義史のB型ワールド

2009年11月9日

奄美の郷土料理のお店でまたまた日替りランチを食べた。でもだし巻で800円はちと高い?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
2ヶ月ほど前に映画を観に行った時、何時も利用している”焼肉の但馬屋”では無く、以前”和風カレー丼のお店”だった場所に昨年ぐらい?に出来た”奄美の郷土料理/鶏飯のお店”に行ったのだが、その時は日替りメニューの”鶏飯チャーハン”を食べたので、やっぱ一度はお店の看板である”鶏飯(けいはん)”を食べない事にゃあ、このお店の事は語れ無い!って事で再び行ってみた。
 

こちらがまたまた行って来た”奄美の郷土料理/奄美人(あまみんちゅ)”。前回訪問時は、昼間から近くのサラリーマン達が接待っぽい雰囲気で小宴会をやっていたのだが、この日はランチタイムど真ん中って事もあってか、オバタリアンが数組、常連っぽいおじさんの客らでそこそこ賑わっていた。それなりに常連客が着いているようだ。
 

上でも書いたように、この日はお店の看板メニューである”鶏飯(けいはん)”を食べようと思ってこのお店に来たのだが、お店の前に置いてある日替りメニューの看板を見ると、この日のおかずは”鶏飯だし巻”との事。”鶏飯だし巻”とは何じゃらほい?鶏飯の具の鶏肉やスープ等を使ってだし巻を作るのかな?と興味津々。鶏飯を食べに来た!と言う事をすっかり忘れ、気分は日替りランチになってしまった。
 

てな事でこの日食べたのがこちらの”日替りランチ”、800円也。メインの鶏飯だし巻と、手作りとうふの他は、前回食べた”日替りの鶏飯チャーハン”に付いていた物とほとんど同じ。観た目の印象としては前回の方が内容的には良かったような・・・。
 

メインの鶏飯だし巻と、手作りとうふはこんな感じ。とうふの入った器がりんごマークの形になっていてこの器を見ていると、Macが欲しくなって来た・・・、って事は置いといてメインの料理である”鶏飯だし巻”であるが何か極々”普通のだし巻”。鶏飯に使っているような鶏肉が入っているわけでは無く、考えられるとすれば鶏飯に使うスープを使った、だし巻なのかな?と想像するぐらい。思い切ってお店の人に聞いても良かったのだけど、それは最初に聞くべきだったかな?と思い躊躇。しかしメインがこんな”普通のだし巻”で800円の定食ってのは、値段的には納得出来ないかも・・・。
 

手作りとうふが再び写っているが、それ以外のポークランチョンミートとパパイヤの漬物とか写真に写って無いサラダ等はと前回と全く同じ。ポークランチョンミートは相変わらずの味だけどパパイヤの漬物は前回同様、結構美味しいように思う。ご飯にも合うし。手作りとうふは、何と無くゴマ豆腐みたいな感じではあったけど、まあ至って普通。個人的には別のおかずの方が良かったよねえ。
 
表の日替りの看板には”女性限定コラーゲンスープ”と書いてあったが、私は男性なのでコラーゲンスープが出て来る事は無く、こちらも前回同様の”鶏のスープ”だった。鶏肉や椎茸、エノキなど相変わらずの具沢山で、このスープは中々美味しい。でもコラーゲンスープってのにもちょっと気になったけど・・・。
 
てな事で”鶏飯(けいはん)”を食べようと思って再びやって来た”奄美人(あまみんちゅ)”なのだが、またまた日替りメニューの誘惑に負けて”鶏飯だし巻”ってのを食べたのだが、内容的には極々普通のだし巻だったので、セットで800円と言うお値段はちょっと高いように感じた。雰囲気的には健康的な料理にも思えるけど、やっぱメインのおかずはもうちょっとガッツりした物がエエよねえ。
広告

WordPress.com Blog.