義史のB型ワールド

2009年11月7日

ちょっとお洒落なカツ丼屋さんでカツ丼食べた。至って普通だけど値段が安いから結構お勧め!

Filed under: — 代理人 @ 9:54 PM
 
代理人記録
 
灘の喧嘩祭り宵宮の見物の後、すっかり辺りも暗くなっていたので夜飯を食べに、再び姫路にやって来た。久々に”とんかつのむさし”に行こうと思って行ってみたら何と定休日!気分的にはすっかり豚カツ気分だったので、そのまま西方面へと向かい、以前、おでんを食べに来た時に見つけた、ちょっとお洒落な丼屋さんに行ってみる事にした。
 

こちらがこの日、行った『Donburiカツ善』と言うお店で、今年の冬に姫路おでんを食べに来た”おでん専門/能古本店”の直ぐ近所にある。御覧の通り間口は狭く、パッと見は丼屋さんには見えず雰囲気は喫茶店かカフェのような感じ。照明が明るいので遠くから見てもちょっと気になる雰囲気を持っている。
 

店内に入ると壁側にカウンター席があり、置くには6人ぐらいが座われる大きなテーブル一卓あるだけで、想像していた以上に客席数は少ない。その奥に厨房があり、どうやら若いお兄ちゃんがマスターのようだ。
 

こちらが『Donburiカツ善』のメニュー。御覧のようにカツ丼を中心に色んな丼のメニューが並んでいるのだが、基本的にはカツ丼をアレンジしたような丼が中心。その他、お得なミックスフライ定食みたいなのもあった。でも一応、カツ丼がメインのお店のようなので今回は素直にカツ丼を注文。
 

とその前に、この日の祭り見物は電車利用だったので気兼ね無くビールが飲める!って事でまずは”生ビール”を一杯。”生ビール”にはサービスで、キムチの盛り合わせが付いて来た。
 

こちらが”生ビール”に付いて来たサービスのキムチで、私の好きなカクテキ(大根のキムチ)と、定番の白菜キムチの二種類盛り。まさか、このキムチで舌を麻痺させて、カツ丼の味を誤魔化そう?と言うような意図は無いと思うが、それなりに辛い。でも本格的なキムチで中々美味しい。ビールにも合うが、普通に白いご飯が欲しくなった一瞬でもあった。
 

そして間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カツ丼”、580円也。御覧の通り、見た目的にも、あるいは実際に食べてみても、目茶目茶オーソドックスな”カツ丼”。これがこのお店の一番シンプルなカツ丼であとはこれに玉子を増やしたり、豚カツを二枚にしたり、海老フライを乗せたりと、様々なバリエーションの丼と化すのだ。
 
豚カツも、肉厚、肉質ともに至って普通だが、ややつゆだく状態だった丼出汁や、そこそこの半熟度のある玉子と合わせ普通に美味しいカツ丼だった。何と言ってもこれで580円なので、値段を考えると十分なお味じゃ無いのかな?
 
てな事で、前々から気になっていた丼屋と言うかカツ丼屋さんではあったが、以前、小溝筋にあった”究極のカツ丼”のお店が亡くなってから姫路駅周辺でお手軽にカツ丼を食べれる専門店が無くなったのだが、このお店ならまた来てもエエかな、と言う印象。生ビールに付いて来たキムチもポイント高いし。とりあえず、次回訪問時は、カツカレー丼を食べる事にしよう!
広告

WordPress.com Blog.