義史のB型ワールド

2009年10月19日

ポイント稼ぎで久々にらーめん八角小野店で、これまた久々にとろみこってりラーメン食べた!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
らーめん八角グループ”のお得なスタンプカードの8店舗分のポイント稼ぎを狙い、ちょっと遠い”姫路御着店”、”姫路飾磨店”と立て続けに行ってみたのだが、残すところ後、1店か2店で目標達成!って事で、今回は久々に”らーめん八角/小野店”に行って来た。小野と言えばちょっと前に播州ラーメンツアーで来たのだが、その時は残念ながら”らんめん”が閉まっていたので、結局は西脇の”内橋ラーメン”まで行ったのだった。
 

加古川の土手沿いを北上して小野の街中へ向かうと必ず前を通るのがこちらの『中華そば好きやめん/小野本店』。一時期、姫路市内に3店舗、高砂の荒井にも1店舗の支店があった、あの『好きやめん』の本店である。私も十年ぐらい前にこの店で中華そばを食べた事があるのだが、あまり美味しいとは思わなかったのだけど、何故か一部で、ちょっとした人気があって、その噂を聞きつけたとある会社がこのお店と契約をして姫路や高砂に支店を出した・・・ってのが実情みたい。なので正確には姫路や高砂にあった『好きやめん』と小野にある『好きやめん』は直接的には関係が無く、姫路と高砂の支店が全滅後も、小野の本店だけは以前と何ら変わり無く営業を続けているようだ。
 

で、『中華そば好きやめん/小野本店』から小野市内中心部に向かって更に進むと『らーめん八角/小野店』の姿が見えて来る。実は私は”小野店”が誕生した直後にも一度来た事があるので、今回で二度目の訪問となる。当時は既に播磨本店はあったものの加古川店は未だ出来て無かった事もあり、わざわざ小野まで食べに行ったのだった。
 

で、小野店に来たものの、普通のラーメン味玉醤油つけ麺も立て続けに何回も食べた処だし、それ以外のラーメンはあまり美味しく無いし・・・、って事で久々に”とろみこってりラーメン”を注文。”とろみこってりラーメン”は、八角の初期の頃からメニューに存在する、八角曰く”一番人気”のラーメンである。久々・・・、と書いたけど、このブログを遡って調べてみると丁度、2年前の高砂の祭りの日に加古川店で食べた・・・、って事で2年ぶりのようだ。
 

こちらが2年ぶりに食べた八角の”とろみこってりラーメン”、700円也。このラーメンに限って、作り損ねた陶器のような歪な形をしたラーメン鉢が使われている点は以前と同様。前回食べた時は”とろみ”である背脂が何か変わってしまった印象を受けたが、この日の”とろみこってりラーメン”は八角の初期の頃にあった物と近いような印象(まあ、勝手な記憶なので間違ってるかも知れないけど)。
 

御覧のように、ちょっと、どろっとしたコラーゲンの塊のような背脂がたっぷりと入っている。この背脂が”とろみこってりラーメン”の最大の売りなのだが、反面、この手の背脂が苦手な人には毛嫌いされそうなスープとも言える。個人的にはこってり背脂大好きっ子なので、これだけのたっぷりな背脂は結構嬉しかったりする。味的にはもうちょっと油の旨味があっても良さそうな気がしたけど、まあ全体的には美味しいラーメンだったかな。この”とろみこってりラーメン”も”天一のこってり”同様、偶に食べてみたくなる癖になる味なのよね。
 
ところで何度もらーめん八角のスタンプカード”は満点になると金券が貰える!と書いているが、その他にも溜まったポイントで一品料理が無料になるサービスも付いている。てな事で、何時も”らーめん八角”に行く時は”八角デー”が多く、餃子一人前が88円や、ランチタイムのお得な餃子定食を食べる事が多いので無料サービスを使う事が無かったのだが、この日はランチでは無く単品で”とろみこってりラーメン”を頼んだ事もあり、餃子無料券を使って餃子を食べた。
 

こちらがその小野店の餃子と別途、お願いした餃子の味噌ダレ。餃子は加古川店で食べる餃子とほとんど同じだが、味噌ダレの容器が御覧の通り、安っぽい。容器が統一されていないのは直営店かFC店かの違いなのかなあ。まあ、味的には加古川店の味噌ダレと同じ味だったけど。
 
てな事で、八角廻りもいよいよ佳境!って言うか終盤そのもので、今回の小野店訪問で一応8店舗達成!後は満点目指して”うまいもん横丁”へ行けば金額的にも達成出来るはず!って事で、後日”うまいもん横丁”へ行く事になるのだが、そこでまたひと悶着発生!あちこちお店を廻っていると色んな事に出くわすもんですねえ・・・、その話はまた後日のお楽しみ!って事で・・・。

ラヴィマーナ神戸をちょっと散策。個人的には超お勧めなスポットだ!

