義史のB型ワールド

2009年10月17日

小野~西脇、播州ラーメンツアーで5店廻った!!!、4店は閉まっていたけど・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:55 PM
 
代理人記録
 
シルバーウィークが終わった次の日、何故か甥っ子はまだ休暇中。てな事で、何処かのラーメンを食べに行こう!と言う話になったのだが、行き先が中々決まらない。ちょっと前にJAのK君との会話の中で飾磨にある”ジャパンラーメン”の話題が出たので、久々に”ジャパンラーメン”にでも行こうか?と言う話も出たのだが、私が丁度三ヶ月程前に”新在家ラーメンもんどの中華そば”を食べて以来、ちゃんとした播州ラーメン(播州中華そば)が食べたくなったので、久々に小野にある播州ラーメンのお店『らんめん』に行く事に決定。一路、小野へ向かってまっしぐら!に車を走らせたのであった。
 
ラーメン専門店『らんめん』と言えば数年前に草野球チームで播州ラーメンツアーを行った時に、管理人さん一家や30番さん一家、それにイーさん一家も一緒に食べに行ったあのラーメン屋さんである。個人的にはそれ以降も、時々食べたくなって出掛けて行ったりしていたのだが、ここ最近は全然行って無かったので、久々の訪問となる。
 

午後12時半近くに、小野にある播州ラーメン専門店『らんめん』に到着。何時もなら駐車場に沢山の車が停まっているはずの時間帯なのに、全然、車の姿が見当たらない。何か嫌な予感が・・・。と思ってお店の前に車を廻すと・・・”定休日”の看板が・・・。しかし待てよ、私は几帳面なA型だから事前に『らんめん』の定休日を調べて来たのだが、確か定休日は月曜日のはず、この日は木曜日なので定休日な訳が無い・・・。どうやらシルバーウィークの期間中、月曜日も営業をして代わりに木曜日を定休日にしたような感じだ。『新在家ラーメンもんど』はシルバーウィークでも”月曜日は定休日でお休みです”と案内メールが届いていたが、普通、商売やっているお店って、シルバーウィークはそれなりに稼ぎ時だからお店は開けるよねえ・・・。『らんめん』の営業方針は、ある意味正しい。
 
しかしこうなると折角楽しみにして、小野まで来たのにちょっと悲しい。今更、姫路・飾磨の『ジャパンラーメン』には行けないし、かと行って小野で『らんめん』の次くらいに有名な『好きやめん本店』は、姫路や高砂で展開していた支店が全滅した事もあり、何か印象悪し。そうなると目指すは滝野か西脇の播州ラーメンしか無い!って事で、とりあえず、近い方の滝野の大橋ラーメンに行く事にした。滝野にある中華そば専門店『大橋』は、既に何度も来た事もあり、地図無しですんなりと到着!が、ここも、この時間は駐車場に沢山の車が停まっているはずなのだが・・・。
 

こちらが播州ラーメンのお店『大橋』。看板には”中華そば大橋”となっているが、西脇の大橋ラーメンと明確にする為に、ラーメン好きの中では”滝野大橋”と呼ばれる事が多い。で・・・、やっぱり閉まっている・・・。定休日となっている・・・。流石にこのお店の定休日は調べて来なかったが『らんめん』と同様に、シルバーウィークの期間中、フルに営業をして、振り替えで定休日にしているようだ。
 
しかし、こうなると次に目指すラーメン屋さんも危ないかも・・・、と言う予感で頭の中が一杯。とりあえず滝野大橋に来たのだから、次に目指すは、目と鼻の先にある元・西脇大橋ラーメンの店主が復活して始めた紫川ラーメン”に行く事に。
 

で、やっぱり『紫川ラーメン』もお休みでした・・・。こちらはお店入口に”シルバーウィーク期間中休まず営業。その代わりこの日と次の日を振り替え定休日にする”みたいな事を書いた張り紙がしてあった。ショックぅ~。
 
もうこなったら、何が何でも播州ラーメンを絶対に食べて帰ってやる!ってな事で、滝野までの道中にあった、記念すべき”丸亀製麺第二号店”(一号店は加古川市役所近く)に目もくれず、らーめん八角や天下一品等も問題外で、一路、西脇へ向かう事に。ただ播州ラーメンの雄である”西脇・大橋ラーメン”も、何と無く同じ様なパターンで定休日になっている可能性がある。てな事で、ここはちょっとマイナーな、でも播州ラーメンの話題になると時々名前が挙がる、西脇にある『内橋ラーメン』に行く事に決定。もしも『内橋ラーメン』が閉まっていたら・・・、もう王将に行くしかない!みたいな状況・・・。
 

ちなみに滝野から西脇に向かう道中には、以前、”尾道ラーメンだったお店”は姿を消し、代わりに『』とか言うラーメン屋さんになっていた。私はその以前にあった”尾道ラーメンのお店”にも行った事があるのだが、”なんでまた播州ラーメン総本山の地で尾道ラーメンなのかなあ?”と思いながら食べたてみたりしたのだが、やっぱり長続きする事無く(逆に考えると意外と長い間持った方だったのかも)、やはり別のラーメン屋さんになってしまったようだった。もし、この『萬』と言うラーメン屋さんの看板に”播州ラーメン”の文字があったら、このお店に入っていたかも・・・。
 

で、流石の私も”内橋ラーメン”と言う名前は知っていても、お店がある場所は知る由も無い。てな事で、甥っ子の携帯電話の助手席ナビを活用して、無事に”内橋ラーメン”!ちゃんと暖簾が出ている。やっと”播州ラーメン”にありつけるぞお!!!
 

