やしゃぶしゃぶ系が中心のお店っぽいが、とりあえず様子を伺う為に駐車場に車を入れる。お店入口の反対側には精肉販売コーナーがあって、どうやらお肉屋さん直営?あるいは、このお店がお肉を売っている?まあ、そんな感じのお店だ。
 

で、お店の正面に廻るとこのような”ランチメニュー”の看板があり値段はちょっと高めながらお手軽なトンカツ定食のようなメニューもあるので、最悪、それでもエエかな?みたいな軽いノリで入店する事に。
 

時間的に日曜日の正午を少し廻った時間って事で、店内は満席だったらしく入れ替わりに一組の客が出たので、その席を片付ける間、約5分ほど待たされて漸く席に案内された。雰囲気的には常連さんが沢山居て、そこそこ人気があるお店のようだ。ちょっと期待が出来る?かも。
 

メニューを広げるとトップページには”大井屋のこだわり”がデカデカと書いてある。それを読むとこのお店は”神戸牛・但馬牛”を一頭買いしているらしい。だから本物の神戸牛?が食べれる、みたいな・・・。ただそれに伴い、通常のメニューは結構なお値段が書いてあって、ディナータイムに来るにはちょっと勇気が必要なお店っぽい雰囲気だ。
 

で、通常のディナーメニューは置いといて、一番気になる?お昼の定食のメニューを見るとこんな感じで、基本的には表に張ってあった看板と内容は同じ。これ以外に、2500円ぐらいするお肉食べ比べみたいな焼肉のランチもあって、物凄く興味をそそられたのだが、この日は昼間っから焼肉を食べている場合では無かったので、パス。次回のお楽しみとなった。
 

そんなこんなで最終的にこの日、食べたのがこちらの”ビフカツ定食”、1550円。やっぱ”神戸牛専門”と謳ったお店に来て、牛肉を食べないわけには行かないでしょう!ちょっとお値段は高い気もするが、ハンバーグ定食が1700円もする?事を考えると、安い方?かも?”ビフカツ定食”にはメインの”ビフカツ”、それにややテンコ盛りの御飯とお漬物、それに小鉢と味噌汁の他に、デザートのフルーツも付いていて中々豪華だ。
 

あらためてメインの”ビフカツ”をご紹介!結構、大きめのビフカツにたっぷりのデミグラスソースが掛かっている。このままお皿に盛った御飯の上に乗せると”かつめし”が出来そう!。まあ、このままでも”伊保の一平”風に言うならば”カツライス”なのだけど。
 

てな事せ早速、箸でビフカツの肉を摘んでみると・・・、お肉が自慢のお店と言う事で、肉厚のあるビフカツを期待したのだけど、御覧の様に、かつめし用のビフカツ程度の薄さで、しかも中まで完全に火が通っている。が、しかし、このお肉が中々旨い。肉汁が流れるほどでは無いものの、牛肉特有の旨味のあるちゃんとしたお肉だ。伊達に神戸牛・但馬牛専門を謳っていない事が判る。やや甘口のデミグラスソースも、ビフカツと合わせて食べるとこれまた美味しい。上で書いたように、何かかつめしを食べているような錯角さえ覚える。久々に美味しいお店を見つけた!って言う喜びすら沸いて来るようなひと時であった。
 

こちらは”ビフカツ定食”に付いていた小鉢の”切干大根”。御飯のお供、あるいは私の生ビールのおつまみに最適な一品だ。ビフカツが美味しいせいもあり、この”切干大根”も美味しく感じられた。
 

味噌汁もありきたりながら、豆腐もちゃんと入っていて、こちらも普通に美味しい。全体的に美味しい定食だった。
 
ビフカツに満足して席を立とうとしたら、ランチタイムには食後のコーヒーも付いている!って事で、すぐさまコーヒーを運んで来た。料理の味も良かったけど、お店入った時からのお店のお兄さんの接客の仕方もそこそこ印象が良い。この辺りも、このお店の人気の秘密かも。そう言えば、我々が入店後も、空いた席には直ぐ様、次の客で埋まってたから、やはり人気は高いお店なんだろう!
 
てな事で、偶然入ったと言うか、あるいは以前から看板を見て気になっていたお店でもあるのだが、割りと期待通りの味で中々の好印象。流石に”ビフカツ定食”としては私の超お勧めの大阪・北新地で食べた”はな矢のビフカツ”には遥かに及ばない物の、中々美味しいビフカツだった。個人的にはこれからも何度か行って、まずはお昼限定の味比べっぽい焼肉ランチを食べ、何れ、ディナータイムでも焼肉なりステーキなりを食べに期待と思わせるお店なのであった。久々にお勧め出来るお店なので、みなさんもぜひどうぞ。

久々にロッテリアでデカメンチバーガー食べた。デカ!と言う割りには、大きく無い。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:43 PM
 
代理人記録
 
新聞購読を辞めた為、お得なサンモールのクーポンが手に入らなくなったので、最近あまり行かなくなったロッテリアだけどサンモールへ行った際にロッテリアのクーポンを貰ったので久々にロッテリアに行って来た。折角なので、またまた期間限定の商品(のはず)である”デカメンチバーガー”を食べる事に。
 

ちなみに”デカメンチバーガー”とはその名の通り”130gの特大メンチカツバーガー”をバンズで挟んだ物。ロッテリアの宣伝文に寄ると”牛肉、タマネギ、パン粉といった基本材料のほか、コクとジューシーな風味を与える豚脂を追加し、130gもの大ボリュームとなった”との事。どれだけデカイのか、ちょっと楽しみ?
 

今回はサンモールのお得なクーポンは無いがそれでもしっかりとロッテリアのクーポン券は利用デカメンチバーガーは単品で290円だがポテトが付いて330円。ペプシネックスがこれまたクーポン利用で50円なので〆て合計380円也。何か結構安いような気がする。
 

こちらが今回食べた”デカメンチバーガー”のセット。上で書いたようにお得なクーポンを寄せ集めて買ったので、このセットで380円って事で雰囲気、お得感満載。何時もこれぐらいのお値段で食べれるとハンバーガー屋さんも安いような気がするのだけどねえ・・・。
 

で、”デカメンチバーガー”の中身はこんな感じ。もっと大きなメンチカツなのかな?と期待していたのだが、開けてみるとあまり大きいようには見えない。ロッテリアの説明に寄ると”たっぷりの粗挽きブラックペッパーを使用して味にメリハリをつけ、塩やオレガノなどの各種香辛料で味を調えた”との事。ハンバーガーとしてでは無く、御飯のおかずで食べたいような気もして来た・・・。
 

早速、”デカメンチバーガー”を食べてみる事にする。中にはキャベツも入っていて、普通にミンチカツだ。これまたロッテリアの説明に寄るとソースは、じっくり熟成させつつスパイスを効かせた中濃タイプソースに、トマトケチャップを加えることで味に深みを出し、メンチカツのボリュームに負けないものに仕上げた”との事。でもそれほど美味しいとは思えず、まあ普通にスーパーの惣菜屋さんで売っているようなミンチカツレベルだったような記憶しか残っていない。
 
ちなみにセットに付いていた”フライドポテト”はこんな感じ。まあ何時ものロッテリアのポテトだけど。
 
てな事で、久々にロッテリアの期間限定の”デカメンチバーガー”を食べてみたけど、宣伝文句とは裏腹に、大きさの面でも味の面でも、どうって事の無いメンチカツだった。まあ値段も安いしこんなもんっちゃあ、こんなもんかも知れないのだけどねえ。まあ今回は値段が安かった事だし、良しとしておこう

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.