義史のB型ワールド

2009年10月25日

焼肉籠屋八兵衛のポイントカードが満タンだったので、管理人さんとかつめし食べた!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:11 PM
 
代理人記録
 
某所の草刈の翌日、一部の燃えないゴミをゴミ処理センターに運ぶ為に管理人さんがやって来た。処理は午前中に早々に終わったので、この日は管理人さんと二人でランチをして分かれる事とに。前日、焼肉屋に行くかお好み焼きに行くかで協議した結果、お好み焼き屋さんに行ったので、この日はポイントカードが満点になっていた”焼肉・籠屋八兵衛/高砂店”に行く事に。
 

昨年の年末の法事の時に一族で食べに行った”焼肉・籠屋八兵衛/高砂店”の”籠屋CLUB会員カード”のスタンプカードが満点になっていて、1000円の割引があるので、前日もこのお店に来ようか?と言う話をしたのだった。
 

こちらが今回行った”焼肉・籠屋八兵衛/高砂店”。姫路や加古川で王将のFC営業をしている会社がチェーン展開する焼肉屋さんで、以前は加古川の明幹沿いの王将/東加古川店の隣にあったのだが王将/東加古川店の改装と共に姿を消し、その代わりに高砂店が出来たのである。2年前ぐらい、甥っ子と焼肉三昧に来たのもこのお店である。
 

こちらは”焼肉籠屋八兵衛”の”お得なランチめにゅう”。お手軽な焼肉ランチが何種類か並んでいるが、この他にも入口にはお得な”お肉メガ盛りのランチ”の見本も置いてあった。その他にも私が大好きな”特選和牛大トロ握り”ってのもあって興味をそそるのだが、”2年前に和牛握り三昧”を食べた時に比べ、昨年末に食べた”大トロぐる巻き”の肉質が違っていた事もあり、ちょっとした不信感や、そもそもランチタイムには値段的にもバランス悪いので、今回は見送り。
 

で、この日は個人的に前々から気になっていた”籠屋八兵衛のかつめし”を食べる!ってのを目的に来ていたので初志貫徹、悩む事無く”かつめし”を注文。管理人さんも私に合わせて”かつめし”を食べる事に決定!
 

まも無くして運ばれて来たのがこちらの焼肉・籠屋八兵衛特製”本気のかつめし”、880円也。”かつめし”の他、サラダと味噌汁、それと好みで使って頂戴と”ウスターソース”が添えられている。
 

こちらがメインの加古川公認?”本気のかつめし”。見た目的にはオーソドックスなかつめしで、ボイルしたキャベツが添えられている点もかつめしの王道パターンそのもの。
 

が、しかし、焼肉屋さんのかつめし!って事で、お肉に期待をしていたのだが、御覧の通り、肉は滅っちゃ薄いし、完全に中まで火が通ってしまっている。まあ、かつめしのビフカツは叩いて薄く延ばすと言うのが基本なので、薄いビフカツが当たり前と言っちゃあ当たり前なんだけど、ちょっと期待外れのお肉のように感じる。タレも甘さ控え目でどちらかと言うと洋風タイプな感じではあるが、ちょっと薄味だし何か一味物足りない。せめてお肉が美味しかったら許せるのだけどねえ・・・。
 

かつめしのタレがちょっと薄味で物足りないって事はお店の方も重々承知?って事か、ウスターソースが添えられていので、ちょこっとかつめしの上からプラス。当たり前だけどタレはちょっと濃い目の味にはなったけど、さりとて、美味しさと言う点ではあまり変化は感じられなかった
 

こちらは”本気のかつめし”に付いていた”サラダ”。きっとランチに付いているサラダは全て共通なんだろう。レタスとダイコンの千切りを中心とした、こちらはややすっぱい系の濃い目のドレッシングが掛かった極々普通のサラダだった。
 
当然の如く、味噌汁も付いていたが、こちらもちょっと味濃い目の味。かつめしのタレがあっさり薄味系なのにサラダと味噌汁は妬けに味が濃いなあと言う印象だった。
 
てな事で焼肉・籠屋八兵衛/高砂店”で”本気のかつめし”ってのを食べたのだが、本業が焼肉屋さんって事で、肉には拘りがあるのだろうから本気を出すならもうちょっと”お肉にも本気”を出して欲しかったような。この”かつめし”ならわざわざ食べに行くほどの事では無く、普通に焼肉ランチを食べるのが正解かな?ただ、この”本気のかつめし”は焼肉・籠屋八兵衛”の他の支店でもメニューにあるようなので、岡山とか神戸の人が、このかつめしを食べて”何だ、加古川名物のかつめしってこんなもんか!”と思われてしまうのが悔しい。もうちょっと値段を高目にしてもエエから美味しい肉を使って欲しいよね。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.