義史のB型ワールド

2009年10月30日

大阪からやって来た某T君が中華料理を食べたいと言うので・・・、上海蟹食べた!

Filed under: グルメ,中華料理 — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
高砂の祭りの日、ちょっとした用事と、祭りの後のプチ同窓会に参加する為、大阪に住む某T君がやって来た。用事は直ぐに済んだし、祭りまでまだ時間があったので、何処かへ昼飯を食べに行こうと言う話になった。で、某T君に何が食べたい?って聞くと”中華料理が食べたい!”と言うので、高砂・加古川近辺には大した中華料理屋さんが無いし、まさか王将で?と言うのもショボイ・・・、って事で私が時々行っている『上海料理/蓮』に行く為に遥々と姫路まで行って来た。
 

こちらがこの日行ったヤマトヤシキ姫路店のレストラン街にある『上海料理/蓮/ヤマトヤシキ姫路店』。このお店は7分位の客の入りだったが、同じフロアにある『実演手打ちうどん 杵屋』に行列が出来ているのに驚いた何処にでもある『杵屋』に行列だっせ。加古川じゃあ考えられん!ちなみにもう1店行列が出来た『和食処 竹馬』があり、こちらは一度も行った事が無いので以前からちょっと気になっているのであった。
 

で、ちょっと前にこのお店で”豚バラ野菜丼”ってのを食べたので、この日はお手軽なお昼のメニューの中から、酢豚や唐揚げ、それに焼飯がセットになった”飲茶Aセット”を食べる事に決定。平日ならもうちょっとお得なサービスランチがあるのだが、この日は日曜日って事でこちらのメニューの中から選んだのだった。
 

が、しかしお店の入口やメニュー表とは別に用意された季節のメニューってのを見ると”上海蟹”の文字が。”上海蟹”って毛蟹以上に食べ難いし、食べるとこも少ないのだが、それでも季節物に弱いので、少しでも食べ易そうな”上海蟹の炒め”を追加で注文する事に。
 

で、最初に運ばれて来たのがこちらの”飲茶Aセット”、1280円也。色んな料理が一度に楽しめる、お手軽なセットだ。今回は他に”上海蟹の炒め物”も追加したけど、この”飲茶Aセット”だけならちょっとボリューム的には物足りないぐらいの量かも。
 

まずは”飲茶Aセット”のメイン料理である”酢豚”から。2年ぐらい前にこのお店に来た時にコースの中で食べた”鎮江香酢の酢豚”と基本的に同じような、でも”鎮江香酢”の香りはそれほど強くは無くて美味しい酢豚”だった。
 

続いては揚げ物3品が乗った小皿で内容は”春巻、ゴマ団子、若鶏の唐揚げ”、それに付け合せのマヨネーズたっぷりのキャベツ。唐揚げが一個だけ?ってのはちょっと寂しいけど、普通に美味しい唐揚げだし、春巻もまずまず。ゴマ団子はあんこ入りなので、このタイミングで食べるにはちょっと邪魔だったけど、こちらも普通に美味しいゴマ団子だった。
 

そして定番の”蒸し点心2品”はこのお店のコース料理に必ず付いている”小龍包”と”海老餃子”。”小龍包”はやや蒸し過ぎ?で、肉汁が溢れ出るほどでは無かったような・・・。で、蒸し点心には黒酢を使ったタレが付いていたのだが、黒酢の味が強くてタレ的にはイマイチな味だったけど。
 

スープはこれまた中華の定番である”中華玉子スープ”。前回食べた豚バラ野菜丼に付いていたスープと全く一緒だったかな?このお店のお昼のお得なランチにはこのスープと決まっているのかも。
 

そしてご飯物も白いご飯では無くて普通に”炒飯”。こちらも以前来た時は”上海炒飯”と呼ばれていた炒飯でコース料理の〆に必ず付いている炒飯と一緒みたいな。味的にも普通に美味しい、ラーメン屋さんのとはちょっと違う中華料理屋さんの炒飯だった。
 

飲茶Aセット”には一応”デザート”も付いていて、内容はこれまた中華の定番の”タピオカ”。まあ一般的な”タピオカ”そのまんまだったかな。
 
そして”飲茶Aセット”を食べている中盤で運ばれて来たのが、こちらの”上海蟹の炒め物”、3500円也ちょっと値段、高けぇ!!!。確かに”蒸し蟹”よりは食べ易そうだけど、逆に言うと何処を食べるねん?みたいな感じもする。ちょこっと足を摘んで食べてみると”生姜風味の濃い味付け”で蟹の味と言うより餡の味の方が強いような。後でメニューを見ると”葱生姜味”か”チリソース味”が選べたみたい。昨年、東京で食べた”チリソース味のマッドクラブ”が滅茶苦茶美味しかったので、今回も出来たら”チリソース味”で食べたかったかな?注文時には本物の中国人みたいな店員さんは何も言ってくれなかったのだが、一言、”味はどちらしますか?”ぐらいは聞いて欲しかったかな。
 
てな事で”中華料理が食べたい!”と言うT君の希望で、遥々と姫路まで行ってお手軽なランチメニューだけを食べて帰るつもりだったのだが思わず”上海蟹”に釣られて、結果的にはちょっと高目のお食事となってしまった。まあ、この日もT君がちょっとしたお礼?って事でご馳走してくれたので彼に感謝するしか無いのだけど・・・。今度はまた大阪・北新地辺りで美味しい物を食べよね、T君!

