義史のB型ワールド

2009年7月18日

王将宝殿店は24時間営業!!!とは関係無いが、スタミナラーメン食べた!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:21 PM
 
代理人記録
 
王将高砂店が今のアスパ高砂のちょっと西辺り(中古車ガリバーのあるところ)に出来たのは我々が学生の頃。当時は高砂店に行くよりは、大阪まで通っていた事もあり大阪のお店に行く事が多かった。その後、社会人となり大阪で生活を始めたのだが、会社が通天閣の真近くにあったので、通天閣の下にある王将へ行ったり、あるいは寮のそばにも王将があったので、そのお店を良く利用していた(このお店の店長とは、近くの居酒屋でご一緒した事がきっかけで、顔馴染みになってしまい、毎回、王将へ行くと挨拶を交わす?間柄になってしまった・・・)。
 
その後、京都での生活を始めると、流石、王将の本拠地、京都って事で回りには数多くの王将のお店があった。普段の会社と家の往復の道沿いだけで4店舗あったので、適当にローテーションを決めて週に二回ぐらいは何処かの王将に行っていたもんだ。当時の京都の王将にはお店それぞれの特徴があって、語り始めると長いのだが、大雑把に言うと、直営店、FC店、個人オーナー店に寄ってメニューからシステムなど、様々な違いがあるのであった。それは兎も角、そう言う訳で今の私の食生活を昔から支えて来た大きな要素に王将がある事には違い無い
 
で、王将高砂店は一度は消滅したものの、数年前に明姫幹線沿いの竜山近辺に復活!この王将は、姫路の会社が京都王将系列のFCに加入して展開しているお店の一つで、姫路から播磨町にかけての幹線沿いにあるファミレス型の店舗は、大概このFC店のグループに属している。私も最近行く王将と言えば、この明幹沿いのファミレス型が多いのだが、数年前に加古川店は、お洒落な店内に改装され、昔ながらの王将の雰囲気を失ってしまった。高砂店も喫煙席側からは厨房が見えるが禁煙席側からは厨房が見えないようになっていて、こちらも何か昔の王将じゃ無い・・・。そんな事もあり、今回は宝殿のマックスバリューの敷地内に出来た、何と王将なのに24時間営業だと言う、王将宝殿店に行ってみた。
 
ちなみに、ここで言う王将とは、京都に本拠地を置く『京都王将』の事で、これとは別に大阪を中心に『大阪王将』と言う王将もある。私が学生の頃、大学の近くにあったのは『大阪王将』だったので、個人的には『大阪王将』にも愛着があったりもする・・・。
 

こちらが今回行ったイオン・アイモール高砂の一角にある王将宝殿店。入り口は狭いが、店内は郊外型の王将と同じ広さ。何よりも厨房がど真ん中にあり、その周りにカウンター席が配置されていると言う、昔ながらの王将スタイルの店舗だ。何か凄く懐かしい・・・。久々に王将に来た!って感じで、何処と無く安心感も漂う。やっぱ、王将と言えば、目の前で餃子を包んでいたり、目の前で料理が作られる過程を見ながら食べる!と言うのが、本来の王将のスタイルだよねえ・・・。私の場合、昔から餃子を焼いてる目の前に座る事が多かった(と言うか、基本的にカウンター席に座ると、大概の場合、餃子の目の前辺りの席になるのだが・・・)ので、餃子の焼き方と、焼き置き餃子の存在や、お店の事情とかの情報が、自然と入って来たものだ。私の頭の中には30年間分の王将の餃子の裏事情?が蓄積されている・・・、ほどでも無いか・・・。
 

で、今回、王将宝殿店へ行ったもう一つ?の目的は宝殿店のオリジナルメニューを味わいに。明幹沿いにある王将は姫路の会社がFCで展開しているので、系列店は基本的に同じメニューなのだが、本来、王将と言えばお店毎にオリジナルメニューがある。上でも書いたが、私が京都在住の頃にローテーションで廻っていた4店舗は全てメニューが異なり、あるお店では一時期だけど、メニューの中におでんや、チキンカレー等のメニューがあったりもした。また王将の直営店では餃子10人前を30分?以内で食べると無料になったり、方や他のお店では10人前の餃子が一つになったジャンボ餃子なるメニューもあったりした。餃子10人前にチャレンジしている人は何回か見た事あるのだが、流石にジャンボ餃子だけは一度も目にした事は無かったけど・・・。
 
で、上は王将宝殿店のオリジナルセットメニューだけど、一品メニューにもFC店に無いメニューが数多く存在しているようで、私の大好きだった鶏の味噌炒めみたいなメニューもあったので、次回は一品メニューを中心に食べてみたいと思うのであった。
 

で、今回は宝殿店オリジナルのセットメニューの中から何と無く、王将っぽいメニューとも言えそうなスタミナラーメンセットを食べてみる事に。セットのラーメンが普通のラーメンでは無く、スタミナラーメンって処がみそなのだ・・・。そう言えば、王将の店舗に寄っては普通のラーメン以外にとんこつらーめんもメニューにあったりもする・・・
 

こちらが実際に運ばれて来たスタミナラーメンセット870円也。スタミナラーメンに餃子とライスとキムチが付いていて、ボリューム的には十分。スタミナラーメンだけでも結構なボリュームがあるように見えるのだけど・・・。
 

で、メインのスタミナラーメンはこんな感じで、沢山の白菜が入ったピリ辛いスープは、私が育てた大阪の超有名ラーメン店「神座(かむくら)」のラーメン・・・、あるいはその原点とも言える、天理スタミナラーメン(彩華ラーメン)を模倣した?ようなラーメンに見える。焼き豚と言うよりは角煮に近い、トロトロの豚肉が載っているのだが、これがちょっとスープに合って無いような。普通に豚バラ肉の方が良かったような・・・
 

麺は何時もの王将のラーメンと同じ、ちょっと頼りない食感の麺。このチープさも王将ならでは
 
セットの餃子も何時もの王将の餃子と変わり無い・・・。と言うのか、王将全店で唯一変わらない?のが餃子。それ以外のメニューはお店に寄ってあったり無かったり。ちなみに王将は全店とも、お店で包んでいる。その昔、何処の王将だったか忘れたが、餃子が売り切れてしまっていた事が一度だけあった。餃子の無い王将って、コーヒーの入っていないネスカフェみたいな・・・。まあ、高砂のロッテリアでもハンバーグが品切れでパンだけはある・・・、って事が一度あったから、どんなお店でも予想以上に売れると、品切れを起こす事があるって事みたいね・・・。
 
てな事で、久々に明姫幹線沿いの王将とは違うメニュー構成の王将に行ったら、それなりに懐かしくて結構楽しかった。まあ、王将の真の姿と言えば、郊外型のファミレス型の店舗では無くて、加古川駅店みたいな、駅近にあるこじんまりとした、カウンター席が中心の王将ってのが、昔ながらの雰囲気って言う気がするのだけど。そう言う意味では、JR加古川駅の新しいお店にも行ってみたくなって来たような・・・

WordPress.com Blog.