義史のB型ワールド

2009年8月1日

来来亭跡地にオープンした博多金龍、早速行って来た!ラーメン安うぅ!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:45 PM
 
代理人記録
 
結構ブログネタが溜まって来たのだが、今日はタイムリーなネタって事で先日オープンしたばかりの博多金龍ラーメン加古川店のお話をどうぞ。
 
2003年12月、図らずも?明石ラーメン波止場のオープンと同じ日にサザンプラザ加古川内にオープンした滋賀に本店があるラーメンチェーンの来来亭/加古川店は昨年の9月頃に、東加古川店と統合すると言う名の元に突然閉店してしまった。私はオープン初日から足を運び(明石ラーメン波止場に行った帰り、と言うか夜だった)、その後も比較的近くにあるお店って事と、背脂たっぷりで結構お気に入りのラーメン屋さんだったので、半ば常連客化していたので来来亭/加古川店が無くなったのはある意味ショックではあった。
 
その後、12月になると漸く、跡地に『和風ちゃんぽん堂本舗』と言うお店がオープンしたと思ったら、これまた唐突に3月末に閉店してしまった。経った4ヶ月での思い切った閉店に、こちらもある意味驚かされた。
 
こうなると、この地に新しいお店は出来ないのでは無いかと思っていた処、先日お伝えした通り7月24日に新しいお店『博多金龍ラーメン』ってのがオープンしたって事で、オープン2日目の雨の中、外出した序に様子を見に寄ってみた。
 

お店の様子を見に行ったのは午後1時前だったので、一番賑わうであろう正午頃の様子は判らないが、何処から沸いて来るのか、普段は私ほどラーメンを食べて無いはずなのに?こう言う時だけアホほど人が集まって来るのよねえ・・・。お店入り口前には5~6人だったけど、実際は店内でも10人ぐらいが待っていて、それなりに大繁盛!って感じだった。
 
ちなみにオープン3日間はオープン記念でラーメンが100円引き?だったのだが、最初たった100円の割引なのに・・・、と思ったけどこのお店は普通のとんこつラーメンが320円なので100円割引と言えども、割引率は3割以上!割引率的には中々のサービス価格かも知れない。でもやっぱ、らーめん八角のオープン記念チラシの500円割引券(しかも有効期間が一ヶ月ほどある)には勝てない!でしょうね・・・。
 
まあ、そんな事もありこの日は様子見だけで、後日、あらためてこの博多金龍のラーメンの味を確かめに行って来たのであった。ちなみに大阪に超有名な金龍ラーメンってのがあるが、そのお店とは全く持って関係無い。序ながら書いておくと、大阪の金龍ラーメンは、個人的には我が人生の中で一番数多く食べたラーメンかも知れない・・・(大阪在住の後半は神座の方ばかり行ったけど・・・。)。
 

であらためて紹介すると、こちらが今回新しくオープンした『博多金龍』と言うラーメン屋さんで、屋号が現しているように、このお店は九州を本拠地に九州全島、あるいは中国地方まで幅広く展開している博多とんこつラーメンのお店だ。何か最近、新しくオープンするお店と言えば『長浜らーめん/めんめん』とか『博多天神ラーメン虎と龍』とか『博多ラーメン片岡屋』等、博多ラーメン(長浜ラーメンor九州とんこつラーメン)のお店が多いような。元々、姫路には長浜ラーメンのお店が数多く存在するので、この近辺もだんだんと姫路風に染まって来たのかな?(その内に高砂が姫路に吸収される?と言う暗示なのかも???)
 
ちなみに私と博多ラーメンとの出会いは古く、社会人成り立ての頃に会社の寮の近くに博多出身の人が営業する博多ラーメンのお店があり、当時からラーメン好きだったのでそのお店に良く通っていたのだった。限り無く本物に近い博多ラーメンで、ちょっと豚骨が臭さ漂うスープだった(ってかお店自体や周辺にも臭いがプンプンしてた)ので、好き嫌いがはっきりと分かれる為か、結局数年で無くなってしまったのだった。
 
で、ラーメンとは直接関係無いのだが、このお店には何故か漫画喫茶の如く、お店入って左側(以前はカウンター席があったところ)に、大量の漫画の本が並べられている。漫画を読みながらラーメンを食え!って言うスタイルなのかも知れないが、その割に一人用のテーブル席は、せせこましく、周りも店員が動き廻っているので、落ち着いて漫画を読むと言う雰囲気は無いのだけど・・・。
 

 
で、話は戻って、このお店は上でも書いたように一番安いラーメンはその名もずばり!『とんこつラーメン』で、お値段は何と320円也!元々、博多/長浜ラーメンと言えば屋台が中心で、結構安いのが特徴でもあったのだが、都会に来ると現地で300円ぐらいだったものが500円となり、今は物価高の煽りを受けて600円以上もするのが当たり前となっているのだが、流石、九州が本拠地と言うお店からか、基本のラーメンは低料金となっていて、この点は好感が持てる。(詳しいメニューは博多金龍公式サイトのメニューを見て頂戴!)
 