こちらが内橋ラーメンの店内の様子。お店到着は午後1時10分近かったのだが、店内はほぼ満席。まさかみんな他のお店が閉まっていたからこのお店に来た訳では無いだろうが、平日のこの時間帯にしては大盛況みたいだ。やはり知る人ぞ知る人気ラーメン店みたい(まあ、上でも書いたようにラーメン好きには結構有名なお店で、私も数年前から一度は来たいと思っていたのだが)。
 

で、こちらが『内橋ラーメン』のメニュー。メニューの上には大きく”自家製麺の店”と書いた張り紙がしてある。播州ラーメンのお店は数多くあれど”自家製麺”を売りにしているお店は数少ない(とは言いつつ加古川駅前の”翁介”は自家製麺と言う噂だが)。メニューの横に書いてあるお店の説明に寄ると”当店の麺はモンゴル産の天然塩を天然のカン水のみ使用して、国内産の小麦粉(無漂白、無添加)100%使用した自家製麺”との事。噂では自家製って事で、以前は”ワンタンみたいな極太麺”があったりしたらしいのだが、この日メニューを見た限りではそう言った極太麺は無かった。反対に”明日葉”を麺に練りこんだ”明日葉らーめん”ってのもあったけど、今回はそう言った冒険をせず、素直に”播州中華そば”、らーめん(並)を注文。らーめんのメニューには大・中・並の三種類があったが、もしかすると、この後も別のラーメン屋に寄る可能性がある?って事で並を選択。おにぎりやぎょうざも気になったけど、今回はとりあえず見送り。
 

間も無くして運ばれて来たのが、内橋ラーメンの”らーめん(並)”、600円也。見た目は透き通ったスープの極々一般的な鶏がら系のラーメンだが、噂では”鶏がら、豚骨に、アゴ、サンマを使った魚介系スープを加えたWスープ”との事。まずはスープを一口飲むと・・・”甘い!”。やっぱ播州ラーメンの王道の如く、第一印象は”甘い!”が来ますねえ。最近の播州ラーメンはそれほど甘く無いって言う話も耳にするが、流石、老舗の播州ラーメンのお店って事で、王道の味なんでしょうかねえ。しかし播州ラーメンにしては結構な量の透明の脂分が表面を覆っている。魚介風味はあまり感じ無かったけど、全体的には美味しいラーメンだ。最近のこってり系のスープに飽きた頃に食べる時に持って来いのラーメンかも知れない。
 

こちらがお店自慢の”自家製麺”。メニューの横には”細麺あります”と書いてあったが、この麺も十分に細い。これって”細麺ちゃうのん?”と甥っ子に聞くと”嫌あ、細麺はもっと細いで、九州で博多ラーメン食べて来たばかりやから良く判る”との事。でもねえ、モヤシより細いんだからねえ、細麺だよねえ。まあ、これ以上細いのは極細麺って呼ぶんじゃ・・・、ってのは屁理屈なのかな?でも麺も美味しいし、また今度、細麺を食べに行ってみようかなっと。
 

具の焼豚はこんな感じ。こちらも普通の焼豚と言ってしまえばそれまでなのだが、焼豚のタレの味が十分に浸み込んでいて、中々美味しい。話に寄ると、メニューにある”おにぎり”にはこの焼豚が入っているらしい(って、メニューの頭に焼豚入りって書いてあるよね)。とは言いつつ”らーめん八角のチャーシューおにぎり”とは違って、細切れの焼豚をご飯に混ぜて握ったような”おにぎり”らしく、お得感やボリューム感では”らーめん八角のチャーシューおにぎり”に負けるかも。こちらも気になるので、また次回食べに行ってみようかな?
 

ラーメンを食べ進んで行くと、ラーメン鉢の中に浮かび上がって来るのが”内橋ラーメン”の文字と反対側にある”電話番号”。今時やから、頭に”4”要るんとちゃうのん?と要らぬ突込みをしながらツルツル読みましたとさ。
 
てな事で、当初の『らんめん』へ行くと言う目的とは違い、長年、話だけ耳にして一度食べてみたかった『内橋ラーメン』を食べたのだが、甘いスープが嫌いな、あるいは、しっかりした醤油味を好む人には向いて無いかも知れないが、個人的には結構好きなスープかも。ただ甥っ子が食べたらーめん(中)が800円もした事を考えると、ちょっと高いような気はするけど。
 
で、ラーメン一杯のボリュームとしては若干少な目?な感じもしたので、折角、西脇まで来たのだから、これまた久々に西脇・大橋ラーメンでも食べに行こうか?、でも絶対に閉まっているでえ、まあ、お腹も段々と満ちて来たから、閉まってたらそれはそれで、お腹の都合を考えると、諦め尽くし、って事で、西脇・大橋ラーメンに行ってみる事に。
 
こちらがこれまた迷う事無く到着した『西脇・大橋ラーメン』、予想通り、定休日になってました。まあ、腹8分目って事を考えると、二杯目のラーメンを食べずに済んでよかった・・・、とあまりがっかりする事も無く、お店を後にしたのであった。
 
てな事で、久々に播州ラーメンを食べに行こうと、遥々、小野まで行って、そのまま西脇まで周り、都合5店のお店を廻って開いていたのが一軒だけと、何か物凄い一日だったのだが、ある意味、閉まっていた4店は全て食べた事があるラーメン屋さんばかりだったので、今回は以前から気になっていた自家製麺の『内橋ラーメン』を食べる事が出来て、ラッキーだったのかも知れない。まあ5店廻ったと書いたけど、道中にはこれ以外にも沢山の播州ラーメンのお店があったり、天一や八角などもあって、それらを入れると10店以上のラーメン屋さんを廻った事にもなるのだが・・・。次回は、久々に、飾磨のジャパンラーメンに行って来ようかな?ただ、あの店は結構、マニアックなお店なので、お店に入るのにちょっと勇気が要るけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。