Filed under: 観光 — 代理人 @ 6:14 PM
 
代理人記録
 
甥っ子を神戸空港まで送って行った際にランチを食べに行った”カフェ・パチャ”がある”ラヴィマーナ神戸”は結婚式場。って事で、一般客は意味無く中に入れてくれない。昨年末、見学に来た時は、スタッフのおねえちゃんが案内すると言う条件で、施設内を見て廻ったので、今回は周辺から見学する事にした。てな事で、ざっくりと”ラヴィマーナ神戸”をご紹介。
 

まずは”ラヴィマーナ神戸”の正面玄関で、全体的に南国リゾートをイメージした建物になっている。我々が食事をした”カフェ・パチャ”は私の背中側にあるので、ちょうど入口は反対側にある。この日は平日であったが、やはり人気の結婚式場って事もあってか、式を挙げた風の新郎新婦があちらこちらで写真の撮影をしていた。
 

こちらは”ラヴィマーナ神戸”の正面玄関に置いてあった”オープンカー”。この写真は食事後直ぐなので人の姿は写って無いが、後で戻って来た時は、この車に乗って新郎新婦が記念写真を撮影していた。パンフレットの情報に寄ると”ラヴィマーナ神戸”で挙式を挙げた場合に、新郎新婦のレストランまでの移動とかで、この車を使うらしい。って事で、単なる飾り物の車では無く、ちゃんと走る車らしい。
 

甥っ子と食事をした後、ちょっとでも”ラヴィマーナ神戸”の雰囲気を味あわせてあげようと、正面玄関奥の浜側にある施設関係者の駐車場に移動。真正面に見えるのが”ラヴィマーナ神戸象徴的な森のチャペル。当然、ここから勝手に入る事は許されず、近くに居たスタッフのおねえちゃんが飛んで来て、我々の行く手を阻んだ。とは言いつつも、ちょっと可愛いこのおねえちゃんは、この場所から施設の説明や、外から見えるスポットを紹介してくれたのだった。ちなみに昨年末に来た時も、こんな感じの可愛いおねえちゃんが、館内を案内してくれたのだ。
 

ラヴィマーナ神戸”には勝手に入れ無いのだが、上でおねえちゃんが紹介してくれたように北側にある神戸市の駐車場の方から歩いて西側の砂浜に出ると、ここは一般の神戸市の公園となっていて、こちら側から”ラヴィマーナ神戸”の様子を見る事が出来る。ちなみにこの砂浜は人工的な砂浜で、外側には堤防があり直接海とは繋がっては居ないので、ここで泳いでいても、沖まで流される事は無い。
 

こちらは西側から観た”ラヴィマーナ神戸”の象徴的な建物である”水のチャペル森のチャペル”。こんな感じの雰囲気の中で結婚式を挙げる事が出来る!って事で、オープン早々、人気の結婚式場になっているらしい。
 

続いては海側から観たバンケット棟(レストラン等の宴会場)の様子。この日、ランチに来たのはこの中のどれかのレストランでランチが食べれると思って来たのだった(昨年末に来た時の説明ではそんな感じで聞いていたのだが)。
 

砂浜の横にある舗装路を歩いていると、そのまま森のチャペルの方まで歩いて行けそうな道がついている。本来ならば一般客は入れて貰えないはずの”ラヴィマーナ神戸”なのだが、こちら側からなら歩いて入れそうな気がするのだが。きっと観光客が増えて着たら、入って行く人が出て来ると思われる。
 

再び”水のチャペル”の正面のお姿。ガラス張りのちょっとお洒落なチャペルなのである。
 
と、何やかんやと海辺沿い?を歩いていると、ゴーっと言う爆音が聞こえて来た。そう言や、そろそろ甥っ子が乗った飛行機が飛び立つ時間だなあ・・・、と思って空を見上げると、多分甥っ子が乗っていると思われる飛行機の姿が。空港真横の施設なので、もうちょっと飛行機が大きく見えるかな?と思っていたが、飛び立つ時は急上昇?って事もあってか、既に飛行機はかなり上まで舞い上がっているような感じだった。
 
てな事で”カフェ・パチャ”でランチを食べた後、観光がてらに散策した”ラヴィマーナ神戸”ではあったが、昨年末の夜景も綺麗だったけど、明るい昼間の景色も中々良かった。椰子の木が立並ぶ南国リゾート風の建物群は一見の価値あり!ってことで、みなさんもぜひ一度はお訪ねしてみては?ここで結婚式を挙げる事を目標に?頑張ってみようかな?なんて言ってみたりして・・・。

WordPress.com Blog.