席に着いてメニューを見ていると、メインのメニューとは別に『博多金龍のから揚げ』と銘打った一枚ものの別メニューが用意されていて、何か興味を惹き付けるから揚げ4個で320円と言うリーズナブルな価格も、背中から後押しして来るような・・・。
 

さらにから揚げセットなるメニューもあって、好きなラーメンにプラス360円すると、唐揚3個と小ごはんのセットが付いて来るとの事。ラーメンは安いけど、セット価格は微妙に高い?ような気もしたけど、ここは唐揚げ食べたさに負けて、こちらの『から揚げセット』を注文!ご飯と唐揚げも結構合うだよねえ・・・。
 

注文が済むと博多ラーメン定番の紅生姜や高菜がセルフコーナーに置いてあって、食べ放題だから好きなように取ってちょう!と説明を受けたので、早速、高菜を小皿に取って来た。九州ラーメン系では定番の高菜だけど、最近オープンするラーメン屋のほとんどが高菜の無料サービスをやっているような気がする。個人的には高菜よりニラキムチを置いてくれた方が嬉しいのだけど。まあ味的には極々普通の高菜だったけど・・・。
 

そうこうしている間に運ばれて来たのが、この日食べた『博多金龍とんこつラーメンから揚げセット』、680円也。内訳は単品のとんこつラーメン320円に、唐揚げ3個と小ごはん360円が付いただけの、ある意味シンプルな構成となっている。パッと見た印象では八角のランチタイムの唐揚げ定食700円よりボリューム的にかなり負けているような気がする・・・。
 

で、こちらが博多金龍の看板メニュー?でもあるとんこつラーメン、単品価格320円也。かすかに豚骨の臭いが香る、一応ちゃんとした九州とんこつラーメンのようだ。表面にはパッと見ただけでも目に付くぐらい沢山の脂分が浮いていて中々旨そう。ただ焼き豚はスガキヤラーメンっぽい薄っぺらく小さな物が一枚載ってるだけで、後は海苔とネギのみで、全体的なボリュームは無さそう。
 

こちらが博多金龍とんこつラーメンのスープで、上に書いたようにたっぷりの脂分が入っている。この脂分が甘味となり、豚骨臭さをあまり感じること無く値段以上の味わいがある320円のラーメンなら十分オーケーな気がする。
 

博多ラーメンの特徴の一つとも言える麺はこんな感じで、定番の極細麺。そう言えば、一般的な博多ラーメンのお店では麺の固さが選べるのだが、このお店はまだそこまでの余裕が無いのか、麺の固さを聞いてはくれなかった。極細麺なので、固めで無いと食べてる間に直ぐにやわやわになってしまうのになあ・・・、と思って食べてみたら、お店側も心得ているのか、偶々なのか、麺は固めの湯で具合で、それなりに美味しい麺でもあった。
 

テーブルの上には”博多金龍ピリカラ秘伝のタレ”と書かれた容器が置いてあり中身を見ると、その名の如く真っ赤な辛し味噌みたいな物が入っている。何と無く”天一の唐し味噌”みたいな、”ラーメン横綱のうま味唐がらし”みたいな。こう言うタレが用意されていると、一杯のラーメンで二度、味が楽しめるので結構好きだったりする。
 

って事で、ラーメン後半にピリカラ秘伝のタレっちゅうのを投入。パッと見た感じ博多一風堂の赤丸に似ている(と言うか、それっぽい入れ方をしてみたのだが)。当然の如く、スープに辛さが加わり、最初に飲んだスープとは全く別の味に変化。甘い方が好みならば、このタレは入れ無い方がエエし、辛い方が好みならこのタレを入れると楽しいかも。全体的には320円と言う価格を考えると結構お勧めかも。少なくとも以前の『びっくりラーメン』や290円の『幸楽苑』よりはエエかも。
 

ラーメンの紹介が長くなったがこちらがラーメンと一緒に食べた『博多金龍から揚げ』。セットなので唐揚げ3個にごはん小が付いて360円で、安いような、ラーメンの値段を考えると割高なような
 

で、こちらがメニューに書かれたから揚げのこだわりで、これを読むと凄く美味しそうに思えるが、よくよく読むと、鶏肉には全くこだわって無いようにも見える。そんな事もあってか、極々普通の鶏の唐揚げだったかな?
 
メニューを見ているとラーメン、唐揚げの次に力が入っているのが何故かカレーのメニューメニューにカレーが置いてあるラーメン屋さんに多いが、このお店もとんこつスープを使ったカレーのようだ。個人的にはカレーも大好きなので、焼き飯や餃子よりも先に、次回はこのカレーを食べに行ってみようと思うのであった。
 
てな事で『和風ちゃんぽん堂本舗』跡地に出来た新しいラーメン屋さんに早速行って来たのだが、ラーメン自体は値段も安く、その割にそこそこ美味しい博多ラーメンだったので、これなら時々い行ってもエエかな?と言う印象。ただ値段の安いラーメン屋は何処も似たような状態ではあるが、客単価を上げる為にセット価格が若干高目の設定になっていて、セット物を頼むと、結局は普通のラーメン屋の定食価格になっているような気がする。まあ全ての客が320円のラーメンしか食べないようだと、びっくりラーメンのようにお店自体が潰れてしまう事になるのだろうけど・・・。それは兎も角、次回はカレーだ!!!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。