義史のB型ワールド

2009年8月31日

あわじビーフと言えば、6~7年前に良く行っていたビーフランド大公!懐かしい写真を探したのでご紹介。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
先に書いた「淡路牛丼プロジェクト」と銘打って開催されている淡路牛丼を食べに行った日の二軒目のお店『レストラン大公』を選んだ最大の理由は、6~7年前に良く行ってた『ビーフランド大公/大公本店』がある。この頃は、丁度、私が愛車ストリームを購入した直後ぐらいで、7人まで乗れるで!って事で、淡路島まで頻繁に淡路牛と鮨を食べに出掛けて行ったり、洲本温泉旅行、徳島旅行、高松旅行の際に寄ったりしていたのだった。
 
このブログを始める数年前辺りから行って無いのだが(それはあの超有名店だった鮨屋『林屋』の味が落ちた事から。我々が行かなくなって数年後『林屋』は閉店してしまったし)、当時は30番さんに借りていたデジカメで何枚か写真を撮っていたので、折角なので記録保存の意味も兼ねて、ここでご紹介
 
 

こちらが『ビーフランド大公/大公本店』。明石海峡大橋で淡路に渡った後、岩屋で降りて下道を洲本方面へ向かう国道を走って行くと、オノコロランドの手前辺りで上の写真の左側の牛さんの像と看板が見えてくる。そう言った意味で、淡路島の東側の国道を走る車は必ず目にする?あるいはお店の前を通過する場所的には好位置にあるお店だと言える。そもそもこのお店を選んだのは、淡路島で本物の淡路牛を手軽に食べれるステーキ屋さん?と言う事で選んだのがきっかけだった。淡路には淡路牛をメニューに出す焼肉屋さんは数多くあるのだが、ことステーキになるとホテルとか巨大観光施設に隣接したようなお店しか無くて、意外と淡路牛専門のステーキ屋さんが少ないのだ。
 
当時?送ったメールに書いた、このお店の紹介文を再記載すると、
 
淡路島と言えば淡路牛。??年間その淡路牛に魅せられ、徹底した肉にこだわっているのがこちら。肉はすべて淡路牛の中でも最高級と言われる、仔を産んでいない牝牛だけを使用。やわらかい食感、口いっぱいに広がる肉の甘味がたまらない。そしてなんと言っても驚くほどのボリュームなのに、創業以来値上げなし。四国や近畿地方からお客さんがいるのにも納得するはず。
 
との事。後でも書くが、初めて訪問した時は平日だったこともあり、客はまばらだったが、その後、GW期間中に行った時は、物凄い行列で入店するのに45分待ち、料理を頼んで運ばれて来るまで更に45分待ちと言うとんでもない日もあったほどの、超人気有名店でもある。
 
 

まずは最初に紹介するのは、初訪問の時に食べた『石焼ステーキ定食』、お値段はリーズナブルな2000円也。何でこんなに安いのか?と言うと、このセットに使われているお肉は、高級メニューのステーキに使う肉を切り落とした端肉を集めた?限定のメニューだから、との事だった。実はこの日以降、我々は『ビーフランド大公』の大ファンとなり、その後も何度か行くのだが、この一番最初に食べた、一番安かったこのお肉が一番美味しかったような気がする。見た目は若干悪かったけど、肉質的には文句無しに一番だった。
 
ただ、このお店、肉質は最高なのだがお店的?料理人的には素朴なようで、何時も塩胡椒が強めで、個人的には肉の味の邪魔になるぐらい、余計な量の塩胡椒って言うような印象だった。この店は先日行った『レストラン大公』も似ているような気がするのだが・・・。
 
 

続いては上でも書いたように何年か前のGWに行った時石焼ステーキ定食3000円也。この日の『ビーフランド大公』の行列は凄まじくて、だだっ広い駐車場が駐車待ちの車で満杯。しかもお店入口はファミリー客やカップルを中心とした大行列!何じゃこりゃ!って事で、他のお店に行こうか?と相談したのだが、このお店一本で淡路に来ていたので、他のお店の下調べが一切無かったので、仕方無く、行列に加わったのだった。
 
そんな大混雑って事もあり、一番お得な2000円の石焼ステーキ定食は無く、一番安い、上の3000円のステーキを食べたのであった。その時の印象は”2000円の定食の肉の方が旨い!”だった・・・。
 
 

GWの大混雑に懲りたので、再び平日、多分、何処かの温泉地への旅行の際に立ち寄った時の石焼ステーキ定食180gで3000円也、がこちら。多分この日だったと思うが、一番最初に食べた2000円の定食の肉が美味しかったので、その定食を狙ってちょっと早目の午前11時ぐらいにお店に着いたのだが、何故か2000円メニューは無く、致し方無く、この日も3000円コースの定食を食べたのだった。
 

こちらがその時に食べた3000円の石焼ステーキ定食のお肉。通常メニューの中では一番安いメニューだったので、ランチタイムは大半の客がこのステーキ定食を食べているのだと思う。ボリューム的にも肉質的にも美味しかったのだけど、やっぱり”2000円の肉の方が旨い!”と言う風に思った物であった・・・。
 
 
最後にご紹介するのは、お得な2000円コースはもうメニューに無い!って事で、はなっから諦めて行った時に食べた、我々的には一番高いお値段4000円で食べた時の石焼ステーキ定食。このお店は淡路牛専門店って事で、ステーキのお値段は上限が無くて10000円とか20000円とか書いたメニューもあったと記憶しているのだが、我々が自腹で食べるステーキは、これぐらいのお値段が限度。ただ2000円~5000円前後のステーキのお肉って、あんまり差が無いのよねえ・・・。若かりし頃にご馳走になった事がある(25年ぐらい前で1万円したステーキ)の肉汁したたる、口の中に入れると、そのままとけて行くようなお肉を食べようと思うと、今なら2万円以上は出さないと食べれないのかも知れない・・・。
 
てな事で、今回は”淡路牛丼”ツアー!って事で、数年ぶりに淡路島へ行って淡路牛を堪能して来たのだが、やっぱ淡路牛は旨い!最近は西明石のステーキハウス小粋に行く事が増えたのだけど、同じような値段のコースで比較すると『ビーフランド大公』のお肉の方が、肉本来の旨味が味わえるステーキのような気もする。この日は『レストラン大公』に方に寄ったのだが、数年ぶりに『ビーフランド大公』の方へ行って、今まで食べた事が無いお値段の高いクラスの?ステーキを食べてみたい!と思うのであった。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。