飾磨の祭りの後は、再びラーメン?って事で希望軒亡き後のらぁめん力王へ行ってみたけど・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:03 PM
 
代理人記録
 
飾磨の恵美酒宮天満神社の秋祭りを観て帰る頃はすっかり夜も更けて、お腹も若干、腹ペコ気味。昼間もラーメンを食べたばかりなのだが、やっぱお手軽に食べれるお店?って考えるとやっぱり一番に頭に浮かぶのがラーメン屋さん。てな事で、この日の夜は希望軒(ホープ軒)本店跡地に復活オープンしたらぁめん力王”に行ってみる事に。
 

こちらが希望軒本店跡地に復活オープンした”らぁめん力王”。私は希望軒(ホープ軒)がまだ姫路に1店しか無い頃から、この地にあった希望軒に通っていたのだが、その後、希望軒は店舗拡大し過ぎて営業不振となり民事再生法適用後、それでも東加古川にも新店を出す等、精力的に頑張っていたのだが、どう言った形態になっていたのか不明だが、希望軒本店?はこの夏に閉店してしまったのだった。
 
その後、これまた少し前まで芦屋で有名な”日の丸軒”の姫路店をFC経営していた元・力王の社長?が”日の丸軒/姫路店”閉店後に、この希望軒本店跡地に”らぁめん力王”を復活オープンさせた!との事。私は”らぁめん力王”には一度も行った事が無かったので、復活!と言われても、全然ピンと来ないのだが。
 
で、店内は基本的に、以前の希望軒のまま?のような、ちょっと改装されているような・・・。希望軒本店には長い間、行って無かったので、記憶は定かでは無いのだが・・・。
 

こちらが”らぁめん力王”のメニュー。濃厚とんこつ系から醤油や塩、果てはぴり辛系やちゃんぽん等もあってどのラーメンが売りなのか、このメニューを見た限りでは全然判らない。何れにしても昼間にずんどう屋のこってり豚骨らーめんを食べたばかりなので、とんこつ系はパスって事だけは、はっきりしている。
 

メニューを見ていると”人気定番メニュー”ってのがあって”味噌らぁめん”が一番人気との事。後で聞いたが”力王は、3種のみそを合わせて作る「焼きみそ」のスープが特徴のラーメン店”との事。味噌系が売り・・・、って何か以前の希望軒と変わらんような気がしないでも無い・・・。
 

更にメニューを見ていると”お得ならぁめんセット”ってのもある。定番の餃子セットや唐揚げセット等の他に”味噌かつセット”なるメニューがある。ラーメン屋さんなんだけど、妙にこの”味噌かつ”が気になったりする。”味噌かつ”と言えば名古屋名物の味噌かつを思い出すが、その昔、私が新入社員の頃に名古屋へ出張した際に初めて食べた”味噌かつ”は”かつの衣の中に味噌が入っていて”、それがとても美味しかったのだが、それ以来、名古屋や大阪で味噌かつを食べても”衣の中に味噌が入った”味噌かつには出合った事が無い。この店の味噌かつもメニューの写真を見た感じでは極々普通にカツの上から味噌をかけた、味噌かつのようだ。でも値段も270円だし、今回は味噌かつセットを食べる事に。ラーメンはスープ的感覚で、無難な醤油ラーメンを選択。
 

料理注文後、間も無く運ばれて来たのがこちらの”醤油らぁめん”600円と味噌かつセット、プラス270円なので、合計すると870円也。それなりのお値段とも言える。味噌かつは一品メニューにもあってお値段は400円って事で、予想はしていたのだが、フルサイズでは無くて半分ぐらいの大きさの味噌かつだ。添えられているざっくり切りのキャベツがみずみずしさの残る新鮮な感じで好印象。
 

で、こちらがメインの”醤油らぁめん”。オーソドックスな醤油スープにチャーシュー、モヤシ、メンマ、ネギと、これまた定番の具がトッピングされている。早速、一口スープを飲んでみると・・・、美味しく無い・・・。お店の売りが味噌ラーメンやとんこつ系なので、仕方が無いのかも知れないが、もうその辺の町の中華屋さんのラーメンレベルか、それ以下。もしかしたら、昼間もラーメンを食べた影響もあって、美味しく無いのかな?と考えても見たけど、スープは全く違う系統だし・・・。この不味さは、十年ちょっと前に山陽電車高砂駅前にあった”安味”と言うラーメン屋を思い出すような味だ。あのラーメンは300円だったので、ある意味許せたのだが、このラーメンは600円もするので、何か物凄くショックだ。
 

しかもニンニクは無料らしいが、別途頼まないと駄目なので、今更言い難い。仕方が無いのでテーブル上に用意されていたニラニンニクを大量に投入。この醤油スープにニラニンニクが合うかどうか微妙だったのだが、どうせ不味いラーメンならば、ニラニンニクでそれ以上に不味くなっても気にならないだろう!って事だったのだが、まあ、大して味の変化も無く、最後まで美味しく無いままに、ほぼ完食した・・・。
 
こちらはセットの味噌かつ。御覧の通り、一般的な豚カツの半分位のサイズで、上に味噌が掛かっただけの、まさにネーミング通りの味噌かつ。こちらは揚げたてだし、私も大好きな豚カツだし、白いご飯にも良く合うし、こちらは、それなりに美味しかった。270円と言う価格も良心的だし、今の私には、これでも十分な量だったし、味噌かつセットの方にはあまり不満は無い
 
てな事で、復活オープンした!って事で話題性もあるし、新店と言うネタも兼ねて食べに行ってみたのだが、醤油ラーメンはちょっとがっかりのお味だった。やっぱお店の看板メニューの味噌ラーメンを食べ無かったのが、失敗の最大の原因なのかなあ。でも味噌ラーメンが自慢のお店!って、あんまり好きじゃ無いのだけど。まあ、次回、一回ぐらいは、その自慢の味噌ラーメンでも食べに行ってみるとするか・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.