義史のB型ワールド

2009年10月16日

15日の夜は、恒例の大塩天満宮の祭り見物。相変わらず屋台(やっさ)上がりませんねえ。

Filed under: 祭り — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
灘の喧嘩祭り本宮”の夜は、これまた個人的には毎年恒例となっている大塩天満宮の屋台(やっさ)の練り合わせを観に行って来た。大塩の祭りと言えども、最近は神社横の公園が練り場になっている事もあってか、以前の神社が駅の北側にあった頃より観客が増えているような気がする。そんな事もあり、灘と同じで練り場には観客だらけ。今年は久々に大塩でも屋台に挟まれそうになったぐらい。
 
そんな事や夜って事もあり、あまり綺麗な写真が撮れなかったので軽くご紹介。
 

私が大塩天満宮横の公園に着くと既に3台の屋台が宮出しを終え、移動していて、直ぐに屋台練りが始まった。上の写真が何時撮った写真かは忘れたが、大塩の屋台と言えば、中々、挙がらないし、直ぐに落ちてしまう事で多い。今年も相変わらずのグダグダぶりで中々、屋台を上手に合わすことが出来ない。この写真は練っていると言うよりも、落ちかけの待機状態でほとんど動きが無かったので何とかボケずに撮れた一枚でもある。
 
この写真はまだボケが少ない方。
 

ちょっと離れたところから撮ってみたけど、それでもやっぱ光が足り無い。
 

こちらは一応、6台練りの様子。ポジション的には6台の屋台が全て収まる好位置なのだが、如何せん、携帯電話のカメラじゃあ、これが限界。おまけに目の前に子供を肩車した観客や、カメラを高く突き出したカメラマン、それに目障りな紙手が多くて、まともな写真は撮れなかった。こちらの様子も来週辺りにTVで放送される祭り中継で観る事にしよう。
 
そしてもう一回、5台練りが行われるような雰囲気になって?期待して観ていたのだが・・・。案の定、最後は何時もの様にグダグダになって来たので早々に引き上げて来た。昔は高砂の練り合わせがこれに近い状態の頃もあったのだが、今では高砂の方がよっぽど練っている時間が長いような気がする。(ただ高砂の場合、二日目の夜だけだが)。飾磨の恵美酒宮神社の屋台練りと比べると10分の1程度しか練って無いのでは?と思うぐらいの間しか練って無いような気がする。
 
それでも何かを期待して、毎年のように観に行ってしまう大塩の祭りには、何か不思議な魅力があるのか・・・な?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。