義史のB型ワールド

2009年10月29日

飾磨の祭りの前に腹ごしらえ。ジャパンラーメンへ行ったら閉まっていたので、ずんどう屋だ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:47 PM
 
代理人記録
 
飾磨の祭り見物で恵美酒宮天満神社に到着。まずは何はともあれ腹ごしらえを・・・、って事で久々にちょっとマニアックなラーメン屋”ジャパンラーメン”に行こうと思い、御旅所の飾磨中部公園へ向かう前に、ちょっと寄り道でそちらに向かう事に。
 

恵美酒宮天満神社前には既に沢山の夜店・露店が並んでいたのだがその中に、これも時代の成せる業なのか”姫路名物えきそば”のお店が出ていた。まさか、まねき食品がわざわざ露店を出しているとは思えないので、きっとどっかの業者が昨今のB級グルメブームに乗って出店しているのだろう。個人的には中々やるな!と言う印象。まあお祭りって事で値段が420円?とちょっと高目だったけど、逆に考えるとこう言う場所に出しているお店としては良心的な価格かも。
 

で、ちょこっとうねうねした道を通って無事に”ジャパンラーメン高嶋/おいしいラーメン研究所”に到着!おお!、おっさん、祭りの二日間休業にしてやがる!10年くらい前に、ちょこちょこ来て居た頃、祭り期間でも営業していたのになあ・・・。個人的には”飾磨の祭りとジャパンラーメン”とはセットのお楽しみにしていたので、ちょっと残念。孫でも出来て祭りの方に関心が向いたのか”8年に一度の本神事”に釣られたのか。どっちにしても、これでまた当分の間”ジャパンラーメン”へ行く事は無くなった?のかも。ちなみに数年前、このお店のお持ち帰りラーメンで”塩ラーメン”を管理人さん邸に持って行った事があるのだが、多分覚えて無いのでしょうねえ・・・。
 
てな事で、ちょっと残念な気持ちを抱えたまま”御旅所の飾磨中部公園”へ向かう。先に書いたように目的地の公園は”ずんどう屋/姫路南店”のめっちゃそば!って事で、練り合わせが始まる前に先にこちらで腹ごしらえをする事に。
 

こちらが姫路南幹線沿いにある”ずんどう屋3号店である姫路南店”。流石に午後12時を廻った時間帯って事や、私と同じように祭りの見物客が流れて来たのか、平日の昼間だが待ち客の行列が。名前を書いて待つ事約10分。漸く店内に案内された。ちなみに”ずんどう屋”が誕生した頃に、管理人さんを初め30番さんとかも案内して食べに行った事がある、今や姫路を代表する有名店となったラーメン屋さんなのだが、何と無く、お店が出来た頃のラーメンとは違う物になってしまったような気がする。あの当時は写真を撮るような時代では無かったので、その頃のラーメンの姿が残って無いので比較が出来ないが、全く違う?と言っても過言では無いような気がする・・・。
 

こちらが”ずんどう屋/姫路南店”のメニュー。今やずんどう屋全店(4店)共通のメニューになっているので基本的にはどのお店でもメニューは一緒(ただし、ランチメニューは微妙に違うような)なのだが、何故か”中華そば”のメニューは消されていた。人気が無いから無くなっちゃったのかな?他のお店はどうなんだろうねえ・・・。
 

で、久々(ちょっと前に姫路北店にも行ったから、そうでも無いか)にずんどう屋訪問って事でこの日は基本である”元味らーめん”を背脂こってり、中太ちぢれ麺で注文。こちらがその”元味らーめん”、650円也。”ずんどう屋”が誕生した頃のラーメンのチャーシューは、トッピングする前に、一枚ずつ七輪で炙ってから乗せていたのだが、今はそんな面倒な事はやって無くて普通に乗せているだけ。
 
スープはこんな感じで背脂中量のこってりで頼んだので結構脂分が浮いている。麺は中太ちぢれ麺と言う割りに、そんなに太く無い印象。全体的にずんどう屋誕生の頃のスープに比べて、九州豚骨系のスープに近くなったような印象。元々、姫路は長浜ラーメンのお店が数多く存在する地域で、そう言った好みに合せたかのように、今はこんなスープになってしまったのかな?
 
てな事で、久々に”ずんどう屋の元味らーめん”を食べたけど、上でも書いたように”ずんどう屋誕生の頃のラーメン”とは別物になっているよなあ。今はそんなに美味しいとは思わなくなったのだが、この日も相変わらず大繁盛していたし、姫路の人って豚骨ラーメンが好きなのかな?姫路で豚骨と言えば、長浜ラーメンのお店が超有名なのだが、未だこのブログで紹介した事が無いので、次回は姫路の長浜ラーメンのお店にでも行ってみようかな?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.