義史のB型ワールド

2009年9月15日

まいどおおきに食堂の加古川店には無い夏野菜ゴロゴロのカレー!断然こちらの方がお得?

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:06 PM
 
代理人記録
 
少し前にまいどおおきに食堂/加古川北在家食堂”で食べた”食堂のカレーライス”っての紹介したが、その時にも書いたように”明石二見食堂”には、これまた一味違う”夏野菜ゴロゴロのカレー”と言うがあるって事で、ブログネタ的に、どう違うのか確かめる為にまたまた”明石二見食堂”に行って来た。
 

こちらが今回行った『まいどおおきに食堂/明石二見食堂』。ちょっと前に加古川北在家食堂には無い牛丼”を食べに来たお店だ。”牛丼”は期間限定商品だった事もあり、既にメニューからは消えている。
 

お店の入口にはこのような”夏野菜ゴロゴロ!!食堂のカレー”(漢字が出ない)のポスターが貼られている。それに寄ると”夏野菜がゴロゴロ入った栄養満点”との事。夏野菜って事で当然?の如く、夏季限定の商品となっている。この写真を見ても、ちょっと前に”加古川北在家食堂で食べたカレー”とはちょっと違うような気配がする。
 

で、”夏野菜ゴロゴロ!!食堂のカレー”は”牛丼”の時と同じくお店入って直ぐの”まいどおおきに食堂自慢の玉子焼き”等を注文するコーナーで注文し、実際の商品は後で、席まで運んで来てくれると言うスタイルだ。カレー如きにそんな手間隙が掛かるのか?と言う素朴な疑問も残るのだが、きっと夏野菜の準備とかトッピングに時間が掛かるのだろう(雰囲気的に、具材の個数とかが決まっていそうだから)。それとは関係無いが、量がどれくらあるのか判らないって事もあり、今回はこのカレーだけを注文して席に着く。
 

間も無くして席まで運ばれて来たのがこちらの”夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー”、450円也。御覧のようにこの前”加古川北在家食堂で食べたカレー”の業務用カレーっぽいルーとは見た目からしても全然違う、家庭的な手作り感ただようカレーだ。ネーミング通り、茄子とジャガイモを中心とした夏野菜が、そこそこ入っている。見た目的には十分合格ラインに入るカレーでは無いだろうか。
 
茄子とジャガイモのアップはこんな感じ。確かにゴロゴロした感じで値段の割りにはサイズ的にも大きいし、それなりの量の野菜が入っているのでお得感もある。流石に、ちょっと前に姫路の中華屋『紅宝石』で食べた超大盛カレーのお得感には及ばないが、ココ壱の野菜カレーと比べると値段的十分対抗できるレベルのように思う。
 
で、カレーのお味だがこれまた家庭的な?あるいは庶民的な?と感じで、まさに”食堂のカレー”と呼ぶに相応しい、何処と無く懐かしさも漂う味で、個人的には中々の好印象だ。夏限定と言わず、年中のレギュラーメニューにしてくれたら、また食べに行ってもエエと思うのだけど・・・。
 
てな事で、またまた”まいどおおきに食堂/明石二見食堂”まで行ってカレーを食べて来たのだが、”牛丼”の時に書いたように、何でチェーン店なのに置いてるメニューが違うのだろう?これまた王将みたいに、直営店とFC店との違いなのかな?こうなってくると、他のメニューも同じなのかどなのか気になってくる。まずは次回は”明石二見食堂中華そば”でも食べてみるとするかな?ただ、”明石二見食堂”の麺コーナーのメニューに中華そばが無かったような気もするのだけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。