義史のB型ワールド

2009年11月14日

ヤマトヤシキの北海道物産展で、何故かジャンボハンバーグ弁当食べた。結構旨いで!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:52 PM
 
代理人記録
 
この季節になるとあちこちの百貨店で”北海道物産展”をやっている。それに釣られて私も良く出掛けて行くのだが、今回もヤマトヤシキ加古川店でやっていた”北海道物産展”へ行って来た。北海道!と言えば蟹の弁当が大人気で、私も良く買って食べるのだが、何かそれじゃあ芸が無い。話題の生キャラメルと豚丼も前回、山陽百貨店の北海道物産展で食べたばかりだし・・・、と色々と見て回っていると”ジャンボハンバーグ弁当”ってのを発見!何で北海道物産展で、ハンバーグ?って言う疑問もあったが美味しそうだったし、確かにジャンボっぽかったので買ってみた。
 

こちらが今回、ヤマトヤシキ加古川店北海道大物産展で買った”よろづや助十郎/ジャンボハンバーグ弁当”、1365円也。冷静になって考えてみると弁当としては結構高い!この弁当の他、ハンバーグランチ弁当?みたいな普通サイズのランチパックも800円ぐらいで売っていたのだが、やはりブログネタ的にはジャンボで無いとあかんでしょ!って事でこちらを購入。右側のA4サイズのチラシをその大きさを比べると判るのだが確かに値段也の大きさのある弁当だ。
 

よろづや助十郎”のチラシを読むと”北海道産牛交雑種を使用”って事で一応、北海道繋がりはある?ちなみに、お店は旭川にあるので、間違い無く北海道物産展の参加資格?はあるようだ。
 

よろづや助十郎ジャンボハンバーグ弁当”を包んだ紙を取るとこんな感じ。透明の蓋にもしっかりと”助十郎”のロゴが入っている。料理人、土岐助十郎さんは、よっぽどの出たがり?なのかな?
 

透明の蓋を取ると、漸く”ジャンボハンバーグ弁当”が姿を現す。弁当のネーミングの通りのジャンボハンバーグと全く同じぐらいの大きなのオムライス、それに野菜類がちょこっと付いて1365円也。中々思い切ったお値段じゃ無いの。余程、味に自身があるのかな?ちなみに買った時は、ほのかに温かかったのだけど、ニッケパークタウンのフードコートへ移動中に結構冷めてしまったような・・・。
 

で、ジャンボハンバーグはこんな感じ。写真では中々、その大きさが伝わり難いのだけど、確かに大きいし厚さもそれなりにある。
 

ジャンボハンバーグの中はこんな感じでしっかりと火が通っている。だが、このハンバーグ、中々美味しい。チラシで自慢している通り肉の味がしっかりとしているし、ちょっと甘めのハンバーグソースとの相性も抜群で中々いける味なのだ。味と言う点だけで言うと、特にジャンボにこだわる事も無くても、安い方のランチパックの方でも十分かも。
 

こちらが”ジャンボハンバーグ弁当”のもう一つの売り?でもあるオムライス。やや半熟さの残った玉子とケチャップの色が鮮やかで美味しそうに見える。添付されている紅しょうがは若干、余計な感じがするけど。
 
オムライスの中身は、ちょっと薄味っぽい感じのケチャップライス。しかし、こちらは弁当の宿命か、大量に調理して長時間時間が経ったような感じがするご飯の具合で、メインのハンバーグの旨さに比べてかなり落ちる。これなら普通に白いご飯でも良かったかも、と言う気がした。
 
てな事でこの季節恒例の北海道物産展で、蟹の弁当では無く、ハンバーグ弁当を買って食べたのだが、お店が自慢する通り、ちょっと冷めていたけどハンバーグは美味しかった。願わくば、本当のお店で焼き立てのハンバーグを食べてみたい気がするのだけど、流石にお店は旭川にある!って事でそれは出来ない。そもそも旭川へ行ったら、またラーメン屋に行ってしまいそうな気がするし・・・。何はともあれ、また次回の北海道物産展が楽しみなのであった。そう言えば、最近はラーメン屋の茶屋って無くなってしまったような・・・。ぜひ復活して欲しい物だ・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.