義史のB型ワールド

2009年10月4日

伊保の旭屋の肉で、松茸のすき焼きをした!肉は期待したほどでは無かった・・・。

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 10:09 PM
 
代理人記録
 
この日は叔母家で松茸のすき焼きをやろうと言う話になった。肝心の”松茸”は伊保のスーパーカムイで売られていた中国産のワンパック980円を早朝から買いに出掛けたのだが、どうせなら!って事ですき焼きのお肉は”伊保のミート&デリカ旭屋”で買う事に決定。カムイで”松茸”を購入後、その足で行って来た。
 

こちらがこのブログでもすっかりお馴染み、お取り寄せグルメのコロッケで全国的に有名な”伊保のミート&デリカ旭屋”。ちょっと前にも書いたが通販限定の一個270円ちょっとする(値上げしてるような?)プレミアコロッケ”極み”は今注文しても、お届けは2014年(今は2009年)になるらしい。で、この日は土曜日の午前10時だったのだが、お店で買える一個160円ちょっと(こちらも値上げしているようなしてないような)の神戸ビーフプレミアコロッケも、既に売り切れたのか、未だ用意されて無いのか一個も置いて無かった普通の”播州コロッケ”?等は大量に残っている、と言うのか、未だ売れて無かったみたいだったが・・・。
 

で、こちらがこの日、”伊保のミート&デリカ旭屋”で買って帰ったグラム1050円の牛ロース。実は折角なので、って事でワンランク上のグラム1500円のお肉を買おうとしたら、この日は在庫が無いと言うことで、泣く泣くこちらのお肉にしたのだった。まあ、霜降り度は十分で美味しそうなお肉ではあるのだが。ちなみにすき焼き用の肉は500円ぐらいから、600円台、700円台、800円台とあって次がこの日買った1050円、そしてその上が行き成りお値段が跳ね上がって1500円と、何かちょっと意味不明な価格設定になっている。でもやっぱ一回はグラム1500円のお肉が食べてみたいよねえ。
 
ちなみに以前、甥っ子がこの肉屋で200gで6300円のステーキ肉を買って、知人に送った事があるのだが、送られて来たお肉には証明書も付いていて、本当に美味しいお肉だったらしい。何時か、私もそのお肉を食べてみたいと思っているのだが・・・。
 

続いてはスーパーカムイで買った中国産の松茸、ワンパック980円程度。値段の割りに大きさや量はそれなりにあって、お値ごろ感がちょっとあったりする。だが実はこの”松茸”を2パック買っていたのだが、中国産?って事もあってか、叔父が”薬品の臭いがする”と言い出して・・・、その後お店の人もやってきての、ちょっとしたひと騒動、ひと悶着があり、結局はワンパックは返品となったので、今回はワンパックだけで松茸のすき焼きをする事となったのであった。
 

とまあ、色々あった物の、いよいよすき焼きのスタート。まずは我が一族恒例の”松坂式のすき焼きスタイル”で、お肉だけを味わう事に。毎度の事ながら、砂糖と醤油をメインにした大雑把な味付け。松阪式の焼き方に不満は無いのだが、砂糖とか醤油は先に合わせて味を調えてから使って欲しいと、常々思うのだが。で、このお肉の味だけど、やや厚みがあるのだが、柔らかくて美味しい。だが、時々、西友や荒井のトーホーで買う、似たようなお値段のお肉の方が美味しいような気がする。まあ、肉ってその時、その時で同じ物は無いから、偶々、今回だけなのかも知れないが、期待していただけに、やや残念。やっぱグラム1500円の肉の方を食べたかったかな。
 

お肉の味を存分に味わった後は、叔母家のすき焼きのスタイルでお肉を焼く。叔母家のすき焼きは鍋の中に大量のネギを入れてその上に牛肉を乗せ、後は醤油、砂糖、みりん等で味を調整するだけ。具は他に糸コンを要れるぐらいで、基本的にはネギと肉だけなのだ。
 

がしかし、今回は”松茸のすき焼き”って事で、最後に松茸を投入。後は松茸に火が通るのを待つだけ。それにしても、何か、今年は良く松茸を食べているような気がする・・・。北新地の鉄板焼神戸のしゃぶしゃぶ姫路のお洒落な居酒屋加古川のホテル等など。その大半の松茸は国産では無いのだが・・・。
 

そしていよいよ”松茸のすき焼き”の完成。中国産の松茸にしては大きさもそれなりにあって普通に松茸の香りもあって、そこそこ美味しい。それ以上にお肉と、ネギがこれまた旨い。個人的には、この叔母家のネギ大量のすき焼きは結構大好きだったりする。みなさんも一度お試しあれ。
 
で、本来なら2パックあった筈の松茸が上で書いたようにひと悶着あって、ワンパックになってしまったのだが、やっぱり松茸ご飯が無いと寂しかろうと、少しだけ使って松茸ご飯も炊いてもらった。
 

それがこちらの”松茸ご飯”。まあ”かやくごはん”(我家では炊き込みごはんと呼んでいたが)系って、思いっきり家庭の味が出るのだが、基本、叔母も我が一族系って事で、普通に美味しい”松茸ご飯”だったかな。量は兎も角として気分的に松茸三昧をしたような感じ中々楽しかった
 
てな事で、松茸は中国産、お肉はわざわざ伊保の旭屋で買った割りに、やや期待外れな面があったけど、まあそれなりに美味しかったので、十分満足した叔母家の”松茸のすき焼き”なのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.